teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


若藤の魅力15 女との付き合い方

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 8月 7日(月)20時38分0秒
  全敗だった谷川が三連勝。何気に嬉しい。言うべきことは吐いても愛した棋士への想いは消えない。渡辺や久保への愛情も戻るであろうか。森内が久保に勝った昨日。彼らが若藤と戦う日を心ゆくまで楽しめればよいが。
高校や大学で脚光を浴びた斎藤佑樹と違いすでにプロの世界で燦然と輝く若藤。将棋祭りの棋譜までタイトル戦以上の興味をもたれる棋士は空前絶後。高校進学は不要だが藤井ファンの数学教授に個人授業任せるのも手。高認を来年受ければ生活の
リズムも崩れない。同級生より二年半早く大学入試資格を得られる。18歳までにタイトルホルダーならば気分転換に大学行くも一興。羽生は高校辞めて通信始めたときに相当なコンプレックスを持っていた。それが七冠取る原動力にもなった。でも同級生の女の子と楽しい青春時代がない。若藤はすでに本田真凜まで好きだと公言するほどモテんだから誰とでも広くお付き合いが賢明。挙句あなたの子供ホシーと言われたらじゃんじゃん
生んでもらう。自然への大らかさが大棋士への原動力。中原谷川羽生森内康光郷田に共通していたのは女への耐性欠如だった。中原に至ってはそれが祟ってすべての名誉がマスコミに汚された。「次の彼女は真凜の妹だった」等の見出しで先手必勝。
 
 

若藤の魅力14 猿との付き合い方2

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 8月 5日(土)08時13分25秒
  後手から果敢に仕掛けた若武者。第八奇偶反転からの4-2アタックから86で奇3。以下2-1から華麗な跳奇3だが猿は餌をくれるまで粘るのが信条。85桂でも猿は先日手にする。先手でもやるのがビジネス猿。猿に餌を与えてしまったため生じた41手詰。  

若藤の魅力13 猿との付き合い方

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 7月27日(木)14時41分4秒
  西川パパ坂口平藤と圧勝続き。凶星同士の土人に奉納指せるかと打診して裏切られた羽生。猿に餌を与えてはいけない。小猿がボス猿になっても待遇変えないのが東軍。
ボス猿式41手詰めの場合
先手:猿軍団
後手:マツオ
▲5六歩    △8四歩    ▲7六歩    △6二銀    ▲5八飛    △4二玉
▲4八玉    △5二金右  ▲3八玉    △1四歩    ▲1六歩    △8五歩
▲7七角    △7四歩    ▲6八銀    △7三銀    ▲6六歩    △6四銀
▲6五歩    △同 銀    ▲6七銀    △5四銀    ▲5五歩    △4五銀
▲4六歩    △同 銀    ▲6八角    △1三角    ▲4八金    △3五銀
▲1五歩    △4四銀    ▲1三角成  △同 桂    ▲1四歩    △2五桂
▲5六銀    △3四角    ▲4六角    △1八歩    ▲同 香    △1七歩
▲5四歩    △1八歩成  ▲8二角成  △2九と    ▲同 玉    △6四桂
▲4七銀    △8九角成  ▲1三歩成  △5五香    ▲5三歩成  △同 金
▲5七歩    △4五桂    ▲1二歩    △3七桂左成▲1一歩成  △5七香成
▲5四歩    △同 金    ▲5七飛    △同桂成    ▲3七金    △4九飛
▲5九桂    △4七成桂  ▲同 金    △4五馬    ▲1二飛    △3二銀
▲3八玉    △2七馬    ▲同 玉    △3九飛成  ▲2三と    △2九龍
▲2八歩    △2五銀    ▲3七玉    △3九龍    ▲3八歩    △4五金
▲3二と    △同 金    ▲同飛成    △同 玉    ▲2一角    △2三玉
▲1二角成  △3二玉    ▲2一馬    △4二玉    ▲5四桂    △5三玉
▲7一馬    △5四玉    ▲6五金    △同 玉    ▲4三馬    △5四歩
▲6六銀    △7六玉    ▲7九香    △8七玉    ▲8九香    △8八飛
▲7八金    △8六玉    ▲8八香    △9五玉    ▲9六歩    △8四玉
▲8二飛    △8三桂    ▲8五香    △同 玉    ▲8三飛成  △8四歩
▲8六歩    △同 玉    ▲8四龍    △7六玉    ▲7七金
涼子惜しかった。
 

若藤の魅力12 不動駒一枚

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 7月23日(日)16時19分21秒
  一昨日は豊島羽生と三枚堂若藤の角換り腰掛銀。後者は入場料万札級。不動駒は前者7枚に後者1枚。時間多いと迷路も増える。豊島の角切りや羽生の桂捨ては筋外しで時間削る荒業。ソフト手外しとしても意図的。潔白手でもあるが不動駒7枚も残したのでは不出来。時間多けりゃいいってもんじゃない。棋士や記者がパソコン使ってソフトの空想最善手たたき出してる隣の控え室。廊下やトイレで出会った対局者に合図したら誰が責任追及すんのか。GoかStopの合図だけで勝敗決まんのに。千田が評価値の人造妾連れて控え室へ。観衆に疑惑を与えることに未だ無反省。棋士が電子機器持参で将棋会館に出入りすることは即時禁止するべきである。対局がない棋士も同様の扱いにしないと黒い霧は晴れない。自分の頭で考えるから控え室なのである。観衆は最善手などは自宅で変化をつくって見てる。知りたいのは生身の人間がどういう趣向を見せるか。それが暫定悪手でもその先に別天地があるという期待で控え室を覗く。ダッチワイフ相手の日本将棋連盟は見たくない。大介なんとかしてくれ。
棋士とコンスケの二日制対局で長時間思考の無意味さが露呈。勝敗のみで考えれば考えるほど悪くなる。長時間ならカンニングできるという疑惑が逆に増殖。中継ある以上電子機器をもった者との接触は阻止できない?それ以前に機器持込まで野放しにし損害金一億出した責任者がいまだしたり顔。補助金横領の疑惑かけられて当然。金銭面の責任取る三人は皆逃げた。妻子ともども人間崩壊の打撃を受けた三浦は谷川を尊敬していた棋士。もし迷惑料でキックバックあったら背任罪で谷川除名だね。これは刑事罰なので紫綬褒章や永世名人資格は現行規定で抹消。説明責任を全うできないと日本将棋連盟は現行の形態が崩れる。共同責任を認めた正会員に新組織への優待券はない。青少年を死守するために奨励会制度は残る。新組織は電子機器の影響を物理的に受けない対局体制が基本。
本題。不動駒3枚以下の奉納式。ゼロの天童式。チェスロック式20分に秒読み30秒の後者の方が第一理想に近かった金曜。棋士たちが持ち時間僅少を悪手の言い訳にするのは見苦しい。長考でも悪手はある。どこで悪手がでるかに心躍らせるのが現代の鑑賞法。若藤の悪手にはさらに遠大な計画があったことを何度も見てきた。あの垂れ歩が最短の寄せとは未だに震撼。
若藤が勝ち筋をある意図で逃した形跡三箇所。検証するとひとつの結論。若藤勝ち変化は不動駒が多くなり趣旨に反する。より強くなる=全駒を駆使し勝つ極意への志表明。
先手:変化2 不動駒三枚の場合
後手:若藤感想指摘124手目96桂
▲2六歩    △8四歩    ▲7六歩    △3二金    ▲7八金    △8五歩
▲7七角    △3四歩    ▲6八銀    △7七角成  ▲同 銀    △2二銀
▲3八銀    △6二銀    ▲4六歩    △4二玉    ▲3六歩    △6四歩
▲4七銀    △6三銀    ▲6八玉    △7四歩    ▲3七桂    △7三桂
▲2九飛    △8一飛    ▲4八金    △6二金    ▲6六歩    △1四歩
▲1六歩    △3三銀    ▲5六銀    △9四歩    ▲9六歩    △5二玉
▲7九玉    △4二玉    ▲2五歩    △5二玉    ▲8八玉    △4二玉
▲6七銀    △5四銀    ▲4五桂    △4四銀    ▲2四歩    △同 歩
▲同 飛    △2三歩    ▲2九飛    △6五歩    ▲同 歩    △7五歩
▲6六銀左  △9五歩    ▲同 歩    △8六歩    ▲同 歩    △同 飛
▲8七歩    △8一飛    ▲7五銀    △5五角    ▲6六角    △4六角
▲2二歩    △1三桂    ▲4七歩    △5五角    ▲同 角    △同銀左
▲5六歩    △6六歩    ▲5五歩    △6七歩成  ▲5三桂成  △同 金
▲6七金    △6五銀    ▲5四銀    △5二金    ▲6四角    △5三歩
▲7三角成  △5四歩    ▲6四馬    △5三桂    ▲5四歩    △4五角
▲5七金上  △5四銀    ▲4六歩    △5六歩    ▲4五歩    △5七歩成
▲同 金    △6三銀打  ▲4六桂    △6四銀    ▲5四桂    △3一玉
▲6四銀    △8六歩    ▲同 歩    △6八角    ▲7五角    △2二玉
▲5三銀不成△6五金    ▲6七金    △7五金    ▲6八金    △5三金
▲8七銀    △5五角    ▲7七銀    △5四金    ▲6三角    △6一飛
▲5四角成  △6八飛成  ▲7八金    △9六桂    ▲同 香    △9九銀
▲同 玉    △7七角成  ▲同 桂    △9七銀    ▲8八銀    △7八龍
▲9七銀    △8七龍    ▲9八銀    △8六金    ▲8七銀    △9七金
▲5五馬    △4四銀    ▲同 馬    △同 歩    ▲8八銀    △7八銀
▲9七銀    △8七銀成  ▲2一金    △同 玉    ▲8一飛    △3一銀
▲8七飛成  △5六角    ▲2四歩    △同 歩    ▲4三桂    △2九角成
▲3一桂成  △同 玉    ▲4三桂    △2二玉    ▲4一銀    △9八歩
▲同 龍    △7九飛    ▲8九歩    △7八銀    ▲8七銀    △8九飛成
▲同 龍    △同銀成    ▲同 玉    △5九飛    ▲7九銀    △4二金打
▲3二銀成  △同 金    ▲6九歩    △5六馬    ▲7八角    △6七桂
▲8八銀上  △6九飛成  ▲同 角    △7九桂成  ▲同 玉    △6八金
▲同 玉    △5七銀    ▲5九玉    △4八金

若様の芸術志向は角換り腰掛銀の5筋の歩を消す魔法陣から始まった。よって変化1は悪手どころか最難関への見果てぬ夢。変化3は164手目76歩88玉に33角が鈍い。羽生が同日に33角指す感度は大局観ではなく臭覚。黒升と白升は一夏で香りが激変。
064/065=黒黒
083/090=黒白
106/107=黒黒 角を金で殺す羽生ファイナルの記憶
116/119=黒白
137/164=黒黒

若藤の棋譜が躍動している第一因はこの臭覚。16歳でこの香りは消え獣世界の掟が試される。昨日は若様と同年代の小高佐季子デビュー戦。第二戦を途中から指し継ぐと黒白角で。
後手の持駒:飛 歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 銀 ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v玉 ・v歩v歩 ・v桂v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・|四
| ・ 桂 角 ・ ・v歩v歩 ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・|六
| ・ 銀 ・ ・ 歩 角 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・v飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・v銀 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩四
先手:saki1四六歩の裏の意味
後手:saki2不動駒多すぎじゃ
聖ベルトシメロと女流若手三面指しはいかが?
先週若藤が逃した3手詰は香合の逆王手が味噌。端から覗き角の絵柄を体感拒否の流れも一致。
広瀬82歩は瞬時第一変化の打ち歩詰めと判る。相手が変化しなかった場合様子見て第二変化へ。森内は名人戦だと32変化まで準備し横歩を指した。即時対応する場合羽生は最長4時間使っても勝ちがない。当時当家では森下方式で洗っていたがやはり4時間未満で結論がでている。名人戦は二日制でいいんじゃないか。竜王戦は一日でいいな。渡辺のおかげで悪いイメージ多すぎる。嫁メール使えなきゃ困ると携帯持込。対局場に体重計持ち込む習慣アピール。公人として基本嘘つき。名人戦にだけはこなきゃいいと中継ぎ育てた諸氏。
今は郷田ほどの基礎体力なくても誰もが名人戦並みの研究できるのでレベルアップしそうだがその信用を勝ち取る制度なんだね。順位戦は。
渡辺は柳瀬が競馬に誘うまでは好青年だった。文化人面したオレオレが悪い大人なんだね。羽生や米長を利用して自己アピールしたのが柳瀬だった。米長玉を最初に指したのが俺と米長に公に認めさせようとしたり。あの頃愛すべき鬼六は三浦を慕っていた。聞きたいね。線上で何を語ったか。

 

若藤の魅力11 祝15歳

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 7月19日(水)03時43分13秒
  民意は操作可。神意は神官が伝える。劇場ではなく神殿。マスメシアの背後にある神意を名人戦で見る。民意は若藤が羽生の後継=王道路線異論なし。15年計画。
久保代々木戦の日は第33回詰め将棋全国大会。若藤がガンタに負けた導機。ぶっちぎりでは芸ないと一問緩め優勝。
56点谷川は「雑な扱いをしていただいて」と鼻草起立。?右の自分が左の自分を永世名人と心底思ってないので「ありがとう」。2位宮田2問不正解。優勝若藤。不正解が3手詰めという衝撃的な結末。連勝ストップより高い悲鳴度。こっちを中継するべきだった。隣の自虐名人救った若藤。でもトカ弁竜王嫌って。こっちと若様言えば詰め将棋大会の方が格上。
谷川が冤罪3手詰め逃したおかげでA級11名という変則順位戦。降りた森内。神意なら従うと。3文字脇に4文字異質。ご冗談の板切れも虚飾。焼け野原。殺された親族。失せない御霊。
名人位は記憶の彼方にここまで来た。若藤が名人になる
日まで荒御霊も観戦。その対戦相手は全柱が神殿の主軸。

 

若藤の魅力10 横歩取り嫌い 角換り好き

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 7月16日(日)04時32分33秒
  長手数の詰み変化が少ない横歩取り。香も残りやすい。若藤の長手数とは40手以上。一昨日の羽生と三浦の第一詰み手順手数比較。

羽生35飛第一変化19手詰め
先手:アヒル10秒
後手:マツオ30秒
▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △8四歩    ▲2五歩    △8五歩
▲7八金    △3二金    ▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛    △8六歩
▲同 歩    △同 飛    ▲3四飛    △3三角    ▲6八玉    △5二玉
▲3六歩    △7六飛    ▲3七桂    △7四飛    ▲同 飛    △同 歩
▲3八銀    △2八飛    ▲2七歩    △2六歩    ▲3九金    △2七歩成
▲2八金    △同 と    ▲4九銀    △3九と    ▲5八銀    △3八と
▲4五桂    △8八角成  ▲同 銀    △4八と    ▲6九銀    △8七歩
▲同 銀    △8八歩    ▲同 金    △5九角    ▲7九玉    △5八と
▲7七角    △6九と    ▲同 玉    △4八角成  ▲1一角成  △5七馬
▲5三桂成  △4一玉    ▲6八飛    △4二銀    ▲5八香    △6八馬
▲同 玉    △5三銀    ▲同香成    △3八飛    ▲5八歩    △5七歩
▲3五飛    △3四歩    ▲1五角    △5八歩成  ▲7七玉    △6八銀
▲8六玉    △3六飛成  ▲同 飛    △7五金    ▲9六玉    △8四桂
▲9五玉    △9四歩    ▲8四玉    △8三歩    ▲同 玉    △7二金
▲8四玉    △7三金
以上は若藤と羽生はひとめなので33桂合や76歩合以下を読み始める。30手先の変化は美しくない。何より15角が不正常習の久保を思い出して気分悪い。一昨日は羽生が裏番組の三浦54角にチャネリング。

角換り腰掛け銀 三浦スペシャル第一変化43手詰
先手:三浦最新研究
後手:マツオの必死
▲7六歩    △8四歩    ▲2六歩    △3二金    ▲7八金    △8五歩
▲7七角    △3四歩    ▲6八銀    △7七角成  ▲同 銀    △2二銀
▲3八銀    △6二銀    ▲4六歩    △6四歩    ▲6八玉    △6三銀
▲3六歩    △4二玉    ▲3七桂    △7四歩    ▲4七銀    △7三桂
▲5八金    △6二金    ▲9六歩    △9四歩    ▲5六銀    △8一飛
▲6六歩    △3三銀    ▲7九玉    △1四歩    ▲1六歩    △5四銀
▲4五歩    △6三銀    ▲4六角    △5四歩    ▲8八玉    △5二玉
▲6八金右  △6一玉    ▲9八香    △7二玉    ▲2五歩    △6一玉
▲9九玉    △5二玉    ▲4七銀    △4二玉    ▲3五歩    △5三角
▲3四歩    △同 銀    ▲2四歩    △同 歩    ▲同 角    △5二玉
▲3六銀    △9五歩    ▲同 歩    △6五歩    ▲4六角    △2七歩
▲同 飛    △2六歩    ▲2九飛    △6六歩    ▲3五歩    △2三銀
▲5六歩    △6四角    ▲5五歩    △同 角    ▲同 角    △同 歩
▲4四歩    △同 歩    ▲6四歩    △5四銀    ▲4九飛    △5三玉
▲5六歩    △同 歩    ▲6六銀    △9七歩    ▲同 香    △8六歩
▲同 歩    △5七歩成  ▲同 金    △9六歩    ▲5五歩    △4三銀
▲4五歩    △9七歩成  ▲同 桂    △9五香    ▲4四歩    △同 銀
▲4五銀    △4三歩    ▲5四角    △9七香成  ▲8一角成  △8七桂
▲同 金    △同成香    ▲4四銀    △同 歩    ▲5四馬    △4二玉
▲3二馬    △同 玉    ▲2四桂    △3一玉    ▲3二銀    △同 銀
▲同桂成    △同 玉    ▲4三銀    △同 玉    ▲4四飛    △同 玉
▲4一飛    △3五玉    ▲4五飛成  △2四玉    ▲3四金    △1三玉
▲4三龍    △3三飛    ▲同 龍    △同 桂    ▲2五桂    △1二玉
▲1三飛    △2一玉    ▲2二歩    △3二玉    ▲3三金    △4一玉
▲4二金    △同 玉    ▲5四桂    △5二玉    ▲6二桂成  △同 玉
▲6三歩成  △7一玉    ▲7二金
 

若藤の魅力9 羽生の追撃

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 7月15日(土)06時32分59秒
  干からびたベビーが逃した64金。若藤なら発見できたか。今週の64銀+64金の姉妹篇及び前項角殺し14金変化から推測するにひとめであろう。攻防金は羽生も老藤も得意だった。名人戦の谷川装丁と異質。アッチは金メッキだったとのハブの諧謔が54角。三浦とも同期。昨日は急戦誘った千両役者。嬉しい。
最近2手の違いで錯覚。若藤創作の27手詰め。エルモや技巧姉妹は後手勝勢とまで。ミクロコスモスを解いた専用ソフトで29手詰め。カレは昨日の17手詰めも29手詰めと即答。何を信じるべきか。採譜を間違えたのか何度もビデオで確認。4X4の升目内も持ち駒も元画と同じ。若藤を解くには自力しかない?三日悩んで気がついた。59に玉がいる。香合いで逆王手喰らった分二手多かった。最高峰格言は一歩多彩。第二位が灯台下暗し。
最近の解説で一番不愉快な常套句は「長手順ですが」。このセリフは時間稼ぎで発せられる。中には3手詰みでも「長手順ですが」と前フリする棋士もいる。ヒフミ新手74飛にやられて当然であろう。9手詰め以下で「長手数」と言うセリフはご遠慮願いたい。
第5回のタメ五郎は仲間の合図で先手玉が詰まないと信じ後手に詰めろをかけた。連合軍こぞって先手勝勢の評価。若様なら2手早く詰ます?

30th記念対局31手詰め
先手:58玉のタメ五段
後手:角交換した四段
▲2六歩    △8四歩    ▲2五歩    △8五歩    ▲7八金    △3二金
▲3八銀    △7二銀    ▲9六歩    △9四歩    ▲6八玉    △8六歩
▲同 歩    △同 飛    ▲8七歩    △8四飛    ▲7六歩    △3四歩
▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛    △2三歩    ▲2六飛    △5二玉
▲3六歩    △8六歩    ▲同 歩    △同 飛    ▲2四歩    △同 歩
▲同 飛    △7六飛    ▲3四飛    △3三角    ▲8二歩    △9三桂
▲3七桂    △4二銀    ▲9五歩    △8六飛    ▲8一歩成  △2七歩
▲2九歩    △2三金    ▲3五飛    △8一飛    ▲9四歩    △9七歩
▲5八玉    △8八角成  ▲同 銀    △4四角    ▲9三歩成  △3五角
▲8二歩    △7一飛    ▲3五歩    △9三香    ▲5六角    △2四金
▲8一歩成  △同 飛    ▲9二角成  △8五飛    ▲7七桂    △9五飛
▲9六歩    △3五飛    ▲4六角    △3六歩    ▲4五桂    △2八歩成
▲5三桂成  △同 銀    ▲3五角    △同 金    ▲2八歩    △9八歩成
▲同 香    △8六桂    ▲7九金    △4四角    ▲9三馬    △9八桂成
▲6五桂    △6四香    ▲3二飛    △4一玉    ▲3五飛成  △同 角
▲5三桂成  △同 角    ▲5四香    △3五角    ▲3四銀    △4二玉
▲5五桂    △5一桂    ▲同香成    △同 玉    ▲5四桂    △4一香
▲4三銀成  △6七香成  ▲同 玉    △6四飛    ▲6六馬    △5四飛
▲4五金    △7四桂    ▲5四金    △6六桂    ▲5三香    △6二玉
▲5二香成  △同 金    ▲同成銀    △同 玉    ▲3二飛    △6一玉
▲3五飛成  △8八成桂  ▲6三桂成  △同 銀    ▲同 金    △7六銀
▲同 玉    △9八角    ▲7七玉    △8七飛    ▲7六玉    △8四飛成
▲6七玉    △8七龍    ▲7七歩    △7六銀    ▲5六玉    △5三香
▲同 金    △6四桂    ▲5五玉    △8五龍    ▲6六玉    △7七銀不成
▲同 玉    △7六龍    ▲6八玉    △7九龍    ▲5八玉    △7六角成
▲4八玉    △4九馬    ▲同 銀    △3七金    ▲5八玉    △6八金
 

若藤の魅力8 ヤサイ多いの嫌

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 7月13日(木)23時08分36秒
  観客が相撲見ないで客席の若藤見てた名古屋場所。
大盛りチャーシューならどうか。技巧や羽生も見逃す27手詰め。陣屋に提供したのも27手詰め。竜馬は正解手44歩や16歩を感想で指したが若藤は野菜多い変化には一切触れない。72飛以後は先手必勝という連合軍結論は双方一分将棋だったことを無視。23手詰めなら10秒で解く若藤の場合。
先手:誘いに乗ったトロロ
後手:大盛りチャーシュー
▲7六歩    △8四歩    ▲5六歩    △6二銀    ▲5八飛    △4二玉
▲4八玉    △8五歩    ▲7七角    △5二金右  ▲3八玉    △1四歩
▲1六歩    △3二玉    ▲6八銀    △7四歩    ▲5七銀    △3四歩
▲5五歩    △4二銀    ▲5六銀    △3三銀    ▲2八玉    △7三銀
▲6五銀    △6四銀    ▲5四歩    △同 歩    ▲6四銀    △同 歩
▲5四飛    △6三金    ▲5九飛    △5四歩    ▲7八金    △7三桂
▲3八銀    △4四銀    ▲6八角    △5五歩    ▲4六歩    △5三銀
▲7七桂    △5四銀    ▲4七銀    △5二飛    ▲3八金    △6五歩
▲3六歩    △3一角    ▲3七桂    △7五歩    ▲同 歩    △同 角
▲7六歩    △6四角    ▲4五歩    △5三角    ▲4六角    △6四金
▲6八金    △4二金    ▲5八金    △3三桂    ▲3五歩    △同 歩
▲3四歩    △4五桂    ▲2五桂    △2四銀    ▲3三銀    △同 金
▲同歩成    △同 銀    ▲同桂成    △同 玉    ▲2五金    △3四銀
▲同 金    △同 玉    ▲2六銀    △2四歩    ▲3九飛    △2三桂
▲8五桂    △同 桂    ▲3六歩    △3三玉    ▲3五歩    △1五歩
▲同 歩    △4二玉    ▲3四歩    △7二飛    ▲6一銀    △7六飛
▲2四角    △4一玉    ▲3三歩成  △1八歩    ▲4四歩    △1五香
▲1八香    △1七歩    ▲同 香    △1六歩    ▲同 香    △同 香
▲1七歩    △5一玉    ▲4三と    △6一玉    ▲5三と    △3七歩
▲同 金    △3一香    ▲3二歩    △同 香    ▲3三歩    △1七香成
▲同 玉    △1四金    ▲7九香    △1六歩    ▲2八玉    △7七歩
▲7三歩    △6三銀打  ▲3四角    △7一玉    ▲6三と    △同 銀
▲2三角成  △2四金    ▲同 馬    △3三香    ▲同 馬    △1七角
▲同 銀    △同歩成    ▲同 玉    △2五桂    ▲1八玉    △1七銀
▲2九玉    △2八歩    ▲1九玉    △1八銀成  ▲同 玉    △1六飛
▲2八玉    △1七飛成  ▲2九玉    △2八歩    ▲3八玉    △3七桂左成
▲4九玉    △5七桂不成▲5九玉    △6九金
 

若藤の魅力7 マジカル

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 7月12日(水)09時05分58秒
  当家迷局賞候補の丸山稲葉戦の翌日に百万馬力の灼熱の若藤。同日羽生が離席後58玉指せなかった時点で棋聖戦ファイナルは風情のみ。裸眼王子もいいが配色は羽生が圧倒的。タイトル戦出る棋士は将棋の勉強前に羽生の着物に学ばんと。羽生使用の全着物写真集欲しい。関西将棋会館は柱も壁も汚いので早く高島屋で和装の若藤見たい。58玉急戦の33成銀及び丸山が千佳ちゃんで逃した55桂変化を若藤はどう見るか。分霊に聞いたら後手の弱点は43と63なので55桂ひとめ。森内羽生名人戦で43攻略先手必勝コースは散々やったが52玉型には逆。分霊が妖怪カモなので同時進行の若藤対トロロで検証。26手目64銀は姉もいいけどイモトもよこせ。双方土星系なので若藤にぴったんこ。若様ぐらいになるとダブルブッキングあり。ママが育児放棄しても若様の子なら養子縁組即日決まる。

94手目72飛で震度7。全国で救急車のサイレンが響き渡った。感想で52歩でも難解と涼しそうに述べる若藤。検証。
先手:52歩
後手:7th
▲7六歩    △8四歩    ▲5六歩    △6二銀    ▲5八飛    △4二玉
▲4八玉    △8五歩    ▲7七角    △5二金右  ▲3八玉    △1四歩
▲1六歩    △3二玉    ▲6八銀    △7四歩    ▲5七銀    △3四歩
▲5五歩    △4二銀    ▲5六銀    △3三銀    ▲2八玉    △7三銀
▲6五銀    △6四銀    ▲5四歩    △同 歩    ▲6四銀    △同 歩
▲5四飛    △6三金    ▲5九飛    △5四歩    ▲7八金    △7三桂
▲3八銀    △4四銀    ▲6八角    △5五歩    ▲4六歩    △5三銀
▲7七桂    △5四銀    ▲4七銀    △5二飛    ▲3八金    △6五歩
▲3六歩    △3一角    ▲3七桂    △7五歩    ▲同 歩    △同 角
▲7六歩    △6四角    ▲4五歩    △5三角    ▲4六角    △6四金
▲6八金    △4二金    ▲5八金    △3三桂    ▲3五歩    △同 歩
▲3四歩    △4五桂    ▲2五桂    △2四銀    ▲3三銀    △同 金
▲同歩成    △同 銀    ▲同桂成    △同 玉    ▲2五金    △3四銀
▲同 金    △同 玉    ▲2六銀    △2四歩    ▲3九飛    △2三桂
▲8五桂    △同 桂    ▲3六歩    △3三玉    ▲3五歩    △1五歩
▲同 歩    △4二玉    ▲3四歩    △7二飛    ▲6一銀    △7六飛
▲2四角    △4一玉    ▲5二歩    △3七歩    ▲5一歩成  △3一玉
▲3三歩成  △3八歩成  ▲同 飛    △3七歩    ▲2三と    △3八歩成
▲同 銀    △3三歩    ▲3二歩    △2一玉    ▲2五桂    △3六桂
▲1七玉    △2六角    ▲同 玉    △2八桂成  ▲4六角打  △3七銀
▲同 銀    △2七成桂  ▲同 玉    △3七桂成  ▲同 玉    △3六銀
▲同 玉    △4六飛    ▲同 角    △3九飛    ▲3七銀    △4五角
▲2六玉    △2七金    ▲1六玉    △1九飛成
途中33角成の詰めろは46地点の利きが消え先手玉17手詰み。若藤が局後すぐに直線変化と述べたのは37歩叩きのことであろう。トロロが千佳ちゃん後驚愕の33歩で手のひら返し。93手目35歩で後手楽勝とナッチャン二世言ってたが若藤は魅せるために72飛を指している。評価値逆転し隣からも聞こえた悲鳴。裏番組吹っ飛ばす演出力。こりゃ羽生もかなわんな。
 

若藤の魅力6 若藤の新技

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 7月 7日(金)04時20分49秒
  康光の天馬効果から15年。XPの穴熊攻略がついにクライマックス。若藤は真っ向勝負。XP渾身の55歩で筋に入った瞬間度肝抜く58飛。三頭手。バンカーバスター完成させた家元に香さえ渡さなきゃいい。狙われそうな飛車と19との両アタリ避けつつ55迎撃。三番目の意味は飛車切らせた後の23歩成連動手。輝く居飛車の顔。19取るにはこの黒升角のみ。それが57銀餌に37への迂回断念。夢見るような操り劇場。
XPの円熟芸は怖い。もしやの99手目。長身ねじり苦悩するナカータ。桂成しかないと促す若藤のアクビ付背伸び。羽生のアクビは過去最強だったが背伸び付とは。これにやられてハイチャクV2固め。フィナーレは鮮やかな94桂捨てから桂合い限定の93角。ここで桂使わせないとサザンクロス頓死。名人戦より師匠の方が戦いぶりよかった。同日に羽生の王位戦?感想が連合軍の結論と同じじゃあね。若藤のデザインは真似できない。だから熱狂できる。王位戦挑決で澤田がひどいポカやったろ。あれで若藤相手のポカは実力だったとのオチ。官井?臭素に往復ビンタ喰らった棋士なんてみたいか。竜王戦はGPSに負けた三浦を挑戦者から無理やり降ろしたろ。菅井は挑戦できただけまし。谷川は竜王戦やめると脅されてもソーデスネどーぞと言うべきだった。大損害とまくし立てた理事と谷川の性根は同じ。世間は口にださねど見てる。観戦記さえ通常つかんC2最下位戦まで双頭の完全カメラ中継。あり得ん話が現実。30期目の竜王戦で若藤が30戦目に負けた神意はひとつ。今度竜王戦やめると言い出したらどーぞ。遠慮なく順位戦の契約金三倍にできる。どこで負けるかだったが30に語呂あわせ。覚えやすい。ナゾリ将棋やった阿久津と裁かれん虚言癖相手にせんでも済む。
若藤が名人になるまでの全対局放映権契約できんのは康光。
あの日の羽生康光戦の解説したのが加藤一二三。15年なんてあっちゃんだったね。
 

若藤の魅力5 金を巡る6と7

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 7月 4日(火)07時24分40秒
  為五郎に日本鋼管だった場合。タメにタメがダメなら若鳥唐揚の骨付きが敗因か検証。
先手:タメ五郎五段
後手:日本鋼管四段
▲2六歩    △8四歩    ▲2五歩    △8五歩    ▲7八金    △3二金
▲3八銀    △7二銀    ▲9六歩    △9四歩    ▲6八玉    △8六歩
▲同 歩    △同 飛    ▲8七歩    △8四飛    ▲7六歩    △3四歩
▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛    △2三歩    ▲2六飛    △5二玉
▲3六歩    △8六歩    ▲同 歩    △同 飛    ▲2四歩    △同 歩
▲同 飛    △7六飛    ▲3四飛    △3三角    ▲8二歩    △9三桂
▲3七桂    △4二銀    ▲9五歩    △8六飛    ▲8一歩成  △2七歩
▲2九歩    △2三金    ▲3五飛    △8一飛    ▲9四歩    △9七歩
▲5八玉    △8八角成  ▲同 銀    △4四角    ▲9三歩成  △3五角
▲8二歩    △7一飛    ▲3五歩    △9三香    ▲5六角    △2四金
▲8一歩成  △同 飛    ▲9二角成  △8五飛    ▲7七桂    △9五飛
▲9六歩    △3五飛    ▲4六角    △3六歩    ▲4五桂    △2八歩成
▲5三桂成  △同 銀    ▲3五角    △同 金    ▲2八歩    △9八歩成
▲同 香    △8六桂    ▲7九金    △4四角    ▲9三馬    △9八桂成
▲6五桂    △6四香    ▲3二飛    △4一玉    ▲3五飛成  △同 角
▲5三桂成  △同 角    ▲5四香    △3五角    ▲3四銀    △4二玉
▲5五桂    △5一桂    ▲同香成    △同 玉    ▲5四桂    △4一香
▲4三銀成  △6七香成  ▲同 玉    △6四飛    ▲6六馬    △5四飛
▲4五金    △7四桂    ▲5四金    △6六桂    ▲5三香    △6二玉
▲5二香成  △同 金    ▲同成銀    △同 玉    ▲3二飛    △6一玉
▲3五飛成  △8八成桂  ▲6三桂成  △同 銀    ▲同 金
タメ五郎が寄せてみろと詰めろかけた最終局面。若藤ならここから寄せる?或いは詰めろ解除?癒着記者から為五郎に合図が送られる場合。詰まない場合は瞬き1回。詰めろ解除されても勝ちの場合瞬き2回。頂上決戦は最後の数手で決まる。瞬きが死命を決すると悪竜は痛感。詰め将棋苦手な棋士はこの局面に若藤が誘導したら瞬きなしで秒読み将棋は指せない。首出した心境の金。骨までしゃぶって欲しい若鳥唐揚。幻想対談初回。重なる58玉。増田は右から左。代々木左から右。タメにタメ。勇気のタメが6。若藤のタメが7。金星人同士にはよくある比和。ファミチキの方がうまいじゃん。Wパンチで煉獄行きキャンセル。
 

若藤の魅力4 聖ベルトシメロの秘蹟

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 7月 3日(月)04時30分42秒
  ハイチャクは冷やし中華大盛。横歩取るのは昼食前の気分。代々木は期待されながら悪の華に染まった。感想は若藤が84飛なら打開できずに先日手。羽生相手に回避で負けた若藤は後手番でもソレ考えない年頃。次回の自己記録更新のバー下げたいので30回目で負けるのは最善。昼前の予定は相横歩鳥から角交換に55角。以下42手目22角新手。146手目先手の投了図。
後手の持駒:桂 歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v銀 ・ ・ と ・v香|一
| ・ ・ ・v金 ・ ・ ・ 龍 ・|二
| ・v歩v桂v玉v歩v金 ・ ・v歩|三
|v歩 ・ ・v金 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v銀 ・ ・|五
| 歩 角v馬v歩 龍v歩 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩v歩 歩|七
|v圭 ・ ・ 金 銀 ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 玉 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 香 歩三
先手:代々木勇気五段
後手:藤井ソータ四段
最終手27歩が決め手。趣旨は玉中心の聖十字。中原が久保を仕留めた煉獄の空中楼閣参照。名付けて聖ベルトシメロの秘蹟。
代々木は一ヶ月以上準備し若藤からの先日手打開以外勝ち目ないと悟った。内容捨てて勝負に徹すると述べた代々木。85飛変化なら自信あるが22角変化では悪の囁きなしに勝てないとも知った。渡辺と仲いいからね。麺類は30メートル以上路上で揺れると伸びる。気温30度の大盛。さわやか気分がへこんで胃がバテた若藤。22角変化は炎天下の十字軍遠征。そこで気が変わり33角でアッサリ負けに。
気になる。代々木はムキになる。三浦が名指しで悪人と公言した癒着記者がいる。前日渡辺がTVインタビューで若藤に言及。でもいい。最年少竜王にはまだ4年チャンス。まず最年少名人への道。高道。まだ谷川嫌い?谷川のおかげでうやむやになった不正チェック。自分はやらないから他人もやらないと胸張る経営陣は甘かった。対局室に持ち込む黒カバン見てみろ。スマホはダメでPCありとかあり得んな。千田もムラも将棋会館の宿泊用個室にPC持ち込んでたぞ。千田がフットサルで代々木並みの突撃プレーみせたら或いは?マッチ棒カスが疾走したら面白いけどね。若藤だけはF部に入れないようにガードしないと。
 

閑話休題2 棋聖3 普及第一が命題

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 7月 2日(日)03時34分32秒
  日曜まで長い。幕間2は当家初?
中継ぎ狂言師二名は谷川渡辺。棋聖3の羽生の結論は自陣金で得る物あり。ならば斎藤長考の67金が現時点での疑問。羽生2006年の対藤井68角から本局経て3番目の最善が全棋士ぶっとぶ55手目68金。
▲6八金    △5九角成  ▲6九歩    △6八馬    ▲同 歩    △7八銀
▲6六角    △4五桂    ▲同 歩    △同 飛    ▲4六歩    △8五飛
▲8六桂    △同 飛    ▲同 歩    △8七桂    ▲同 銀    △同銀不成
▲8三桂    △同 銀    ▲7三桂    △7二金    ▲2二飛成  △4二歩
▲1一龍    △6二玉    ▲8八香    △7八銀打  ▲8七香    △同銀不成
▲8八銀    △7六銀成  ▲6一桂成  △6三玉    ▲4一角    △4三銀
▲5二角成  △同 銀    ▲6二金    △7三玉    ▲7二金    △同 銀
▲7一成桂  △6一金    ▲8四角

若藤なら指すな。この常識破りの手を。この手は候補に挙がっても棋士は絶対口にできない。だから解説では一切黙殺。羽生も言及できない。明日楽しみ。
接待将棋で咲く悪の華。普及第一の命題が勝負師を営業棋士にしてしまう。猫でも指せる手を羽生がパスした永世竜王戦。教皇は羽生がなぜ渡辺に故意に負けたか憤慨していた。その加藤とて中原が故意に負けて名人もらい現在最強の営業マン。谷川に翌年あげて奪い返せば済む話だった。谷川は中原に実力で負け名人位返上。あの将棋は95パーセント負けてたと引退会見で述べたひふみん。渡辺に咲いた悪の華は絶対王者が片ヤオ営業すんなら外部入力使って勝つだけと唆す。羽生はたった一勝ができないとは思ってもいなかった。ここが問題なんだね。1局でも多く全国に普及し将棋を広く楽しませたい。見る方は棋士が悪人だろうが始まってしまえば将棋そのものを楽しむ。祭りのあとは悪人征伐が民意。名人位は国家の自我となった。永世名人資格5期連続に改定せよが神の意思。情けでもらった位は認めない。狂言師たちは普及の命題を私用した時点で神様に殺される。
連盟と連合との狭間に来たんだね。若藤が。
 

閑話休題 変幻自在の升田

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 6月29日(木)12時26分7秒
  日曜まで待てない。そんな時は升田鑑賞。
日時:1976-01-16
棋戦:幻想NHK杯90手目までは現実
先手:升田幸三+マシュダ一家
後手:中原誠
戦型:升田式ひねり飛車
▲2六歩    △8四歩    ▲2五歩    △8五歩    ▲7八金    △3二金
▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛    △2三歩    ▲2六飛    △6二銀
▲4八玉    △1四歩    ▲9六歩    △9四歩    ▲7六歩    △3四歩
▲7五歩    △6四歩    ▲3八玉    △6三銀    ▲2四歩    △8八角成
▲同 銀    △3五角    ▲5六飛    △2四歩    ▲7七銀    △5四歩
▲4八金    △4四角    ▲7六飛    △4一玉    ▲6六歩    △2五歩
▲6八銀    △2六歩    ▲7七桂    △4二銀    ▲6七銀    △2三金
▲5六銀    △3二玉    ▲4五銀    △7一角    ▲5六銀    △3三桂
▲6五歩    △4四角    ▲2八銀    △8四飛    ▲4六歩    △5一金
▲4五歩    △5三角    ▲6七金    △6五歩    ▲同 銀    △5五歩
▲6六飛    △7五角    ▲2六飛    △2五歩    ▲7六飛    △7四歩
▲6四歩    △同 銀    ▲同 銀    △同 角    ▲4四歩    △8六歩
▲同 歩    △7五歩    ▲6六飛    △7六歩    ▲同 金    △6三歩
▲8五歩    △8二飛    ▲6五金    △2二玉    ▲6四金    △同 歩
▲同 飛    △7六歩    ▲4三歩成  △7七歩成  ▲3二銀    △4三銀
▲2三銀成  △同 玉    ▲2四歩    △同 玉    ▲4六角
まで95手で先手の勝ち
合い駒は即詰み。実戦では91手目に逆の方向に銀を成り大逆転。升田は変幻自在の勝勢見せると途中で飽きてポカで評価二千からマイナスにするなんて茶飯事。この時の中原の心境を今一度聞いてみたい。増田は詰め将棋意味ないと豪語し若藤に首の根折られた。飛車打はボキっと音がしたね。こっちは角打ちで。
谷川が中学生棋士になった時同級生が将棋教えてと乞うた。その時の実話を今週里見妹に語ったコージ君。「めんどう」なので平手で「負かして」撃退。天狗のまま今日まで来ちゃったんだね。死ぬまで主役と勘違いした道化を見せとくれ。その同級生を出演させて。
 

若藤の魅力3 29連勝達成

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 6月27日(火)04時28分56秒
  角腰後手番で勝てんと察した増田の奇策は対68銀型への角交換阻止。18手目54歩で若藤勝ちが当家観戦時の評価。3-3構造で先手が勝ちやすい=本家参照。増田の当家におけるハイチャクは20手目52金。森内康光ならわかる話。若藤3-3アタックが反理論手かとの豊島の質問には羽生が答える。若藤の回答法は最先端。寄せの構図を描き始めたのが54歩を見てから。角二枚持たせたら羽生をも凌ぐライン。桂持たせたら中原より早い寄せ。だから角切りからの飛車殺しが大歓迎。歩間理論基礎編が最も活かせる力戦。若藤がソフト軍団の判断をことごとく覆した理由は例えば26歩変化。谷川が自分の手のごとく鼻にかけて視聴者候補ナンバー1にした手を指し継ぐと増田優勢だったはずが必ず若藤優勢から勝勢に逆転。形勢判断の根底が若藤だけ違う。森内との名人戦第1局に象徴される谷川の真の実力。準備した手がB級。谷川の態度が今日あまりに不遜なのではっきり書く。貴様には17世の名人資格はない。羽生がなぜ?他の二局も中原と地震のおこぼれ。関西棋士生活向上のための経緯を自分の手柄にする谷川にはもううんざり。結局内藤と同じ。対人将棋を道具と思ってる。内藤は紅白にでたことが最大の自慢。谷川の自慢は今日も同程度。挙句に若藤相手にトップ棋士との差?光速ノートの欺瞞が明日も続くのかね。どこそこに幾ら寄付しました。某有名人に昨日会いました。一流とは。トップとは。私が現役のうちはソフトがプロを越えることは云々。真の危機が迫ると名声維持のために遁走。弟子の竜馬には有名になるチャンスと助言。谷川はもういい。若藤の敵役にもならん。17世返納してから引退しとくれ。関西棋士の生活は若藤が保障。全棋士が若藤とともに向上する。羽生が名士かぶれを一掃したように。
33歩期待した増田。若藤は22歩で全国を悲嘆の渦に。なぜ?だって18手目の54歩みたときから桂頂戴って指先に書いてあんの。33桂に同銀でまた悲鳴。39飛や24銀は54歩指した増田には無意味。現行評価値で500点前後のマイナスは逆転の構図に組み込まれてる=羽生と若藤の共通点。谷川との決定的相違は若藤が序盤のかなり早い段階で寄せに必要な駒と構図が描けること。
 

若藤の魅力2 ドキュメンタリー「藤井聡太 14才」

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 6月24日(土)04時43分51秒
  当家が見た中で最高の人間ドキュメンタリー。クロノスの全映像もNHKの映像の世紀も越えた神々の世界。人間が神の血を継いだ生き物だと思える迫真の一時間。子供将棋大会の表彰式で首を斜めにウナダレ泣いていた少年。この少年は谷川の前でも泣いたことがあった。その時の映像がないのならば谷川が生きているうちに再現ドラマを。命をかけて必死に食い下がる少年に引き分けを申し出る谷川。子役は泣きじゃくる。その時の谷川の鼻を映してごらん。現物で。
 

若藤の魅力

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 6月22日(木)12時42分51秒
  ハッと指を離す時の瞬間。棋士は駒そろえんのにチョンチョン。記録係は指が離れた頃合い見計らってボタン押す。若藤だけが電光石火の駒さばきで1秒前後稼いどる。序盤からサっと漲る緊張がたまらん。
昨日の28連勝タイ記録達成?前記録は青野が張本人。米長は土人矢倉まともに喰らって演出したが青野は勝っとんのにポカで27勝目献上。比較すんのなんかャ。
オウムの34手目33銀を緩手と感じた若藤。だから25歩最後まで突かん。25桂で寄りとの空間維持。65歩がハイチャクで銀引きオウム手順すべきかとの澤田の捨て台詞は言語道断。65歩は最強手でそれが通じんと告白するんじゃ悪役にさえなれん。33銀に言及すんのが水面下の相手。1-7アタックがなぜ反理論手でエルの最善手か。玉動奇偶算理論が81飛に付加されているため。55角から若藤が勝ち筋を見た64角は序盤の26歩止めから派生した変化。前日の
加藤一二三65歩引退手が澤田への遺言とはね。タイトル戦における最終盤の詰み逃しは谷川羽生康光森内丸山みーんなやっとった。渡辺だけ竜王戦で詰み逃しなし?渡辺のカンニング疑惑には三種。三番目は困る。詰みの有無は共犯者がいれば合図は簡単。モモコの下でエリコ正さずとかサンケイも豪語すんなら棋士と記者の癒着絶たんとね。金属探知機もやる。電波探知機も備える。監視カメラで合図もチェック。チェスの厳戒体制は羽生に聞いたらえー。
若藤の詰み手順はあざやか。毎回目からうろこ。市長への詰み将棋も壁紙にしとる。桂角で異次元に。詰め将棋本だしたら即買い。初版でほし-。ミトラの権化は少年16まで。
杉本との陣屋ほほえましーが豚肉は歯に悪い。気になるとしたらこんだけ。前歯に歯石あったんでお願いママ。弥勒菩薩の化身を目の当たりにするとは。

 

若藤の半時間

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 6月 3日(土)08時40分41秒
  恐ろしい子じゃね。奇跡を演出していたとは。76角で若藤が最強ソフトと同等以上の読み筋を追えると万人に証明。人間じゃ指せんと誰もが思ってた手をみたときゃすでに歓喜の洪水。あとは人間とはなにかを追求。最善手は相手の力量と持ち時間で演出可能。澤田。趣味で先日手やるようなオウム。鳥類料理すんのに68桂なんぞ最善手とは言わん。だからこそ若藤はここで30分の大長考。68歩で紛れある。相手はすでに秒読みの局面なのでエル不要。実際澤田が逃した75玉
さえカルガモで瞬時。すると藤井演出の要となる桂を温存しそこに歩の代替で先の局面をつくれそうと。31手目に桂の出番。ここまで15分で読み最善75玉からさらに読むとひよこレベルでは持将棋になる変化へ。これで打ち切り30分で驚異の77金決行。至福の時間じゃったね。ただ勝つんじゃない。澤田の最終盤の乱れ具合まで予測しとらんと絶対指せんな。対人間に特化した演出手。76桂見たときゃそりゃもう鼻水たらたらと~たらり。杉本が言ってた地獄絵図は澤田レベルじゃまだ半分もでてこんよ。
羽生が藤井シス演出で結局先日手にされたろ。若藤は羽生の顔立て打開。だから二回目のときゃ間合いの取り方違う。日々この時空感が拡張されとんじゃから目が離せんわな。こういう奇跡に中継拒否する棋王戦も先長くない。
 

棋聖戦1

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 6月 2日(金)01時21分58秒
  斎藤の初陣いいねえ。久しぶりにタイトル戦らしー。勝負は最初の一時間でアリ。正座1時間で背中丸めた挑戦者に羽生が胡坐促したが最後まで正座を貫いた学び舎。矢倉7thアタックに羽生が偶4取る展開なので85歩は当家の第一感。なぜエルさえ混乱したかというと仮想駒アタリと多重駒アタリ計算できないんじゃね。羽生森内の名人戦で何度も扱ったが厳密に組み込まんで経験値で右往左往した経緯。古典矢倉で桂取る権利は後手だけにあり仮想駒アタリ加算で偶数番をつくれる分後手有利が本家の昔の分析。先手のアヤは二重駒アタリの計算方。当家がこれをあいまいなままにしてきた理由?
それは森内に聞いてもらいたい。跳躍番は森内とともに美しい棋譜ができたが多重駒アタリを計算に含めるとおそらく人間の出番ない。そんで森内は順位戦やめたんじゃろね。
いい初戦。谷川はなんで立会いやっとんの?一年は自粛するべきじゃろーに。一人の棋士殺そうとした最高責任者がすべての解決放棄しておめおめ顔だせんの?
千田も久保も当家は楽しめんよ。顔も見たくない。千田なんか公式戦直前まで自室でコンスケいじっとんのよ。最初は面白いと思ったら全部ソフトの猿真似?千田はもういらん。なんでここに至って一部の棋士が軽蔑されてっかと言ーとね。谷川みてごらん。驕りと傲慢。千田久保渡辺もそう。傲慢さがファンに嫌われてんの。強さなんて二の次。
斎藤の和服姿いいな。正座しっぱなしは地蔵米長以来?当家なら袴に正座椅子仕込む。紙おむつも三枚重ねで万全。今年も一緒に食べたんよ。きつねうどんとおにぎり二個。
 

谷川を救った三浦の譲歩

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 5月26日(金)03時39分18秒
  三浦が谷川を救ったということじゃね。
三浦のコメントは棋史に残るほど立派。今対局したい棋士三人は?の質問に若藤のみならず渡辺橋本の名とは。久保の名をあげなかった理由?そりゃ久保は謝罪しとらんからね。もうね個人の問題じゃないんだから久保もいい加減公式謝罪せなあかん。渡辺も自分の顔と声でファンの前に久保ともども謝罪会見せんと。二人はタイトルホルダー。今後若藤の相手すんだから気分よく観戦させとくれ。渡辺が三浦を貶めたこと謝罪しても読売はなんも言わんよ。むしろファンに不快感与たまんまじゃ読売が困る。竜王戦はねいろいろあった。初代島がコンパニオン口説いてかみさんにしたのに昨年逝っちゃった。運命の神様はなに見てんだか。それは自我。チンチロリンは正六面体でやっとんのに自我は正二十面相。今日若藤の36歩にコンスケぼやいとったろ。奇3の原点回帰とは。ではなぜ人間の四相が偶数面の構造なのか。それを若藤でみて行こうじゃないか。
せっかく外出禁止にしたんなら金属探知機も今後やるべきじゃね。三浦がそれを自分に科したこと皆受け止めんと。めんどう?そんなもん連盟職員が昼食とるついでにやりゃえー。メニューみてみーんな迷っとるじゃろ。その間にごにょにょ。今日なんか美人職員二人もおったぞ。奨励会員もごにょごにょやってくれって言うな。わしもやってもらいたい。
 

若藤効果と冤罪問題

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 5月19日(金)01時51分7秒
  対談にならんから好きにしゃべろって?
ソフト連合と若藤効果で将棋がこれほど奥深いって(ため息)
まず将棋連盟がきちんとやらないかんのは共同会見。そこには谷川渡辺久保もおらにゃならん。三人がきっちり謝罪せんとなーんも始まらん。信頼ないもの同士で指す将棋なんか誰が見て楽しめんの?ごめんちゃいで済む話じゃろーに。金はなんとかなる。若藤が毎回マスコミに出るごとに億単位の経済効果。今日の将棋見たか。青龍戦だっけ。もの凄い内容じゃあないか。誰だって51歩しかささんじゃローに。深浦屋敷が驚嘆した15歩ってこっちだって見た瞬間なにごとかと。しかも8㎜も2も最強ソフト連合が疑問手悪手認定。ギャラリー騒いで若藤ポカ断定かと盛りあげてオチが凄まじいなんてもんじゃないな。若様15歩が最短の寄せかもしれんってこぞって寝返りなんてあっか。51を逆さにしたギャグが神の一手だったかもしれんてまだ検討中?しかも2より1が正解ってことタタール。名人戦の幻の59角も1じゃ瞬時なのに2じゃ40秒かかったぞ。デムラー姉妹の算定じゃすでに若藤は現名人はるかに越えとる。身軽な方が時間勝負には有効じゃね。14歳の子が秒読みであんな手指すのライブでマのあたりにしたらわしもうあかん。なにが最強か最善か混沌とさせるような棋士は救世主じゃろーに。そんな神様の使者に正式に謝罪もできん久保や渡辺は対座させられん。まずは谷川がでて挑戦者を差し替えた責任者として謝罪する。渡辺も弁護士に渡したデータばれてんだから観念して三浦にごめんちゃいする。ほらいつだったかフットサルの番組でみんなに手振ってたろ。あんな感じでかわいいとこみせりゃみーんな許してくれる。それができん時は三浦の弁護士は裁判所へ行くべきじゃね。何十年かかってもえーから徹底的にやらんと。そんときゃ谷川に17世名乗る資格ない。犯罪行為の責任者じゃからね。今なら謝罪会見ですむ」
 

幻想対談6

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 5月14日(日)04時43分4秒
  「んーなんかおめでと」
「もうタイトルは取れないかと」
「せっかく山村聞いてくれたのに」
「心の準備が」
「気分は」
「何と言えば」
「裁きのアーちゃんで」
「最近思う」
「はい」
「藤井はいいねえ」
「若い方の?」
「きまっとる」
「二人いると」
「谷川軽く越えるな」
「私も早く指してみたいです」
「今一番みたいのは杉本とシーザーの朝日OPの映像」
「これまた突然」
「あの時谷川が杉本に言ったろ」
「?」
「杉本の最初で最後の晴れ舞台と挨拶しおった」
「いつもの毒舌で笑いをとろうかと」
「名士ぶった挨拶もう聞かんで済む」
「・・・」
「アーちゃんのおかげ」
「うなぎは」
「さてね」
「はい」
「王将戦も棋王戦も身体検査なんかせん」
「もう告発もできませんし」
「天動説唱えとりゃいい」
「いいんですかね」
「プレスが求めとんのは高級感」
「一流ってなんなのかと」
「谷川の金メッキ挨拶」
「私もメッキですかね」
「久保は振り飛車に特化しとるんで純銀」
「はあ」
「羽生は純金なんで一流とは言わん」
「羽生さんを一流棋士とは誰も言いませんね」
「一流棋士ってカロリーナならなんて訳す?」
「さあ」
「高級車に使う言葉じゃろーね」
「降級は困りますが」
「一流の語源は」
「はい」
「目くらかす」
「なるほど」
「天皇は一流とは言わん」
「棋戦で言うと名人戦ですか」
「なんでランボルギーニが竜王じゃ困るか察した?」
「政治はうとくて」
「デムラー2はえーぞ」
「ボロコンでも?」
「95角なんぞ2分で解いて大逆転」
「私もいりませんかね」
「いらん」
「棋士の強さに意味なくなりました」
「素直に謝罪し駒落ちやらんと」
「手合いは」
「香落ちでは勝てんじゃろ」
「角落ちですかね」
「それでも久保は勝てんな」
「渡辺さんでも?」
「あんなのもういらん」
「すいませんでした」
「若藤でまだいける」
 

幻想対談5

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 2月15日(水)05時27分48秒
  「負けました」
「寒いの挨拶とかわらんな」
「勝負師の宿命ですか」
「次期会長は真理の探求と今日も言っとった」
「いやあほんと加藤先生が会長だったら」
「鍋焼きうどんフーフーするじゃろ」
「すいません」
「久保は真理を追っとるからえーの」
「どうだったんですかね」
「郷田がわからんとこ」
「なにかあるはずと」
「テイク5は相変わらず久保」
「互いにわからなくて」
「郷田の感想は面白い」
「36って」
「偶数番型棋士は4から考えるんじゃね」
「3手目の16歩に真っ向勝負されて」
「53桂の奇5で郷田が指した31金」
「千日手にならないんですが」
「32金ってあとで指すじゃろ」
「あっ」
「そうそう」
「なるほど」
「16歩の正体」
「GMは最初から32ですか」
「三浦はそのへんまで研究しとんのに」
「終盤は怖いですね」
「ひふみんも裏声でなげいておった」
「早くなげてくれないかなと」
「谷川も60過ぎのA級目指せんのかね」
 

幻想対談4

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 2月 3日(金)02時51分37秒
  「すいません。勝っちゃいました」
「馬切りで気分いい」
「銀冠でなんとかと」
「郷田が二回も勝負逃げて周囲が格調感じるんかね」
「飛車交換と飛車捨てですか」
「伸ばしに伸ばして千日手じゃ」
「男前のおかげで」
「9筋で相玉になる変化が存分楽しめたんでまー今回は」
「棋王戦は谷川さんが欠席とか」
「久保も故意の遅刻不戦敗あっから仮病とは言えんじゃろ」
「どうなんでしょうか」
「ノラクラでかまわん」
「ミセスは?」
「自分でスキゾと言える玉はなかなかおらんな」
「羽生三浦戦を」
「楽しみじゃねえ」
「いいんですかね」
「竜王になってたはずがなぜ予選からって?」
「皆さん逃げまくって」
「名人戦以外はかまわん」
「道義上の問題が」
「国境越えただけで民間機撃墜した国あったろ」
「はあ」
「杓子定規にせんでえーの」
「いったいどうすれば」
「まず将棋世界の表紙に三浦の写真」
 

幻想対談3

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 1月27日(金)10時13分17秒
  「こう考えよう」
「はい」
「冤罪事件にみせかけたプロレスだった」
「はっはい」
「むしろ盤外で楽しめた」
「三浦さんには悪いことを」
「当家を読み返してごらん」
「ええ」
「最初に応援していたのは久保」
「あの言葉がなかったら」
「その後康光がわかってくれたんじゃねえ」
「夜桜やはりそうだったんですか」
「渡辺の王座戦も忘れがたい」
「最終局が凄まじい実況で」
「あの頃は楽しかったねえ」
「千田君まで応援を」
「千田は面白かった」
「どうしてこんなことに」
「羽生に4タコにしろといったらどうなった?」
「名人戦でしたか」
「その理由はだから羽生が知ってる」
「じゃあグレー発言は」
「好き嫌いの問題」
「好き嫌いで人を裁いちゃいけませんよね」
「こうしよ」
「はい」
「渡辺は竜王戦賞金を」
「私は」
「王将戦賞金を」
「千田君は」
「棋王賞金を」
「全部あげちゃう?」
「それでも足りん」
「残りは?」
「谷川と島が辞任したって?」
「断腸の思いで」
「胃が痛いとか?」
「そうらしいんですが」
「谷川いいかげんにしろ」
「ご本人に」
「連盟のHP改悪さらにひどいね」
「どんなとこが」
「公益法人ではありあんことやっとる」
「あの契約は」
「谷川かね?」
 

幻想対談2

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 1月26日(木)01時28分27秒
  「で95角はどのソフト使ったの?」
「いやいや」
「第2局の66飛車なんて久保の手じゃない」
「そこまで疑われるんでしたらもうやめます」
「疑ったのは久保じゃろ」
「終わってますかね」
「突っ走らんと」
「ソフトソフトで渡辺さんも嫌気さしたんでしょうけど」
「刺身に醤油つける?」
「ワサビでもなんでも」
「最終盤は教えてもらったほーがかっこつく」
「それは互いに間違えるものと」
「郷田が一番間違えやすい順が66飛車だって昼にね」
「やはり三種類でご検討を?」
「66飛以外はまぎれにくい」
「私も悩んだんですが」
「相手のミスを誘うのも技のうち」
「王将戦なんとか無事に」
「棋王戦よりまし」
「あっちは大丈夫ですかね」
「道理ない連中相手にいつまで付き合うかね」
「あの話は」
「半年遅い」
「それでもよかったんですけど」
「郷田が死んだほうがいいってだだこねた」
「私だって本当は」
「もっとうまくダマせんのかね」
 

幻想対談 久保登場

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 1月10日(火)00時00分42秒
  「いきなり95角とは」
「狙ってました」
「92玉は逆形で当家もかつて」
「対深浦戦でしたかね」
「95角は最初打ち間違えたんかと」
「滅多にない筋でした」
「こういう手が見られんなら全部帳消し」
「いろいろご迷惑を」
「久保はえーんよ」
「はあ」
「振り飛車で孤軍奮闘」
「これしかないんで」
「ぎりぎりのとこで勝ち筋おっとるのようわかる」
「自分でもなんであんなこと言ったのか」
「ぎりぎりだから疑心暗鬼に実態あたえたんじゃろね」
「もう二度と」
「竜王戦もこういう戦いなら忘れたかもしれん」
「95角は郷田さんだから出てきた手かもしれません」
「一手の絶妙手で完全復帰」
「ありがとうございます」
「棋士は皆が唸るような手を出せばね」
 

竜王戦挑戦者差し替え事件の顛末と真相推察

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2017年 1月 3日(火)23時06分6秒
  竜王戦挑戦者差し替え事件の顛末と真相推察
1 調査結果「ソフトの評価値では不正行為を証明できない」
2 過去調査 渡辺の過去の不正行為は今後も立証されない
3 詐欺疑惑 過去10年に及ぶ竜王戦詐欺疑惑は刑事罰回避
4 保障問題 犠牲にされた三浦に一期分の損害賠償で解決

もし真相が追究された場合詐欺事件として渡辺明及び竜王戦担当者で負い切れぬ責任を日本将棋連盟が負担することになり総額5億円以上の民事および刑事訴訟になったかもしれない。
日本将棋連盟が二千万円払って第三者委員会に出させた最も重要な結論が上記1。
 

三浦疑惑の全貌推察3 竜王戦発展解消のシナリオ

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年10月23日(日)04時38分3秒
編集済
  三浦疑惑の全貌推察3 竜王戦発展解消のシナリオ

将棋ソフトとの公開対局で負けた元タイトルホルダーは永世棋聖の米長筆頭に三浦と屋敷のみ。いずれも元棋聖。棋聖は現在賞金最低ランク。日経が羽生王座の限り続くように棋聖戦も羽生が防衛中ゆえかろうじて息がある。棋聖は囲碁では読売の最高称号。竜王戦を発展解消し棋聖戦をサンケイから受けたいがすでに永世棋聖の称号があるので要改名。十段戦が竜王戦に発展解消したように馬王戦や聖竜戦等の新名称で永世称号の重複を避ける。
羽生は騒動中の叡王戦でも藤井が人間の手ではあり得ないと驚嘆したソフト前衛手59角変化を読みつつ次善手の可能性を拡張し独自の展開を関西最強若手に披露。一方渡辺は棋士を多数巻き込んでの質の低い芸人路線で読売最高棋戦の品位を落とすばかり。挙句三浦渾身の技巧45桂採用に研究負けした順位戦を策謀に悪用。渡辺が一度も名人戦に登場しなかった理由は霊が宿る名人戦だけは汚せなかったため。
一方実力で劣る若手に名人位を譲渡し叡王戦で最強ソフトと対戦する決意の羽生。電力デブ相手に三浦同様本気で挑む姿勢。その棋界の精霊まで悪用した渡辺に謝罪反省の土壌皆無。「オゴリがまねいた自業自得」
渡辺は対戦放棄を盾に日本将棋連盟および正当な挑戦者を威嚇した行為により永世竜王位および現竜王位剥奪。連盟の対応次第で即時竜王戦中止か丸山と三浦で最後の竜王戦を続行。来期から新棋戦へ発展解消しソフト参戦枠をアマ枠の下に設ける。初年度の扱いはアマ同様。
 

公開済み状況証拠による三浦疑惑の全貌推察2 マナー違反と言われた盤外戦術の系譜

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年10月22日(土)11時17分48秒
  公開済み状況証拠による三浦疑惑の全貌推察2

マナー違反と言われた盤外戦術の系譜
1=大山 全棋士容認済
2=加藤 すでに国宝級
3=三浦 離席のみの白
4=渡辺 恫喝による青
6月技巧公開以後棋士の疑心暗鬼が蔓延し8月に全棋士へ離席自粛の通達。
この事態を予測していた糸谷はすでに離席王を周囲に認知させていたが三浦は潔白である故に逆の方向へ向かった。身に覚えのあるもの達は灰色の空気にはめられた。おかげで今期竜王戦は空前絶後の盛り上がりを見せ渡辺三浦戦が復帰すれば史上最高の注目度。読売は機嫌回復しお咎めなし。週明けに謝罪会見後に竜王戦再開。外部の調査委員会も不正防止の外部組織も不要。谷川以下が即刻読売に謝罪しに行けばそっかで許してくれる。
裁判沙汰にした場合は三浦無罪復帰で渡辺引退&三浦を処分した役員は渡辺を告訴するか自主引退。

ぺヤング退治素晴らしかった。
 

公開済み状況証拠による三浦疑惑の全貌推察1

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年10月20日(木)21時41分23秒
  公開済み状況証拠による三浦疑惑の全貌推察1

第一シナリオ 渡辺疑惑の背景
1=読売は渡辺の叡王戦出場を許可しなかった。
2=ソフトに負けた三浦の竜王戴冠は絶対阻止。
3=週刊誌が渡辺のカンニング疑惑を暴露予定。
4=永世竜王剥奪と賞金返還に脅えた渡辺暴走。

第二シナリオ
1=読売は羽生が永世七冠逃した時から渡辺嫌い。
2=新聞低迷で竜王戦維持も社内反対派故困難に。
3=渡辺の疑惑の過去の対局全分析を外部に依頼。
4=クロの判定が出たぞと外部リークで棋戦廃止。

第三シナリオ
1=読売だけ撤退して朝日毎日に笑われるのは絶対に嫌。
2=羽生を叡王戦に参戦させて最初に名人が負ける図に。
3=勘付いた羽生は名人譲渡後に叡王戦参戦&竜王敬遠。
4=グレーな心境でゴキ入りぺヤング食べたらKより旨い。
 

新聞棋戦撤退と未来へのシナリオ

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年10月20日(木)15時28分37秒
  新聞棋戦撤退と未来へのシナリオ

基本形
1情況転移=ソフトとの共存共栄
2情況転化=ソフト>棋士
3情況停滞=ソフト不正使用の疑心暗鬼が蔓延
4情況転換=人間の信用失墜理由に新聞社撤退

自己認識機能の推移
1情況転移=将棋探求が自己同一化の最良の手段
2情況転化=ソフトが強くなったので取り入れる
3情況停滞=ソフトが個を拒否し始めたので混乱
4情況転換=将棋が私自身ならソフトも私の一部

自己保存機能の推移
1情況転移=私を生かすのは将棋による収入
2情況転化=収入を脅かす外的とは共存繁栄
3情況停滞=外的が私を不要と示唆し始める
4情況転換=外的を疎外するために門戸閉鎖

他者認識機能の推移
1情況転移=スポンサーとファンあっての棋士世界
2情況転化=皆が望むならソフトも対戦相手とする
3情況停滞=ソフトはプロと手合い違いと皆が知る
4情況転換=手合い違いなら駒落ちだが絶対に拒否

他者保存機能の推移
1情況転移=連盟があってこその生活維持
2情況転化=連盟の収入元が変わり始める
3情況停滞=連盟への補給路が間にあわじ
4情況転換=俺と連盟救済のため奴を抹殺

宇宙認識機能の推移
1情況転移=将棋の真理を共同研究で追求
2情況転化=共同研究にソフトの手を導入
3情況停滞=ソフトの手が真理探求を主導
4情況転換=将棋の宇宙解明には連盟不要

宇宙保存機能の推移
1情況転移=将棋宇宙はロボット棋士達で興業化も成功
2情況転化=引き分けが多発し故意の迂回路で芸術路線
3情況停滞=前衛芸術に観衆が飽き始めて解説も不能に
4情況転換=将棋の宇宙は木の盤駒残し彼方に霧散飛翔
 

幻想対談15 丸山登場

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年10月18日(火)02時55分4秒
  「前回のは郷田さんじゃないですよね」
「連番ですまんね」
「いえいえ」
「初戦すばらしかった」
「いやちょっとあれで」
「飛車切りの次善手路線は羽生といっしょ」
「初手は最強手のつもりで」
「郷田の分」
「あとは渡辺さんの対応次第で」
「三浦45桂再現とはね」
「それだけは三浦さんの」
「安吾の小説思い出す」
「ちょっと思い出せないんですが」
「45桂指して棋士やめちゃう話」
「ああ、なんかそんな雰囲気の手ですかね」
「連盟の広報よく乗せたね。個人的には反対って」
「それだけ付け加えることを条件に受諾したので」
「三日前挑戦者を交代なんて前代未聞」
「対局拒否なら陣屋事件の再現ですかね」
「なんで読売こだわるか察した?」
「GPSに負けた三浦さんが竜王になるとちょっと」
「渡辺が絶対勝つっていえんの」
「今年三回も三浦さんに負けてますから」
「渡辺の仲間の阿久津が二日目の解説で言っておった」
「え?」
「競馬予想のコツ」
「なんと」
「将棋に例えれば三浦とやればツキが落ちる」
「はあ。なんとなくそんな感じですかね」
「渡辺は竜王戦現地の情熱大陸取材でいきなりパソコン持参ですかって聞かれた初めての棋士」
「インタビューですか?でなんと」
「規則にないけどって相手の顔けげんそうに見て」
「はは」
「なんで俺にの顔でマズイっしょって」
「あの頃ですとボナンザで研究ですか」
「研究どこか先生と呼んで順位戦の反省までブログでやっとった」
「森内さんが喧嘩将棋売った時は?」
「そりゃ森内に聞かんと。あげて返してもらった本人じゃもん」
「時代は変わるもので」
「最初の一時間半よかった」
「初日ですか」
「相手が足崩すまでテコでも動かんと」
「いやま」
「気迫あり」
「その流れで切っちゃったんですが」
「100年経っても機械じゃ作れん絵」
「いやはは」
「渡辺はバレなきゃ何でもありと確信しとる」
「本人がそんなことを」
「かみさんの漫画で渡辺君が豪語しとんの」
「はあ」
「バレたリスクを考えたらやるわけないって」
「その漫画最近ですよね」
「過去の出来事は時効なんでバレない」
「棋士にも時効なんてあるんですかね」
「宗歩の悪事は今でも悪事」
「将棋所追われたんでしたっけ」
「三浦も気にせんで年始から勝ちまくりゃいい」
「疑惑のこしたままではかわいそうですけどね」
「世間の疑惑は全棋士にかかっとんの」
「甘かったですか」
「もう手遅れ」
「罰則規定は今回初めてですかね」
「記者が感想戦でソフトの最善手指摘するじゃろ」
「すでに控え室で棋士もスマホで調べていますし」
「今までは羽生森内郷田がソフト以上の手を指摘することあった」
「そういうのがタマにあればいいんですが」
「タマちゃんもなくなるんじゃ」
「お手上げですかね」
「控え室に来た棋士にサイン送る仲間がおるかもしれん」
「疑いだしたらきりないですか」
「懇意の観戦記者が対局室で最終番にサイン送ったら」
「野球みたいですね」
「だから徹底するなら記者も控え室もソフト検討禁止」
「そこまでできませんね」
「やるわけない」
「とすると似たような事件が今後もあり得ますね」
「その前に今の対局風景が存続せんのじゃ?」
「その時はその時で」
「かみさんのおっぱいどうかね」
「いやはは」
「乳吸われていっそう大きくならん?」
「お手上げです」
 

幻想対談14 祝郷田結婚3

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年10月16日(日)01時12分11秒
  「いいとこだったのに」
「すいません。こんな時間に」
「神吉は芸磨いた」
「まだ歯は」
「ハシモはつまらんな。池袋に戻せ」
「明日はどうですかね」
「初日はどっちが先に離籍するかの我慢大会」
「渡辺さんが先にしびれ切らして」
「で丸山体力では勝ったんで飛車切り負け」
「連盟の現金5億しかないんですが」
「羽生が5億用意するじゃろ」
「あと10億足りないんですが」
「銀行使ってなんとかなる」
「どこまで解明できますかね」
「フェイクの問題はおそらく永遠に残る」
「丸山さん後手だったらやってましたかね」
「天龍寺ならやると康光いっておったろ」
「70年前の謎はこの先も」
「原理は同じで謎は謎」
「ではソフト棋戦の醍醐味はどこに」
「歩理論間上の奇遇アタックの問題は森内康光では解明できん」
「羽生さんも?」
「羽生は放棄したね」
「だからこそソフトで理論解明しろと」
「4-3アタックと3-4アタックの決定的相違から」
「そこにフェイクがからんだら」
「それは別問題」
「まずは基本形からですね」
「パターンは数が知れてるんで2年で形になる」
「七大棋戦全部をソフトに指させて2年?」
「すくなくとも三周目にはさっきの問題に突入するんでその時は静観」
「どうなりますかね」
「7と8の優位性は今の展開じゃわからんからこそ新棋戦に意味ある」
「プロ棋士超えたとかそんな話じゃなかったんですね」
「理論の醍醐味はそんなとこにない」
「痕跡がありますけど」
「意図的にやった駒アタリ加算法を機械がまねしてどうなった?」
「限りなく意味不明としか」
「棋士同士ならあり得た事が中座したとゆーことは?」
「勝ち急いで理論放棄ですかね」
「つまり棋士もソフトも根は変わらん」
「羽生さんはソフトが人間の手を離れたとも言っていますが」
「違う」
「目前の勝敗を追っただけと?」
「じゃないと棋戦は起動せんの」
 

幻想対談13 祝郷田結婚2

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年10月14日(金)04時44分4秒
  「アヒルとウサギどっち好き?」
「ウサギは食べたことなかったよーな」
「味よしの方じゃなくって」
「亀ですかね。横にいれば」
「カミさんも?」
「今度聞いてみましょう」
「12月から外出禁止?」
「どうせ出前ですから」
「駐車場まで出てもいいって」
「動物園よりましですかね」
「羽生は気晴らしが必要と3月うさぎで言っとったな」
「散歩はしたいですかね」
「襖じゃね」
「金網デスマッチは好きなんですが」
「そんなにズルするのおったのかね」
「ドラエモンいたら魔が指すことも」
「竜王戦は金属探知機使うっていまさら」
「タンキチって舌かみそうですね」
「棋譜検索は昔からやっておったろ」
「詰み検索も昔からできたんでしょうけど」
「昼休みに連盟の販売部の本でカンニングした田丸は除名せんで」
「自白したご本人も罪悪感なかった時代ですかね」
「今じゃキッチンタイマーみたいんで」
「そのうち耳栓みたいんでできちゃうとか」
「歯で操作してパルスで詰みのあるなしを」
「プロ棋士って自分でよく言いますでしょ。プロっぽいって」
「勝つためならかみさんも殺すかね」
「ちょっと前なら女房いないんでと言えましたが」
「何でもアリなのがプロ」
「勝つために研究はしますし基本訓練はしますけど」
「悪役はソフト連かね」
「悪役に負けてるんじゃこっちが悪役扱いでも」
「ならどんな手駆使してかまわんのじゃ?」
「たまには正攻法じゃなくても」
「王位戦も王座戦も次善手防衛とは」
「木村さん角打ちみて悲痛な顔でした」
「感想戦やる気ないね」
「王座戦?」
「知りたいとこ丸ごと抜けとる」
「記事で追記ですかね」
「自分で調べたほうが早い」
「解説いりませんかね」
「悪手絶賛じゃ」
「過去の棋譜も調べたら分析結果が真逆ってことが」
「9割以上そうかね?」
「結論がまた反転しますかね」
「初手最善手が76歩でなくなる?」
「26歩が最善と思っていますけど」
「郷田だけ。今でも断言してんの」
「密かに思っていただけで」
「羽生が名人戦で森内に勝てなかった理由最近ようわからん?」
「あれが悪手とは森内さん以外しらなかったわけで」
「でどうして森内はあ~なのかね」
「勝つことに執着ないような」
「次善手で指し継ぐのそんな嫌かね」
「最強手と思って構想練るわけですから」
「で郷田は」
「私は寝る方で」
「でどこでアレだすか」
「王将戦でしょう」
「渡辺もセコイな」
「三浦さんも大変なことに」
「読売新聞でこんなに驚いた記憶ない」
「どこでお知りに」
「ソバ屋で面食らった」
「観戦記にありましたね」
「三浦に変えて丸山とあるんで病気かと」
「まさかの」
「将棋欄しか見んから他の記事探すの大変」
「であったと」
「そこんとこでさらにたまげて麺吹いた」
「ダブルパンチと」
「郷田の反則の衝撃超えとるな」
「休場処分は陣屋事件以来ですか」
「ソフト指し疑惑なんて書かれたら竜王戦どこか死活問題」
「私ならとうに首つってますかね」
「かみさんと最後の対局したら気が変わる」
「竜王戦直前に理事も大変ですね」
「デムラーが4連敗したのが原因」
「技巧がR3500でしたっけ」
「まだ棋士と共棲できたんでハイブリッドに意味あった」
「狙い打ちされましたね」
「27手以上の詰み手順に桂捨てからむと誤算するのは羽生と同じ」
「序盤から数の暴力に屈しましたか」
「300Wとかの電力もひどい」
「でもスマホ版の技巧とか」
「そんなの奨励会からA級まで危機感ない」
「問題はそれさえ子供扱いとなると」
「棋士との共同作業が今後あり得ん」
「ついに棋士無用と公言したようなもんですか」
「6月技巧がマックスじゃったね」
「その改訂版が10位にも入れないとなると」
「新聞棋戦がすべて撤退準備じゃろーね」
「真理を競う勝負として人間じゃ無理と」
「真剣勝負してる脇でキッチンタイマーに判定されては」
「新将棋連盟はすべてソフト勢で埋まりますかね」
「32ソフトぐらいないと」
「まだ時間ありますか」
「しかもファミリー系列が8種類はないと新組織は無理」
「それまで皆さんやりますかね」
「キツネ殺してタヌキ族なら応援」
「あっちの資本じゃ」
「連盟資産が20億あるんでイメチェンして」
「X年後にはどうなってますかね」
「新連盟解体して人間将棋に戻る」
「将棋は未解明で?」
「解明できるわけない」
「機械同士で千日手とか?」
「今でも先手51.8%の評価値とか信用できんな」
「未解明で人間に戻してどうなりますかね」
「わしゃね棋士みたいに着物着て脇息置いて和室で対局したい」
「ええ」
「ドナウ川ね」
「はい」
「堤防壊して昔の状態にもどしたら氾濫和らいだ」
「ああ」
「ぺヤングみたいな声ださんで」
「いやよくありそうなお話だとつい」
「コンクリートの堤防が水集めすぎて逆に氾濫ひどくなったんじゃね」
「水は大地に戻すと」
「新聞は目に優しい」
「畳や木も」
「三浦だけ殺すんなら連盟解体」
「来年復帰と」
「なら裁判でデマ連告訴」
「ソフト疑惑?」
「共存できんと今週悟ったんで連盟は井戸に戻ったんじゃね」
「新聞社は見切りつけますかね」
「三浦がソバ屋の店主になったら谷川は会長辞任どこか17世返上せんと」
「ソバ屋も魅力的ですが」
「金の問題」
「20億?」
「三浦殺して10年もつなら慰謝料払って見送る」
「疑惑なしで」
「疑惑の問題じゃない」
「棋譜がすべてですか」
「その時代も終わった」
「残るはキャラクターでしたか」
「かみさん愛しておる?」
「ええまあ」
「将棋を愛したことが残る」
「三浦さんも将棋を愛していますね」
「千田は詰め将棋嫌いじゃ渡辺と同じ」
「はは」
「詰めパラ嫌いと公言した千田がわしゃ大嫌い。しかも解説で詰みを真剣に読むのが嫌とまで言いおった」
「まあ詰め将棋解くのは機械でいいと」
「羽生は詰めパラ全部解くのが日課」
「今でもそうですかね」
「着物にペットがウンチしてからやめたかもしれん」
「新藤井四段は詰め将棋選手権で優勝してますね」
「新人王戦の増田も27手詰み披露して快感」
「PC版の技巧はすぐに解が出なくて評価値逆でしたね」
「予選落ちの理由じゃないな」
「定跡外しにやられたと」
「棋士の定跡から学習したんで」
「元奨からプログラマー続出して新棋戦できますか」
「元棋士でもいい。どうせプロより強いソフトなんて売れんから新棋戦で今の棋戦の金回さんといいもん作れん」
「読売さんやめちゃいますか」
「竜王戦にソフト出場枠つけたしゃいいだけ」
「で棋士が駆逐されてゆくと」
「強いもんに金だすのが基本理念」
「プロでもアマでも機械でも」
「すると賞金稼ぎたちが個性的なファイターたくさんみせてくれる」
「結構わくわくしますね」
「で全棋士が竜王戦トーナメントから駆逐されるのが最短でX年後」
「藤井新4段が1組在籍していたとか」
「40Wマックスが条件ならいるな」
「いっそのこと二足歩行で自力着座も条件に」
「そりゃ人間」
 

幻想対談12 祝郷田結婚1

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年 9月27日(火)05時25分35秒
  「おめでと」
「どーも」
「幻想対談出るとねえ」
「佐藤康光さんとかも」
「ジュニアはいつ?」
「そればかりは神頼みで」
「JT杯の二歩素晴らしかった」
「いやあ」
「反則を芸にできたの郷田だけ」
「いやいや」
「現名人相手に必勝型築いて二歩とは」
「ずっと観戦を?」
「はよ投了せいと次画面見たら椅子から転げた」
「大丈夫でしたか」
「衝撃度は当家史上最高」
「・・・」
「退屈な時間が一挙に輝いた」
「二度とできませんが」
「名局賞超えとる」
「選考基準が衝撃度だけなら」
「久保はそんだけで升田賞もらったぞ」
「あの時も驚かれてましたね」
「あれ以上の驚き」
「勝つ気まんまんだったんですが」
「NHK杯もよかったねえ」
「幻想対談のおかげで」
「誰もが予想しなかった36歩とは」
「8を参考に」
「王位戦の分析ネタにするとは流石郷田」
「明日は木村さんどうですかね」
「封じ手どれでも羽生勝ちが当家の結論」
「後手に勝ち筋なかったですか」
「それよりね問題は香車が二枚しか使えんこと」
「三枚目は無理ですかね」
「羽生が芸を拡張する気ならあり得る」
「四枚はさすがに」
「それできたら横歩の最高傑作じゃね」
「二人で作る気なら」
「ナマじゃ無理」
「どうすれば」
「裏で作るっきゃない」
「いやいや」
 

幻想対談11 王位戦Ⅱ 奇跡の背景

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年 7月29日(金)03時48分38秒
  「ちょっと長い。今日流してたビーバーのロザリオ。6がないとまず考える。5に6つけろとローマが決めたのは最近でもその背景は昔からあった。どんだけ昔かと言うと将棋ができる前だな。じゃないとこんな盤上ゲームはできんくらい完成されとる。三人の牧童がきっかけで古いしきたり断ち切った。羽生も谷川のメンツなんとかなりゃ新しいしきたりつくれんのにね。羽生はもっと追及したいんじゃろ。知事あきらめて棋士で生涯終えたいんならちょっとつけたさんとね。
羽生は5で深浦が6だと分析した王位戦あったろ。今日のはひどいね。初日からお通夜顔。谷川も線香あげにきたみたいじゃ。俺たちの棋譜はもうだめなのかって? んなことない。谷川だって断末魔に深浦と7みせたろ。羽生は相変わらず5中心なんだが法王の立場じゃきっかけないと先行けん。木村が3でお祈りやめちゃう田舎もんなんであそこまでひどくなった。そんでこっちで勝手につくっちゃう。まずユデダコ後悔の24やめて56ね。つまんない将棋だよ。13手詰めなんて。勝ちゃいいってもんじゃない。羽生が趣向見せたんでこっちものりちゃん。お杉のひとめどおりでよかった。左大臣きどりで木村に角切らせるなんて芸ない。右で行く。いやほんとは谷川も定跡の果て追いたい。タブ脇において最善手みつけりゃいい。こそこそやらんで堂々と。対局者ってのは最終決定権もつ法王。だから棋士の意思に意味が生じとる。プロセスに機械使おうがかまわんの。神の尊厳が失われることはない。こそ泥のまねせんで堂々とやる。最終決定権が棋士の証。そんで問題の局面から進めたら奇跡が起こった。39手詰みを機械が見逃し1500以上の評価値ひっくり返した局面どうかね。

王位戦Ⅱからのイオ師匠変化より163手目詰めろ逃れの詰めろの77銀まで。
後手の持駒:歩四
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v玉 ・|二
| ・ ・ と ・ ・v銀v桂v金v歩|三
|v歩v歩 ・ ・ 角 桂 ・v馬 ・|四
| ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩v歩 ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 玉 歩 銀 ・ ・ ・ ・ 桂 歩|七
| ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香v銀vと ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金三 銀 桂 歩三
「後手の最善手は?」
「自分なら銀取って必死かけて相手任せですね」
「そーじゃろ。名人戦で29手詰みも読めんのじゃ羽生でも銀取る」
「で取ると39手詰みで先手大逆転と」
「そーゆー演出なら連盟将棋も続くと思わんかね」
「1秒将棋でが39手詰み読めなかったんなら最終決定権はまだあると」
「ところが最終決定権が見切り発車」
「先手が必死なら王手かけるっきゃないですものね」
「羽生昔から桂捨てできんね。テレ東戦でもあったな」
「銀好きの盲点ですかね」
「39手後の最終図で気がつかん?」
「図柄に絵とか」
「最終持ち駒の数。先手歩が3に後手5」
「古いロザリオ?」
「後手は5-3-1-3-1の持ち駒」
「なるほど~。美しいですね」
「あっこたんどーしとるかね」
「久保さん惜しかったですね」
「どうせ郷田に負けとったから」
「升田賞級の自信作にノータイムでポカじゃ」
「そんで」
「74ですか」
「感想にもでん手が一番面白い」
「そーゆー手を毎日作成できるならプロ棋士廃業でも」
「だから脇タブでやんなさいよ。見るほうもしらけてんだから」
「いよいよ死にますかね」
「命を粗末にしちゃいかん」
「今までやってきたことはなんだったのかと」
「泣くな」
「次は久保さんで」
「待て郷田。言わせろ」
「はい」
「山崎に勝ったろ」
「で?」
「うれぴー」
「はは」
「涙拭いた?」
「すっきりした気が」
「なら谷川ともども7追っとくれ」
「脇タブですか」
「牧童のきっかけでしきたり変わるから」
「7の先に8や9まであるのですか」
「7に必然性見出すまで連盟もつじゃろ」
「谷川さんならやりそうですね」
「8に必然性あるならわしゃ死んでもいい」
「9で昇天と」
「そこは神の領域に触れるんで」
「7で連盟も昇天じゃまだ早いと」
「段位に意味与えんのに躊躇いらん」
 

幻想対談10 カンナ効果

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年 7月19日(火)03時16分5秒
  「最近変な夢見んかね」
「寝すぎて忘れちゃうもんで。なにかありました?」
「将棋盤がカンナになった」
「鈴木さん?」
「大工の道具」
「あれですか」
「使い方知っとんの」
「駒より重い道具は苦手で」
「刃の出し方は?」
「ハンマーで叩くんですかね」
「刃を引っ込めるときゃ?」
「どうやりましたっけ」
「木の角をこんこん」
「将棋盤の角をこんこんと」
「そうそう」
「刃もどりました?」
「駒が振動して評価値が変動」
「すごい夢を」
「今度やってごらん」
「どこ叩きますかね」
「香車の脇あたりが目立たんのじゃ」
「駒台でもできそうですね」
「持ち駒には相手の駒ない」
「敵駒ないと無意味ですか」
「実戦の夢では理論の台を叩いとった」
「わかるような」
「最近ズルしてんの多くないかね」
「勝率が突然上がったひと?」
「野月なんか遠隔操作で最新ガレリア使うって先週公言しとった」
「実戦で使いますかね」
「罰則規定ないんじゃ」
「対局中は携帯の電源切る規定が」
「小便するときゃ対局外とノズルは考える」
「おしっこかけて壊しそう」
「最近のは防水。風呂場でも使えんの」
「某理事は便器に携帯落として壊したとか」
「そりゃ⑩年前の話じゃろ。本家で中継やっとった」
「対谷川の竜王戦でしたっけ」
「なんでそんなことつぶやいて公開したかね」
「ノズル効果と同じじゃ?」
「伏線張るの好きじゃね」
「ズルするくらいなら死んだほうがマシですね」
「問題はふたつ」
「分析とズルでしたっけ」
「解説と便所」
「まあ解説や感想でなら」
「先月から地図変わった」
「技巧の公開ですか」
「総会で棋譜公開禁止令だしたろ」
「寝てましたんで」
「もう順位戦いらんな」
「棋譜公開の棋戦もありますしね」
「携帯中継をなんでパソコンで見れるようにせんのかね」
「まあそのうち」
「狭いとこで意地はりたきゃ羽生が最後の人間永世名人でいい」
「せこかったですかね」
「そんな禁止令だす法人もいらん」
「席上対局だけ残しますかね」
「長時間の対局でいい棋譜作れるなんて幻想」
「人間将棋でいいんですか」
「ありゃ面白かった。毎年郷田でみたい」
「そんなにプロの棋譜はだめですか」
「対中飛車58金の結論でとんの?」
「流行でないだけで」
「プロはなにしとったのかと思わんかね」
「G同士だとすごいんですか」
「もうプロいらんな」
「角換り腰掛銀の同形は?」
「いずれも結論だせんほど奥が深い」
「しかしプロはいらないと」
「公開さえ惜しむようなセコイ棋譜はもうすべていらん」
「まあ自宅で毎日名人戦以上の戦いがリアルで見られるなら」
「棋士の今後の魅力は棋譜以外の添加物じゃね」
「着物とか鎧ですか」
「葬式に立派な写真飾るのおるじゃろ」
「おきらいですか」
「写真屋がメイクした写真はどーかね」
「じゃあどんな」
「孫が描いた似顔絵みたいんでいー」
「もう準備を」
「しとらん」
「へのへのもへじみたいんで」
「中身も元来そんなもんじゃないかね」
「せめてバトルさんの漫画みたいので」
「大山の肖像画ひどいね」
「あああれですか」
「写真を絵にする職人おったろ」
「そういう棋譜は残したくないですね」
「あの感想よかったよ」
「どんなとこが」
「ごまかさないとこ」
「棋聖戦は」
「羽生の感想はいらん。郷田の感想は聞きたい」
「あの金打ち見えないでしょ」
「なら観戦記意味ない」
「で感想もいらないと」
「昨日のNHK杯聞いた?」
「糸谷さん?」
「ひどいね」
「井上さんもぼやいてましたが」
「保険って逆転されるだけの手かね」
「昔から終盤は悪手の海と」
「泥沼で泳ぐ芸人見る楽しみしか残らんのじゃ」
「もう棋士でなくてよいと」
「棋士とて自分で将棋指しとかいっとらん?」
「プロのスポーツ選手はそういう言い方しませんねえ。球けりとか」
「相撲取りがおる」
「なるほど」
「槍投げとか」
「投げ槍じゃ」
「その気にさせて最後は」
「駒崩し」
「木村っぽいな」
「指しならまだマシですが」
「駒投げ」
「盤も駒も木だったんですが」
「コンスケ投げても」
「見る人だけが生身ですか」
「棋譜つくんのに生身である時代は終わったかね」
「6月で」
「まいったね」
「投了と」
「でコンコン」
「それでほんと変わるんですか」
「テレビ叩くと映った時代がある」
「どうしてですかね」
「叩くと真空管が反応したんじゃね」
「そういえばバックなんとかって言う映画でありましたね」
「西尾もやるかね」
「アンプ蹴飛ばして」
「頭をこぶしでがんがん叩くひとは」
「康光か」
「ほっぺたたたきもいましたか」
「深浦はノズルの悪友らしいね」
「同期で三浦さんとかも」
「こういう連中は竜王戦ならやるかね」
「すいません」
「わしゃ悔しいよ」
「力及ばず」
「次の久保には必勝なんで決勝三番勝負楽しみにしとったのに」
「どっちがきますかね」
「どっちも冴えんな」
「深浦さんで」
「ハイブリッドでいいからいい勝負みせてくれんと」
「黙ってみてましょ」
「いやなんじゃろ」
「まあ」
「こうしよっ」
「はい」
「郷田の棋譜を完成させると」
「どーぞ」
「ラジオはいーね」
「まだ真空管ラジオを?」
「50年以上も使っとるけど壊れん」
「テレビは残念でしたね」
「放送しとらんからね」
「ブラウン管も投了ですか」
「公開せん棋譜いらんのといっしょ」
「なぜ突然したんですかね」
「もう自分らの棋譜に魅力ないと悟って門戸閉じた」
「閉経と」
「ラジオの世界を見習ってほしいね」
「視聴料取りませんしね」
「見てくださいと言う組織でないと法人格ない」
「最善手は」
「使用済み棋譜広めんのに圧力かけんのまずやめんと」
 

幻想対談9 王位1二日目 最強手から何か問題病

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年 7月 7日(木)00時01分49秒
  「封じ手が最強手75歩でしたが」
「桂取り行ってその桂取れんのじゃひどいね」
「敗因は?」
「最凶手になってもうた」
「次善手連鎖のほうが指しやすかったですかね」
「木村は羽生が間違えると思って誘ってるとこがねえ」
「はあ」
「郷田なら死んでもそんなことせんだろ」
「まあ最善手と思って考えますが」
「あんな二枚舌新王位じゃやってられんな」
「感想の批判は」
「なにか問題があったの一言で逃げる感想いらん」
「終盤で評価も乱高下しましたけど」
「そりゃ三億手読んでもプロひとめの手が抜け取ったらね」
「26桂とかですかね」
「そんな手瞬時に読めんのかね」
「人間も捨てたもんじゃないと」
「ハイブリッドが最強じゃまだ一枚上手」
「大駒一枚くらい?」
「歩一枚」
「そういえば歩を一枚落として名人に勝った将軍も」
「うまいね」
「解説はすでにハイブリッドでソフト活用していますが」
「実戦でも使ってイーヨーにすりゃ?」
「私はいやです」
「最強手連射がこけて笑われるほうがいいかね」
「まあミスしたのは力不足だっただけですから」
「意志は殺されるまで尊重?」
「事前に得た知識が影響されることはあるでしょう」
「だから羽生が壊されたんじゃローね」
「最強手だけ追及すると頓挫しますか」
「女口説くのに突っ張るとこける」
「はあ」
「今度木村にどうやってかみさん口説いたか聞いてごらん」
「ハイブリッドですかあ」
「チューニングできんよ」
「羽生さん復活なしと」
「早いとこ都知事ねらってほしー」
「埼玉じゃ」
「いや都知事」
「参議院とかじゃ」
「大統領制ないからね。首相なりたきゃ都知事が最短」
「見切りつけますかね」
「谷川おるし青野もおるし康光も森内も」
「渡辺さんも」
「ありゃやめるじゃろ」
「競馬評論家にでも」
「漫画家のかみさんに食わしてもらう」
「私も清き一票を」
「羽生が都知事の定例会見やったらニコで20万みるな」
「名人戦軽く超えちゃいますね」
「棋士の面白いとこ。イチローに都知事なんてありえんじゃろ」
「国会中継じゃ」
「首相以外出番少ない」
「将棋ですから防衛庁長官なんかは」
「実弾飛ばすイメージない」
「絵空事ですかね」
「実弾戦ならプロレスじゃろ」
「死にますしね」
「最近マットで死ぬの流行りかね」
「いやさすがに」
「あっちの女子プロなんか平気で腕の骨折っとる」
「女子プロは本気度がちょっと」
「将棋も女子プロ?」
「そのうち徴兵制も男女平等になるとか」
「そりゃ許されん」
「そこですかね」
「そこ」
「年齢制限は」
「そこはとっぱらう」
「60過ぎても?」
「戦死したいジジイは仰山おる」
「実弾食らう前に心筋梗塞とかじゃ」
「言うね。郷田。戦争行く勇気あんのか」
「佐々木勇気っていましたか」
「若いモンは内地で将棋指しとりゃえーの」
「行きたいんですか」
「選挙権18に与えんなら60過ぎにも武器もたせろ」
「死ぬの怖くない人って怖いですねえ」
「そりゃ病院で死ぬより戦地で散りたい」
「軍医が困りませんか」
「そういう戦争じゃない」
「どんな」
「命を賭けた戦いなんで基本は特攻」
「なるほど」
「まさしくゴーダ」
「そしてコケルと」
「そりゃわからん」
 

幻想対談8 王位1初日 吸盤効果

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年 7月 5日(火)22時03分20秒
  「棋聖おっことしそうですね」
「落ちた柿は食えんな」
「横歩お嫌いで」
「香車使えんと便秘の気分」
「今日の封じ手3種類しかないと」
「んなことない」
「羽生さんなら75歩?」
「おいしい桃はあとで食べる」
「飛車引きや17桂馬以外だと」
「最強75歩貯めるなら誰もが予想しなかった36歩」
「見たことない手ですね」
「17桂馬だけなら15歩いらん」
「なるほど25歩に16飛車と逃げられると」
「先手は偶2取りたいんじゃね」
「どうやって数えました?」
「飛車角の総移動数。11回で先手偶数番」
「でも追われて46飛だと64角で36歩の欠陥つかれませんか」
「追われたら永遠の棲家16」
「それだと切り札75が」
「木村に攻めさせるのが真の狙い」
「36歩は見たことないですね」
「異筋って言葉使う?」
「いやあまり」
「75歩同様3rdアタックなのに偶2換算できるのが吸盤効果」
「また新手を」
「やたらこまちゃくれた日本語好きなのおったろ」
「ははは」
「吸盤だらけで気持ち悪い」
「でも捨てがたいと」
「捨てようとしたらひっついてくる」
「なるほど角交換が1で歩のアタックが偶2ですから」
「そうそう」
「角の居る筋に吸盤効果」
「最近素直じゃね」
「はあ」
「どーせ終盤で悪手だらけなんで深刻ぶることない」
「1500差が逆転しますかね」
「うちのベーちゃんはしょっちゅう」
「5秒指しとか」
「10秒は長いな」
「1分で間違えるのってもう言い訳ききませんか」
「言い訳きかんなら廃業っかない」
「言い訳させてください」
「うん」
「実は木村さんもGにハマってます」
「ハマちゃん?」
「しかし私はいやです」
「だから郷田好き」
「22歩を打たせれば4thアタックになるんじゃ」
「それが正攻法でまさしく郷田」
「完全偶数番アタックに?」
「先の奇偶算出法は仮計算なんじゃね」
「でも綺麗な結果ですよね」
「だからこじつけに見えん」
「美的感覚が大局観に不可欠ですか」
「そりゃ無意味な駒捨てする蛸に聞きたい」
 

幻想対談7 ハブスターってなに?

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年 6月 5日(日)07時59分59秒
  「羽生さんどうしたんですかね」
「郷田にブースター壊された」
「なんで~」
「永瀬が棋聖で木村が王位」
「なんで~」
「羽生がポンピングしなくなったろ」
「壊れたせいと」
「燃料をブースターに送ると中原みたいに脳がふっとぶ」
「加齢ですかね。白髪も最近目立つみたいですが」
「キャビアのせいにしとこっ」
「名人取られちゃいましたね」
「郷田が悪い」
「お惣菜じゃないんですから」
「一年悪夢だったと」
「中原先生みたいに再奪取できますかね」
「アワジーの着物みると和むな」
「浅黄色でしたっけ」
「うぐいす餅食いたくなる」
「永瀬さんもい~の着てましたね」
「先代渾身の作」
「そこまで褒めますか」
「羽織抜いで木村は王位逃したろ」
「永瀬さんは脱いで奪取と」
「脱ぐこと想定して調整した絶妙手」
「完璧でしたか」
「欲を言えば羽織の縫合に小ミスあった」
「どーせ脱ぐんですし演出じゃ」
「大介が言っとったろ」
「40度以上の高熱で研究していたとか」
「すべて許される」
「ヒエピタも」
「あんなんオデコ張って構図崩れんの永瀬くらい」
「私がやると盤上に落っことしますね」
「木村なら落ちんな」
「横歩でセンジツ手でしたが」
「大介の解説酷かった」
「まあ専門家じゃないと」
「もっと酷いのが糸谷」
「六月公開の技巧もお使いに?」
「ありゃいーね」
「どんなとこが?」
「三千円のパソコンでも動く」
「永瀬新手への対応手は何分くらいでしたか」
「羽生が6分で敗着ならうちのボロは7分で正解」
「鈴木さんはひとめで同歩しかないと断言してました」
「両者正座の勝負所で座りましょとか言ってるデブいらんな」
「まあ本人もネタ勢と言ってますから」
「アワジー指摘は的確」
「見てますかね」
「そりゃコン黎明期の立役者じゃモンね」
「もっといいの使って」
「電力食うマシンは好かんが」
「ほんと三千で?」
「こんなん孫も使っとらん」
「それで羽生さん超えてるんじゃやってられませんね」
「勝手に越さんでほしー」
「だって7分じゃ?」
「羽生もあと1分考えたら指してた」
「センジツ手局の永瀬同飛は?」
「ありゃ瞬時じゃね」
「それで鈴木さんは延々と94角しかないとその変化ばかりを」
「ダニはもっとひどい変化の羅列」
「ロレツ回りませんねえ」
「全部ゴーダが悪い」
「すいません*した」
「思わんかね」
「?」
「なんで俺に名人くれないであの芋に」
「神様の采配と思うしかないですかね」
「木村が王位なら許せるじゃろ」
「ああ彼は三回目ですからそろそろかなと」
「木村にも一回タイトルやって散ってくれ」
「羽生さん散りませんよ」
「わかるかね」
「研究不足でしょ」
「違う」
「具体的に」
「第一奇偶反転から奇3を3回取っても負け」
「すると同歩に問題ありとなりますからやはり研究不足じゃ?」
「違うんじゃね~」
「ね~と言われても10人わかりませんでしょ」
「かまわん」
「では対談やめてどーぞ」
「まず修理ださんと」
 

幻想対談6 閑話休題

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年 5月23日(月)09時21分16秒
  「人間将棋楽しかったね」
「飲みすぎまして」
「セリフ次第で最強のイベント」
「台本あれば」
「時代劇調の言い回し数行おいときゃいい」
「実況でもあれば。藤井羽生戦の時のような」
「どの」
「竜王戦の時どうやってあんなことお書きに」
「いろんな局面つくって想定外の手がでると自然に言葉でる」
「言葉のない将棋は味気ないですかね」
「つまらん解説は音消すが」
「野球なんかテレビとラジオの両方で中継ありますでしょ」
「わしゃ音だけラジオで聞いとる」
「ラジオの臨場感すごいですものね」
「NHK杯は冒頭のテーマ曲だけ音消しとる」
「ヒョロローってやつですか」
「うるさくてかなわん」
「ニコ生は」
「ありゃ好き」
「電王戦のオープニングはうるさくないですか」
「いや素晴らしい」
「西尾さんが作曲演奏していますね」
「西尾の曲はNHKで使っていただきたい。あの駄作に差し替えて」
「電王戦も昨日終わって名残惜しいですね」
「西尾は一番の収穫じゃったね。また聴きたくなる」
「叡王戦もすぐ始まります」
「四段五段戦が楽しみじゃねえ」
「羽生さんもついにでますが」
「九段以上は飽きた」
「私も出るんですが」
「渡辺はでんの?」
「羽生さん負けたら来年でるかと」
「羽生も名人戦で即詰み逃すんじゃもういい」
「冷ややかですね」
「わざとあんなことやっとるんじゃ見る気せん」
「まあたまにはあんなことも」
「やっぱ四段戦が一番新鮮じゃね」
「前回ではどなたが」
「初めて動画みた棋士はみーんなよかった」
「新人もでますね」
「竜馬も楽しみ」
「中堅では」
「XPいいねえ。三間いっそう面白い」
「こないだも香車が9筋8筋にずらりと」
「逆もっても面白かった。山崎より断然楽しい将棋」
「いろんな棋士いますからねえ」
「坂口もよかった」
「中田さんは弟子が絶好調ですが」
「師匠の方が見てて楽しい。あの指先解説も好き」
「名人戦羽生さんピンチですか」
「芋じゃ大役勤まらんから奪取はない」
「丸山さんの例もありますし」
「名人ってのは顔。あの顔見慣れんの大変」
「顔が人間の最強の武器とすれば?」
「人間の最強の武器は言葉じゃろ」
「そういえば将棋の駒も言葉でしたか」
「チェスは顔で囲碁は白黒プリンター」
「あ買いました。カラーインクいらないの」
「将棋と日本語は相性いいね」
「と金がひらがなと漢字で」
「トとしか書いておらん」
「いやと金というくらいですから」
「表は歩」
「確かに」
「裏は」
「と金ですが」
「何賭ける」
「王将位賭けてもいいですが」
「スポニチ泣いとる」
「行けーと金」
「まだ酔っとんの?」
「いや指し手よりあそこはこう言えばよかったかなとばかり」
「名人戦の詰みすぐに判ったかね」
「佐藤康光さんはとぼけてましたが直後にばらしてました」
「二回チャンスあったのに」
「切らば切れ。行けー竜王」
「1分将棋でやるとバレはせんな」
「やっぱわかります?」
「ハブも次世代育てんといかんしね」
 

幻想対談5 大局観ってなに?

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年 4月11日(月)03時24分37秒
  「次回はないはずと」
「幻想対談の次の相手がおらん」
「渡辺さんじゃ?」
「ああいう現実目線は幻想対談ができん」
「この対談は今回で?」
「それはわからん」
「山崎さんのハイチャクは本人が大局観の判断ミスと」
「38銀を何度も78銀と言っておったろ」
「ああ後手からみたら」
「自分の側からしかみておらん棋士の大局観って何かね」
「まあ羽生さんたちは一度も符号言い間違えたことないですかね」
「谷川羽生森内康光郷田が何度も符号間違えるなんてあり得んな」
「疲れてたんじゃ」
「豚相手なら感想ヘラヘラできんのに」
「でハイチャクが大局観と言われたらどうすれば」
「次回女装で登場すりゃ客受けいい。指すときゃデンソーアームの物まね」
「よくわかりましたね」
「なにが」
「佐藤康光が何度も試行していた手ですよ。58玉は」
「タコヤキはそんなことわからんかね」
「83歩変化はまるで想定していなかったような」
「郷田ならひとめ」
「森内さんのように指せるかどうかは」
「森内は解説やっとんのに一言もいわんな」
「言いませんでしたね」
「山崎には死んでも指せんな」
「わかっていても?」
「角打徹底抗戦が常識」
「定跡ではなく」
「そ常識」
「それが大局観ですかね」
「横歩取れん相手に喧嘩売るかね」
「31角じゃすでに遅かったわけですが」
「周知」
「その前に角打てと」
「宗歩見習わんと」
「歩を取るために」
「羽生が攻めすぎて王将戦は寝技で殺された見本示したばかりなのに」
「似てますかね」
「だから山崎はゴーダになれば簡単に負けない」
「そんなに83歩ってだめですかね」
「そんな手で負ける棋士A級におった?」
「後手からセンジツ手にできますか」
「つまらん将棋になるのを避けるのは万年B級。大局観とは言わん」
「なんですかね」
「プロレス将棋」
「キったハったで派手に負けると」
「悪役がさんざん暴れてカウンターで500前後の評価値を善玉がひっくり返すは

ずが」
「次回それですかね」
「それやらんと山崎じゃもたんな」
「さて大局観とは一言で」
「符号を反転できる客目線」
「ものまねいいですね」
「人間同士なら互いに大受け」
「棋界と機械の共存繁栄ってありますかね」
「機械が人権主張するには自分で歩けんと。代指しじゃ」
「人間は神さまがつくったロボットだと?」
「自分で歩き出して変身したんかね」
 

幻想対談4 封じ手って何?

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年 4月 7日(木)07時05分45秒
  「94歩は変化球かね」
「96歩が疑問手呼ばわりされて反対側ならと」
「14歩はゴーダらしい」
「ミスが最近多くて」
「康光は四桂乱舞で空中分解」
「派手に散るなら」
「名人戦の大風呂敷はなんだろね」
「お座敷芸とか」
「ハイチャクは?」
「封じ手がどうかなと」
「素数組番19とはね」
「19世名人相手に」
「タマ推奨の62玉?」
「元気でないですね」
「寝技で完勝じゃ」
「やはり飛びたいんでしょう」
「初めて封じ手した時のこと覚えとる?」
「王位戦のときでしたから」
「初陣相手がいつも羽生」
「佐藤さんも森内さんもそうですね」
「誰も見てないとこで書く気分は?」
「男の生理みたいなもんかなと」
「理性のコザトヘンなにかね」
「はあ」
「棒にチョンチョン」
「なんですかね」
「右手左手」
「左手から書きますね」
「左肘見て」
「そで押さえて」
「バシッと」
「デンソーさん左手つくらなかったんですね」
「機械は性はいらん」
「ネジにはオスメスあるのに」
「本題は」
「封じ手は先手か後手か」
「どっちがオス」
「先手でしょう」
「96歩か」
「94歩がメスで」
「14歩突いたろ」
「こっちがオスと」
「オスメスにメスオスであとは」
「オスオスにメスメスですかね」
「決定的な相違は」
「子ができるかどうか」
「しかし横歩はつまらんな」
「そう思います」
「康光のように指していただきたい」
「はあ」
「森内のように受ける」
「こころは」
「郷田」
「いやあ」
「次回はない」
「なにか忘れているような」
「雌雄同体ってなに?」
 

幻想対談3 評価値って何?

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年 3月29日(火)03時50分56秒
  「85金?逃すかね」
「桂馬の利きに高い捨て駒ですから」
「よくわからん時は安駒に手が?」
「頭の後ろに手が行くみたいなんですが」
「正解かもしれん」
「評価値外ですかね」
「外から見ると良く見える」
「駒には点数ありますけどなんか違和感ありますね」
「持将棋の点数法が原点だと忘れておるからじゃろ」
「1点おかしいと主張されていますが」
「1点変えると定跡の根本から変わるかもしれんのでね」
「囲碁は」
「なんかね」
「私も嫌いでして」
「なんでチリチリいじっとんのかね」
「癖ですかね」
「まんまで名人戦こられちゃ気分悪い」
「長丁場ですから」
「棋王は負けろって取引した85逃しかね」
「いくら仲良くても口に出して言えませんでしょ」
「サイン送って」
「評価されない部分が人間には多すぎますね」
「元来リサイクル品」
「古代からの」
「父さんも草葉の陰でよろこんどったろ」
「名人戦は生涯最高の戦いでした」
「カッコつきかね」
「いえ素直な気持ちで」
「正直言ってと前ふりする棋士は好かんが素直はいい」
「正直言ってと言う棋士は確かに多いですね」
「森下だけは許せるが若手まで使うといやんなる」
「普段嘘ばかりついてるからでしょうか」
「評価値信じて死んでゆく?」
「死後の評価は知りませんが」
「王将戦は死後の評価値が現世より高値っぽい」
「歴史がある棋戦ですし」
「ハブー来年も来い?」
「あまり煽ると」
「アレ誘われて少しでも減らしたいのかね」
「五輪の日本代表じゃないですか」
「あたまコン?」
「くると薄くなりますから」
「スキあらば寝るって」
「あはい」
「イビキうるさいっていわれない?」
「お隣さんまでには聞こえないでしょうから」
「リサイクルにならんな」
「定跡もリサイクルみたいなもんですかね」
「新品がないんで修繕して使いまわしっきゃない」
「評価値がその度にぬり変えられるわけですが」
「堂々巡りに飽きて昔の定跡に戻るって初恋気分かね」
「昭和レトロっていいじゃないですか」
「古いけど使えるものもってる?」
「頭のほかでしたら親父からもらった盤駒とか」
「譲ってくれ」
「いやこれは思い出の品なんで」
「研究に使うのかね」
「もうしまったきりですが」
「だしたらハウマッチ」
「1円スタートですかね」
「王将戦の優勝賞金ぐらいにはなる」
「でも売りませんし」
「なら評価できん」
「棋譜も?言うほどに評価できますかね」
「谷川ならできんとはっきりいう」
「美的要素で?」
「それも含めて未知数の部分が多すぎてと答える」
「勝負は白黒しかないですよね」
「三角印ないの」
「ありましたか?」
「プリンターだってインクは黒インクとカラーインク分ける」
「あれいやですね」
「もっておるのかね」
「棋譜を印刷しようと思ったんですが黒インクだけでいいはずがカラーインクも減ってるんですよ」
「未来のかみさんあきれとる」
 

幻想対談2 人口知能って何?

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年 3月21日(月)02時26分33秒
  「微妙に食い違っておらん?」
「読み筋にない手が」
「叡王戦ではなんで」
「わざと負けたわけじゃないんですが」
「勝ち筋つくって転ぶギャグかね」
「王将戦があることは多少影響が」
「血の通わんのと罰ゲームでやりたくない」
「それなら最初から出ませんし」
「コン同士の対戦見とる?」
「ちょっと」
「姿ないの見てもつまらんしね」
「本題は難しそうですね」
「姿つけりゃいい」
「和服着せるとか」
「猫のかぶりもんでいい」
「鉄腕アトム?っぽいですね」
「サーカスに売られてプロレスやったろ」
「なんかでかいのがペシャンコに」
「ペチャンコって言わんの」
「はあ」
「ペチャパイって」
「確かに」
「ネコはシャっ」
「怒ったときとか」
「ネコがもてあそぶ虫が人口知能の正体」
「生かさず殺さずですか」
「そのネコ見て飼い主怒ってエサあげんときある?」
「まあかわいいなと」
「でも虫の息で家ん中で卵生みつけたとする」
「不気味ですね」
「そっからが勝負」
「飼い主あわてて」
「家中ゴキだらけ」
「よくあんなんで勝てましたね」
「イモが素直に槍取りゃ」
「フー成らせて飛車取るまで二手ですか」
「稼いだ一手でぺシャンコ」
「ペチャンコ」
「頑固もの」
「だってさっき」
「スリッパで叩くときはぺシャン」
「ぺチャンでは?」
「内臓でて気分悪い」
「なるほど」
「ぺシャンならまんま便所に流せる」
「完璧ですね」
「ノンキャラボクサーが槍便所に流したって」
「それも完璧でした」
「切られ役の最強の弁解は?」
「本題より難解そうな」
「玉も取れ」
 

幻想対談 棋理って何?

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年 3月20日(日)00時40分40秒
  「初防衛おめでと」
「応援していただいたのも初めてでどうも」
「康光との棋聖戦?」
「名人戦もなんか」
「両方は応援できん。でなんなの?」
「棋譜の理屈とか」
「ルーテーズっておったろ」
「生では見たことないんですが」
「プロレスは科学と断言しとった」
「さすが鉄人」
「食事もかみさんの作ったものしか食わん」
「巡業中も?」
「日本に来たときゃかみさんと一緒」
「うらやましいですね」
「塚ぽん娘はどうかね」
「いやあ」
「科学的な食事を作ってくれるかも」
「でも千駄ヶ谷じゃ出前ですかね」
「羽生はどこで食っとんのかね」
「タイトル戦でも手料理はないでしょう」
「棋理も科学も最初からないな」
「ルーテーズ先生には負けます」
「リング上より巡業中の旅日記の方が面白いときない?」
「あ。あるかもしれませんね」
「うどんかそばか。カレーか親子丼か」
「やっぱり興味おありですか」
「食いもんで同化すると棋士と同じ気分を満喫できんの」
「え?あはい。満喫ならたまに」
「棋士は棋理を追求するってほんと?」
「はい」
「客はその姿見て楽しむ」
「姿だけですかね」
「棋理なんて人間に一割もわからんものは追求せん」
「ルーテーズさんも?」
「プロレスのトップは将棋界のトップより科学的。コーヒーも朝一杯しか飲まん」
「ほんとですかね」
「本人が雑誌のインタビューで豪語しとんの」
「リング上のイメージも正統派という感じですものね」
「格調高いなんていわれて肩こらない?」
「まあコーヒーは午後も飲みますけど」
「早囲いやられた気分は」
「最初に自分からやったんでお返しかなと」
「往復ビンタとはね」
「たまたまうまくいきまして」
「もっとビシッと言えんのかね。禁欲して初防衛したって」
「禁欲(笑い)。まあ心構えだけは」
「佐渡に行きたくなかった?」
「金打ちで打診されたんですけどあそこで飛び道具は」
「また海荒れて時間割かれるかもしれんし」
「うーん、船嫌がったような空気も」
「レスラーには海軍出身おって九州なんか船で巡業すると疲れが吹っ飛ぶらしい。へニックなんか海賊の子孫なんで船に乗るとマストに登っちゃう」
「オースチンはソロモン海戦で戦ったそうですね」
「右足のくるぶしに日本軍にやられた傷痕があってね」
「それで日本嫌いだったんですか」
「本当に嫌いじゃ巡業に来ん。毎日やんだから」
「毎日はすごいですね」
「スポニチも」
 

王将5 サド決へ

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年 3月15日(火)22時00分50秒
  初日のうどんそば対決は気分よかった。二日目の昼食はぬるい。王手皆無の凡戦扱いされたらラーメン食いたくなる。郷田2回目の56歩が堂々としているという声色。初回56歩の影でね。だから羽生は回り将棋にクスッと笑って56-56-56の磁気に。羽生の今回の指し回しは最初から多数決否定。全棋士ぶっとんだ四間選択。全棋士ひとめの歩打パス。郷田も切れて関節技の連鎖。骨がポキっと68金。11分も我慢されたら次回なにされっかほんと怖いよ。
この棋譜には見果てぬ夢の痕跡が。羽生が見たことないといった駒組。もし相穴から玉が?抜け出して持模様になったらどうか。羽生が1歩惜しんで打てなかった苦渋の肉片は64歩と尻尾の13。
跳べなかった理由?銀座カンカン娘の係長がね初防衛祈願。25手目96歩が緩手かもと述べたが歩間理論では悪手。荒波越えて
 

王将5初日郷田の57分に羽生四間

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年 3月14日(月)00時00分31秒
  最高の序盤かけ引き。まだキャビア臭いんで角換りと矢倉では郷田に勝てる気しない。横歩は名人戦あるんでストック保管。久保郷田がA陥落したので頂点で四間復権かつイモ牽制。56歩は擬態矢倉牽制だが森内相手じゃないんだからね。羽生は直球で来る流れだろ。だから挑発乗らずに向かい飛車せず素直に久保戻って来いと。郷田は?置いて。将棋でもいろんなガチがあるけれどこれはいきなり熱い。15年前に遡って対四間急戦への思いをまず辿る。羽生の四間穴に郷田の銀カンなんて夢だろと静観してると本当にそうなった。さすがに銀冠穴だと羽生も怒って第二反転からの違法5-3アタックで開戦だが飛車戻した手で逆行順法アタックとなる構図。この手法は森内との名人戦と同じ方向性。郷田はかつてそんなこと露とも感じてなかった。後手が?手損したとぐらいにしか。でも今日のいつにない妖気は羽生が第三奇偶反転で3rdアタックを成立させたことに感じ入ってる様子を伺わせる。ライブの醍醐味というのかね。郷田の顔見て気になるのは髭剃りで顎下がかみそり負けしてること。それでも電気きらいなんだね。56歩なんて相当な頑固者。これを待ってる57分で郷田がますます好きになる。いつもの56分じゃないんだよ。歩の初期値に敬意を感じる。でこの1分が祟って劇的な八相の尻尾を予感。
さておやつのアーで思い出したんだがイオの離婚ね。世界ランキングベスト8にも入らない棋士が日本じゃ頂点扱いなんておかしいだろ。歴代最高峰の美女が戻って嬉しい。妖艶って言葉は離婚後の彼女のためにあるようなもん。羽生郷田は妖しいけどアレほどの艶はないな。これからつくの楽しみなんだが。
 

王将1 郷田の49分

 投稿者:マシュダ一家  投稿日:2016年 1月12日(火)11時07分29秒
  一年羽生が見せた奇想天外な王将リーグの総決算に郷田最強の迎撃。王将戦がある限り日本の未来は明るい。そんな年明け。叡王戦では圧力に屈し勝ち将棋を譲ったが初戦でこれだけのものを見せるならすべて許される。この将棋をもって郷田の四天王入り決定。ゴーダ病呼ばわりしてから何年?あの時の女子大生は今頃係長かね。王将防衛したら幻想対談の四番手は郷田。何を話すか。まずプロレスだな。カール・ゴッチとAtGの幻の対戦。当家は?リアルで一回見たきり。でずっと探してるんだがないんだよ。あの収録が。死ぬ前にまた見たいのはアレ。できれば郷田と見たい。プロレスなんて八百長だろって馬鹿にしちゃいけないよ。ああいう芸見て感動できるといろんなことわかる。将棋でも相撲でも本気でやると人間死んじゃうくらいのもんだがどんな芸でぎりぎり命をつなぐか。で郷田は初代叡王捨てて王将に最後の命を張ってきた。昨年の10月11月の郷田は神がかりだった。こういうクライマックスだったんだね。
羽生相手に早囲いなら当然名人の顔で咎めにくる。郷田渾身の88玉に3-3アタックで波乱の初日。78飛に15分。この形で勝てる将棋は当家も羽生も知らない。森内や行方を思い出しながら羽生に邪念が入った証拠が31玉の38分。名人戦並みに本気で殺しにかかったら俺の命も危ないと危惧して偶数分に。郷田の葛藤は当家と同じ。羽生の右桂が急所に来たのに俺も右桂使わなきゃ勝負にできないと。49分の37桂で同期。7XⅦ=49&49-38=11。49+11=60。計算尺やソロバンはいじってるだけで楽しいが将棋の棋譜にはさらに時間が記録されるので式盤としては最高。15X2の30分で75歩と65歩が指され78飛ともどもこれが偶数分思考の郷田本来の姿だがあの49分は全部その姿が見える。生中継ないんだが棋譜でそれを感じるんだね。7番見たい。羽生も喜んでたからいっそう嬉しい。王将戦は気分最高。各棋戦は新棋戦を目の敵にしちゃいけないよ。王将戦がいかに貴重で大切に育てられたかいっそう実感できるのはそういうわけだったんだ。
 

レンタル掲示板
/32