管理者様へteacup.から重要なお知らせがあります。管理画面よりご確認下さい。

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


総LED化完了しました♪

 投稿者:◇シェフ◇  投稿日:2015年10月 9日(金)08時40分42秒
編集済
  ゲストルームはシーリングタイプに、
パブリックスペースは電球タイプに変更しました。
太陽光の届かない2F廊下の中央部分3個のみ白色にして、
他全ては温かみのある電球色で統一しました。
LED電球は進化して、見た目は従来の電球そのものです。

発熱量消費電力を抑えたLED照明で、
わずかながらも地球温暖化抑止にもなるかな?と想っております。

 

館内総LED化へ!

 投稿者:◇シェフ◇  投稿日:2015年 9月18日(金)09時42分49秒
編集済
  オープン当初よりずっと、
明かりを灯してくれていた照明器具にお疲れさまの想いを告げつつ、
ただ今省電力で発熱量の少ないLED照明に変更しています。

照明器具ごと変更するゲストルームは順次導入変更予定ですが、
電球型はLED球に、蛍光灯型のものは安定期&グローカットのバイパス配線にて、
レストランホール、エントランス、厨房、プライベート部分は順次変更中です。

明るさは従来の電球や蛍光灯よりもむしろ明るく、
特にゲストルームに導入中のLEDシーリング照明は付加機能も凄いです!
明るさと色温度がそれぞれ10段階で調整可能で、
「読書」「食事」「くつろぎ」モードに、るすばん機能等々まで装備しています。

暖色にするとレトロなムードに、白色にすると爽やかな雰囲気になります。
チェックインされましたら、お好みの明かりに調整してください。
シルバーウィーク明けには、館内総LED化が完了予定です。

 

青い空が

 投稿者:◇シェフ◇  投稿日:2015年 9月 5日(土)10時19分13秒
編集済
  とても久しぶりで、、、懐かしく、眩しく感じます。

高冷地で純白の百合がようやく開花しました♪

春よりも一回り小さな薔薇が懸命に咲いています♪

先月末よりピンクの真紅の百日紅が満開です♪

連日のお湿りで雑草(昭和天皇に怒られますね)たちが伸び放題です。
それでも?うっすら緑の絨毯を、近日中には草刈正雄しなければ(^_^.)

http://psycross.com/blog/?p=3519

 

衣替え

 投稿者:◇シェフ◇  投稿日:2015年 8月26日(水)08時42分36秒
編集済
  今朝の清里の気温は13℃でした。
今シーズン初めて、ホールのエアコンの「暖房」ボタンを押しました。
半袖のコックコートから長袖のコートへ!で、、、季節の移ろいを体感します。

週末にはまた暑さが戻るとの予報ですが、
こまめに服装を変えて、体調管理に留意しましょう♪

 

別荘生活?満喫ちう?

 投稿者:◇シェフ◇  投稿日:2015年 8月23日(日)10時17分20秒
編集済
  気が付けば8月も後半です。
連日多くのお客様をお迎えしての、サウナのような厨房での格闘で、
オフの間に緩んだお腹も顏も引き締まり?、数キロの減量?に成功しました(^_^)v

先週からヒートが始まった「きゅう」ですが、
犬舎が騒々しくなるので厨房勝手口で寝起きをしています。

元々あまり犬好きではなく、人間大好きなきゅうですから、
それは目がキラキラ輝いて、まるで別犬のような姿を見せてくれています。
毎夕方には、せわしなく駆け回る私たちを不思議そうな顔で見ています。
時折名前を呼ぶと?尻尾全開ブンブン♪ですヽ(^。^)ノ

きゅうのヒートが終わる頃には、清里に秋の足音が聞こえ始めます。

 

オリーブオイル

 投稿者:◇シェフ◇  投稿日:2015年 8月 3日(月)08時46分35秒
編集済
  日本列島は連日猛暑の中にありますね(*^。^*)
避暑地清里でも日中は、温度計読みで30℃近くにまで気温が上がっています。
北海道と本州の標高が高い地域にしか生息していないエゾゼミの声も、
今年は「毎日暑い~」と言っているように聞こえます。
それでも朝晩は窓を開けたまま寝てしまうと、
風邪をひいてしまいそうなくらいの心地良い涼風が吹いています。


さて、当宿厨房では、
1865年創業のベルトーリ社のEXTRA VERGINE OLIVE OILを使用しています。
業務用限定サイズの2Lボトルで、心置きなく?がっつり使えます。

ムニエル等の加熱調理、自家製ドレッシングはもちろん、
揚げ物にも、コレステロールゼロのキャノーラ油とブレンドして使用しています。

オリーブオイルは美味しいだけでなく、健康に良いオイルとしても知られています。
バターやマーガリン、その他の油脂に比べて、不飽和脂肪酸がより多く含まれています。
不飽和脂肪酸は体内の悪玉コレステロールを下げる働きがあるとされています。
また、オリーブオイルには細胞の老化を防ぐ天然の抗酸化物質が含まれています。
(ベルトーリ社のHPより)

心と体に優しいフレンチを、お楽しみ頂ければ幸いです。

http://www.bertolli.asia/jp/

 

スズムシお譲りします♪

 投稿者:◇シェフ◇  投稿日:2015年 7月30日(木)09時34分57秒
編集済
  山梨生まれのスズムシをお分けします。

山梨のブドウ園の友人から数年前に分けて貰ったスズムシが昨年も産卵して、
今年は6月初旬に大群で孵化し、現在は8月下旬頃には鳴きだす大きさまで育っています。
毎年我が家は秋の夜長に、心地良い音色に包まれます。
今年はこのまま飼育したら、大合唱で寝不足になりそうなくらいのスズ密度?ですw

スズムシご希望のお客様は飼育ケースご持参でお出掛けください。
雌雄無選別で約30匹~をお入れいたします。
チェックイン時にケースをお預け頂ければ、お帰りの際にお渡し致します。

どうぞご遠慮なくお申し付けくださいませ。

https://www.jataff.jp/konchu/breeding/2_1.html

 

マナー看板!パート②です♪

 投稿者:◇シェフ◇  投稿日:2015年 7月28日(火)15時12分14秒
編集済
  ,
先月の清泉寮本館前牧草地に続きまして、
昨日は標高1700Mの天空のドッグランがあるハイランドパークと、

美しの森:遊歩道登り口付近に、
新たに清里わんネットマナー看板を設置してきました。

美しの森では予想以上に石がたくさん出てきて、穴掘り作業は苦戦しましたが、
無事に設置完了して、お向かいのPバーニーズのオーナーさんとパチリ!
いつも笑顔の、美しの森売店の植松さんにシャッターをお願いしました。

ハイランドパークは愛犬家の皆様の目に留まりやすい場所に、
現地スタッフの方が設置してださるとのことで、看板をお預けしてきました。

画像の美しの森は標高1500M越えで、空が雲がとても近いです。
暑い夏でも高原は爽やかな風が吹いています♪

今年の夏もご家族皆様&愛犬と!愛犬天国♪清里高原で、
素敵な想い出をたくさん作って欲しいと、清里わんネットは願っています。

http://www.kiyosato-wannet.com/

 

ワンコ連れでなくても

 投稿者:◇シェフ◇  投稿日:2015年 7月26日(日)09時43分20秒
編集済
  もちろん!ご宿泊頂けます(^_^)v

毎年秋に東京のミニバスチームが数チーム、清里高原にお越しになられます。
清里ミニバスは児童数の減少で、2年前に30年の活動に終止符を打ちましたが、
今秋で9年目を迎える親善大会は今も継続しています。
3年前から秋の大会にご参加頂いている杉並区の荻窪小ミニバスチームが、
今年は2泊3日の合宿&親善試合に夏も来てくれました。
涼しい風が吹く清里小の体育館で、昨日は地元チームと対戦しました。

グレイハウンドの看板猫ちゃちゃが女子たちに大人気で、
3日間いっぱい撫でてもらって嬉しそうでした。

荻小のバスケ少年少女たちが、ミニバスから中バス高バス、そして大人になっても、
ずっとずっとバスケ大好きでいてくれたら嬉しいです。

今日は中三になる娘の最後の県大会です。
負ければ引退!なのですが、初戦を勝てばシード校と当たります。
中バスライフの集大成を、仲間たちと思い切り楽しんできて欲しいと思います。

※荻小ミニバスさんより画像UPの許可を戴きました。

 

生まれたての♪

 投稿者:◇シェフ◇  投稿日:2015年 7月22日(水)09時54分9秒
編集済
  清里も夏空が広がっています。
標高が高く空が近い分、陽射しは強いのですが、
木陰に入るとヒンヤリ♪するところが、避暑地の高原の夏ならではです。

梅雨が明けて天候が安定して、
昨日は下草狩りに花柄摘みに、軽めの剪定、追肥を施しました。
一年で高原が一番賑わうシーズン前にお世話を完了し一安心です。

本当は黄色やオレンジ、明るめの赤系が好きなのですが、
気が付けばGHの薔薇は、一番丈夫で強健と言われるピンク系が多く残りました。
ということで、、、今期は真紅の一品を入手してみました。

フランス語で「炎」「火」を意味する、その名もフラム(Flamme)
100年近い歴史を持つ薔薇専門のナーセリー:オラール社の新作で、
2年前の2013年にフランスで発表された、生まれたての情熱の?赤い薔薇です。

真紅系の薔薇は無香か微香がほとんどなのですが、
このフラムは強いフルーツの香りを携えた新作だそうです。
新芽は画像奥のレッドロビンに勝るほどの真紅で、今からその花色を期待させます。

GHの薔薇は建物の東側にあり、そのほとんどが午前中のみしか太陽光が当たりません。
フラムは樹高1M未満とコンパクトな品種で鉢植え向きで、
耐陰性は☆一個と、陽当たりを好む品種とのことですので、
水やり頻度が低くて済むよう先ずは10号鉢に鉢増しを済ませて、
今年は移動可能な鉢植えで管理してみようと思います。

標高1200Mの高冷地に、フランス生まれの炎の薔薇は根着いてくれるでしょうか?
放浪する薔薇?は、秋まで摘心(ピンチ)をして、株の充実を図りますOK

http://www.pvj-inc.jp/Orard%20about.html

 

/65