teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


、『万葉集』はいわゆる万葉仮名を駆 使して書いた日本語である。

 投稿者:憂い  投稿日:2018年 2月18日(日)08時16分29秒
返信・引用
  ヘブライ語で(神々の門)が「バブ・イリ」。 イルとイリ 大きな違いがあります。
秦野北斗http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/mobile/index/detail/comm_id/765/?fontsize=5&reverse=0&TEACUPRBBS=02b5381024cd398b2fe29893ab7b715a

「イリ(「日」の朝鮮漢字音il)+ヒ(朝鮮語の日haeあるいは日本語の日「ヒ」)+ 子、「タリ(朝鮮語の足tari)+アシ(日本語の「足」)
文選読みの話http://ocra.sakura.ne.jp/049.html
古代日本語を 復元し解読するためには、古代の中国語音に基づくばかりでなく、朝鮮半島における漢字による書記法の発達をも考慮に入れなければならない。古代日本語の書 記者、史(ふひと)は朝鮮半島の出身者であり、朝鮮半島における漢字の用法を日本語の表記に応用した蓋然性が高いからである。

崇神天皇(すじんてんのう、開化天皇10年 - 崇神天皇68年12月5日)は、『古事記』『日本書紀』に記される第10代天皇(在位:崇神天皇元年1月13日 - 同68年12月5日)。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B4%87%E7%A5%9E%E5%A4%A9%E7%9A%87
和風諡号は『日本書紀』では御間城入彦五十瓊殖天皇(みまきいりびこいにえのすめらのみこと)。四道将軍を派遣して支配領域を広げ、課税を始めて国家体制を整えたことから御肇國天皇(はつくにしらすすめらのみこと)と称えられる。『古事記』では御真木入日子印恵命(みまきいりひこいにえのみこと)。
記紀に伝えられる事績の史実性、先帝達と繋がる系譜記事等には疑問もあるものの、3世紀から4世紀初めにかけて実在した大王と捉える見方が少なくない。初代神武天皇とそれに次ぐ欠史八代の天皇達の実在性が希薄であることから、この崇神天皇をヤマト王権の初の天皇と考える説が存在し、また記紀に記された事績の類似と諡号の共通性(後述)から、神武天皇と同一人物とする説もある。井上光貞は御名に後世的な作為が窺えず、欠史八代と違って旧辞も備わっていることから、崇神を実在の可能性のある最初の天皇としている[1]。
ただし、井上は崇神に次ぐ系譜と15代応神天皇以降の系譜との繋がりには懐疑的であり、直木孝次郎も同様の理由から応神以前に大和地方に存在した別王朝の首長と考えており[2]、このように後代の天皇達との連続性を疑う「王朝交替説」も存在する。一方で神武と欠史八代の実在を支持する立場からは、『日本書紀』の記述では神武の即位後しばらくは畿内周辺の狭い領域の記述しか出てこず崇神の代になって初めて他地方にまで渡る記述が出てくること(四道将軍の派遣など)から、神武から9代開化天皇までは畿内にしか力の及ばなかったヤマト王権が、崇神の代になって初めて全国規模の政権になったと考える説もある。

崇神の和風諡号の「ミマキイリヒコ」と次の垂仁天皇の和風諡号の「イクメイリヒコ」は、共に「イリヒコ」が共通している。「イリヒコ」・「イリヒメ」は当時の大王・王族名に現れる特定呼称である。「イリ」が後世の創作とは考えにくいことから、これらの大王・王族は実在した可能性が高く、崇神天皇を始祖とする「イリ王朝」「三輪王朝」説なども提唱されている。崇神・垂仁の二帝の名は和風諡号ではなく実名(諱)をそのまま記紀に記載した、とする説も存在する

弥生時代の世界の様子http://www.yoshinogari.jp/ym/episode01/jyousei04.html
西アジアではペルシャ帝国が滅びる頃が弥生時代の開始時期にあたり、パルチア王国を経て、弥生時代から古墳時代に移る頃ササン朝ペルシャが大帝国を築きました。紀元0年頃には、ベツルヘム(現在のイスラエル)でキリストが誕生します。
エジプトは弥生時代がはじまる紀元前300年頃、アレキサンドロス大王に征服され(紀元前332年)、アレキサンドリアを中心にヘレニズム文化の最盛期を迎えます。紀元前30年にはプトレマイオス朝のエジプトがローマ帝国に滅ぼされ、ローマの将軍アントニウスとともに戦ったクレオパトラが自殺、以後、エジプトはローマの属国となります。
ヨーロッパ大陸ではローマが次第に力を増し、一大帝国を築いていく時代にあたります。弥生時代がはじまる頃の紀元前264年、第一次ポエニ戦争に勝利したローマはその後、勢力を拡大し、クレオパトラとアントニウスを破ったオクタビアヌスがアウグストゥスの名で初代皇帝に就任し共和制から帝政に移行、ヨーロッパから西アジアにまたがる大帝国を築きました。弥生時代が終わり古墳時代が始まる頃にあたる紀元313年、コンスタンチヌス帝がキリスト教を承認、キリスト教がローマの国教となります。その後、395年にローマ帝国は東と西に分裂します。弥生時代600年はまさに、ローマが台頭、拡大、衰退し、キリスト教が迫害されながら徐々にその力を浸透させ、ついにヨーロッパでゆるぎない地位を占めていく時代に重なります。ヨーロッパもまた、大きな変化を遂げた時代でした

プトレマイオス朝は、古代エジプトのヘレニズム国家の一つ(紀元前306年 - 紀元前30 年)。アレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)の死後、部下であったプトレマイオス( マケドニア出身のマケドニア人)が創始した。首都はアレクサンドリアに置かれた。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%B9%E6%9C%9D

地理座標系を初めて用いた
ヒッパルコス(Hipparchus、ギリシャ語綴り ?ππαρχος、紀元前190年ごろ - 紀元前120年ごろ)は、古代ギリシアの天文学者。現代にすべてつながる46星座を決定した。 著書が現存せず、どのような説を唱えたのかははっきりしない。トレミーの48星座とかみのけ座の合わせて49星座を決定したのもヒッパルコスだと言われるが、はっきりと分かっている業績は、46星座の決定のみである。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%B9
主な業績[ソースを編集]
恒星を1等星から6等星までの6段階に分けた。これは若干形を変え、視等級として現代でも使われている。
三角法による測量を行った。
歳差による春分点移動を発見した。
メトン周期の改良。
アンティキティラ島の機械はヒッパルコスの理論に基づいているとされる(あるいはヒッパルコス自身がこの装置を発明したのかもしれない)。天体観測機器のアストロラーベも発明したとみられる。
 
 

土左、佐度

 投稿者:山田  投稿日:2018年 2月14日(水)02時51分16秒
返信・引用
  土左の國は建依別(たけよりわけ)と謂う。

・・
次に佐度の嶋を生む。 次に大倭豐秋津嶋(おおやまととよあきつしま)を生む。 またの名を天御虚空豐秋津根別(あめのみそらとよあきつねわけ)と謂う。


国生み神話では、佐度の嶋の次が大倭豐秋津嶋。


荒海や佐渡によこたふ天河

この佐渡は、佐土、佐度とも。

土佐⇔佐土

この佐土は、→佐士なら、佐士布都神 →高倉下の横刀

記伝 「凡て横刀と書る、皆ただ刀なり。横字に心を著べからず。」とあるも、そんなことはない。この「横」こそ光。

・・

あらうみや あらの  →曠野


 これはこれはとばかり花の芳野山
 

鹿鹿鹿・・・666?麁  ユダヤ人の喪服(悲嘆や悔悟を現す時に着た)「はし(端)+おる(折)」

 投稿者:憂い  投稿日:2018年 1月28日(日)13時00分5秒
返信・引用
  亞 8角形の画像https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E4%BA%9E+%EF%BC%98%E8%A7%92%E5%BD%A2#mode%3Ddetail%26index%3D110%26st%3D4344

8角形 地図の画像https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%EF%BC%98%E8%A7%92%E5%BD%A2++%E5%9C%B0%E5%9B%B3

「アララー」 「われ上り往かん」・・・?

往 オウ・ゆく  彳部 http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/331ea57e592b7409f9ccd9ab2ae72a6d
意味 (1)ゆく(往く)。すすむ。⇔復。「往診オウシン」「往路オウロ」「往復オウフク」「往来オウライ」(①往き来する。往き来の道。②手紙のやりとり)(2)ゆき過ぎる。いにしえ。「往時オウジ」「往古オウコ」

あらい
【物部麁鹿火】( もののべのあらかひ) 日本書紀に記述が見られる継体天皇の頃の豪族。生年は不明、 没年は535年。 大和朝廷で大連(おおむらじ)という役職にあたっていた。 527年には、 筑紫国造磐井(つくしのくにのみやつこいわい)を征討する将軍に任ぜられ、 磐井の大和 朝廷に対する反乱を平定した。(磐井の乱) なお、古事記では物部荒甲と表記されている 。 http://fleshwords.web.fc2.com/dt/dt066.htm
「あらい、うとい」

うといの言い換えや別の言い方。・意義素類語詳しくは知らないさま疎い ・ 不案内 ・ よく 知らない ・ 詳しくない https://thesaurus.weblio.jp/content/%E3%81%86%E3%81%A8%E3%81%84

荒目の織り目
疎」 白川静『常用字解』 「形声。もとの字は疏に作り、音符は疋しょ。疋はAしょ(とおる) で、爻は荒目の織り目である。疏はAの爻に代えて、梳(くしけずる、くし)の?を加えた形 である。荒い織り目を通ることから“とおる”の意味となる。疎は音符は疋で、もと疏の俗字 。結束のゆるやかなことをいう ... 疏は梳よりも古い字で、梳が疏を利用したものである(『 説文解字』に「梳は疏の省声」とある)。また肝心の疋からでは ... 疎は「疋ショ(音・ イメージ記号)+束(イメージ補助記号)」と解析する。
疎は隙間が空いて離れているという状況を暗示させる図形である。

疎い者
「とどまる」 ことについて、その重要性をイェシュアは最後の晩餐の時に語 .... そのような生活への 招きが「聖餐」ごとになされているとするならば、何と私たちは疎い者かと思わされます。
「とどまる」(新共同訳は「つながる」と訳しています)と訳された「メノー」http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E3%81%A8%E3%81%A9%E3%81%BE%E3%82%8B

一素人がこだわる日本古代史の謎、 http://www.geocities.jp/yasuko8787/81212.htm

かさなる
重 ジュウ・チョウ・え・おもい・かさねる・かさなる  里部 http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/c389762c6e634eb7148b25ab803b4ffb
解字 金文第一字は「人(ひと)+東(中に荷物が入った袋)」で、人が荷物をいれた袋を背負う形。荷物が重い意となる。金文第二字は人が東の上にきた形。篆文は、さらに下に土がつき人が持つ袋の重みが土にかかる意で、重い意を表す。現代字は形が変わり、千と里がつながった重になった。したがって部首は里になっている。
意味 (1)おもい(重い)。おもさ。「重量ジュウリョウ」 (2)おもおもしい「重厚ジュウコウ」 (3)大切にする。「重用チョウヨウ」 (4)かさなる(重なる)。「重箱ジュウばこ」「八重やえ」
東(中に荷物が入った袋)」
「東トウ」 <つらぬく>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/deac6fb440b434f9a083625d74ebcc48
解字 甲骨文・金文とも筒状の袋の両端を縄でしばった形の象形。袋の中ほどもしばっており甲骨文第二字はタスキがけに結んでいる。この袋は普段は両端が開いている袋で、荷物を入れて運ぶのに使用した。袋に荷物を詰めると両端を結び、人が背負って運んだ。この字形が「重い」という字になる(音符「重ジュウ」を参照)。また、家畜の背に積むときは中ほどに荷物をいれないようにして、背で振り分けた。篆文から木のあいだに日が入った「東」の形に変化した。東は袋の意味で使われることなく、本来の袋は両端が開いていることから「つらぬく」イメージがあり、ひがしの方角から空を突き抜けるように太陽が昇ってくるさまから、「ひがし」の意味に仮借カシャ(当て字)された。
意味 ひがし(東)。「東天トウテン」(東の空)「極東キョクトウ」「関東カントウ」「東遷トウセン」(都などが東へ移動する)「東征トウセイ」(東の敵を征伐する)
東は筒状の袋に荷物を入れ、両端を結んだ形。(「字源網」の東より)(「字源網」の東より)
両端を結んだ形・・・

八重やえ
YHWH H(工=定規が重なる)

八雲(やくも)は、八重に(幾重にも)重なり合った雲である。 日本神話においてスサノオ が詠んだ「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」が日本初の和歌 とされることから、和歌の別名ともされる。 また、上記の歌に因んで「八雲立つ」・「八雲 さす」は出雲にかかる枕詞となっており、八雲は出雲国を象徴する言葉となっている。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E9%9B%B2

八雲町という、標高の高いところに ... 我が郷里の福岡県久留米市も、強大な豪族である「国造くにのみやつこ)」がいて「大社( 高良大社)」があり、日本書記に4世紀から記述があり、6世紀の筑紫国造、磐井の大 ...http://kasega.way-nifty.com/photos/2006izumo/20061122124704_1.html
福岡県久留米市も、強大な豪族である「国造くにのみやつこ)」がいて「大社(高良大社)」があり、日本書記に4世紀から記述があり、6世紀の筑紫国造、磐井の大反乱と、磐井の墓といわれる岩戸山古墳の九州一の巨大さと、その近隣の「石人山古墳」の、独特の巨大な「石人」「石馬」像群の遺跡に象徴される、ヤマト王権の支配が及ばない独自の古代文化を持っていた点では、出雲に負けず劣らずでしたが、筑後の国の国府跡もまたは、随分丘の上(久留米市御井町)にあるんですよね。そして「○島」という地名がむやみに多い。

(?~535) 武烈・継体・安閑・宣化天皇の大連おおむらじ。筑紫国造磐井いわいの反乱を鎮圧した。
物部麁鹿火. 没年:宣化1.7(536) 生年:生年不詳 5世紀末から6世紀初 にかけての政治家,武将。名は荒甲とも書く。『先代旧事本紀』に引用される『天孫本紀』 によれば,饒速日命14世孫で麻佐良大連の子という。https://kotobank.jp/word/%E7%89%A9%E9%83%A8%E9%BA%81%E9%B9%BF%E7%81%AB-398512
武烈朝から大連となり,大伴金村らと継体天皇の擁立をはかり,以後,継体・安閑・宣化朝の大連。512年の大伴金村の任那四県割譲の際,難波での百済使への宣勅使に任じられたが病と称して辞任した。527年,筑紫国造磐井(いわい)が新羅遠征軍の行く手を阻んで軍を起こすと(磐井の乱),大伴金村の推挙により磐井征討の将となり,翌年筑紫御井で磐井を斬り,乱を鎮圧した。
麻佐良大連
麻佐良 【先代旧事本紀】( まさら). 性別: 男性; 生年月日: ( ~ 武烈天皇元年3月2日); 没年月日: (武烈天皇元年3 月2日 ~ ); 父. 物部木蓮子 ( もののべのいたび ) 【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】. 母. 黒媛 ( くろひめ ) 【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】. 先祖. 物部木蓮子 ? 物部布都 久留 ? 物部伊莒弗; unknown. 太姫 ? 依羅柴垣 ? 黒媛. 配偶者. 妹古 ( いもこ )http://www.sen2.net/contents/history/rekichi/35442845/%E7%89%A9%E9%83%A8%E9%BA%BB%E4%BD%90%E8%89%AF

物部
藤原氏が日本において権勢を振るうようになる以前には、藤原氏よりも先に日本に 到着していたユダヤ人のグループがおり、それが物部(もののべ)氏や蘇我氏だったの です。物部氏が神道を ... 物部氏は、「神道があるから仏教を積極的に導入する必要は ない」と主張しましたが、蘇我氏はこれに対抗し、結局、物部氏を滅ぼした蘇我氏 によって、仏教が国家宗教として導入されることになりました。けれども特に皇室の ... 徳島には今でも三木家という、麻を天皇家に納めている家があります。
かつて古代の日本に中東からユダヤ人の集団が渡来したhttp://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-058b.html

麁 あらい
粗/麁の用語解説 - [名・形動]1 あらいこと。雑なこと。大まかなこと 。また、そのさま。「表面の―なる物体に」〈寅彦・ルクレチウスと科学〉2 粗末なこと。また 、そのさま。「只管(ひたすら)服https://kotobank.jp/word/%E7%B2%97-551584

ケン'アル アラ'ア , アファ'アル アラ'ア,
イエスの話した言語http://www.syrian.jp/002-1-1.htm
地にあっても

「ラ」
母音を足して 合作する方法ですが、「ク」、「ケ」、「ソ」、「ル」のように左側に足す方法や、「セ」のように 右に足す方法、「シ」、「チ」、「ミ」や「ラ」のように上部に足す方法、「ニ」や「ユ」のように 子音を横にして下部に足す方法、「ホ」のように文字の中心を上下に母音を交差させる 方法、「ヌ」や「メ」のように斜めに交差して足す方法、「オ」のように斜めに母音を足す 方法が ...
古ヘブライ文字とアラム文字をルーツに片仮名は草案されたか!http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=188

アッラ エッサッサーは日本人では意味わかりませんが、ヘブライ語がわかる人なら意味のある 言葉になるらしいです。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/3228050.html

「アラ」=「アララー」 であり、 「われ上り往かん」 というヘブライ語だ。http://www.sun-inet.or.jp/usr/hiro7733/public_html/minyo/minyo_YAGYOU_LABEL.html

安来節. 「アララー」 「われ上り往かん」 腰をはしょって出て行く身振りは、出エジプトの時 、腰をはしょつて、カナン征服に上った時 を思わしめる。「エッサーサー」「われは掃討 せん逆う者を」。東北民謡「ナギアド・ヤラ」と同 語を用いている。出エジプト当時の古歌 であり得る。それにまもなく起こった「紅海の歌」「ヤー サホー」( H・HSWHW)、「 エホバ、沈めたまえり、彼を」が付加せられている。 http://www.geocities.co.jp/Outdoors-River/7540/h47.html

はしょるの意味・由来・語源 「はし(端)+おる(折)」が音変化して「はしょる」となったもの 。もともとは、歩きやすいように、あるいは雨に濡れないように、着物の裾を折って上に 持ち上げ帯にはさむ動作のことをいったが、折って短くするということから、「簡単にする、 省略する」の意が生じた。
はしょるhttp://zokugo-dict.com/26ha/hasyoru.htm

hayahというのは、ヘブライ語 は大変大ざっぱな網の目の粗い言葉ですから、英語でいうとbe動詞もbecomeも表せ ます。

sakkos {sak'-kos} 名詞 . 1)やぎの毛で織った黒色の粗布 2)荒布、荒布の衣 3)粗末な毛織物 4)粗い毛織の 布地でつくっ. た袋 5)ユダヤ人の喪服(悲嘆や悔悟を現す時に着た)http://smallvoice.la.coocan.jp/id-6/18-sigma.pdf#search=%27%E7%B2%97%E3%81%84++%E3%83%98%E3%83%96%E3%83%AB%E8%AA%9E%27

「はし(端)+おる(折)」・・・
亞(墓室か祭壇を上 から見た形※)の中に 醜(鬼が酒つぼを手にしている図という) ※白川静は「亞」の字は 、正方形の墓室の四隅をくり取った形であるとし、四隅をくり取るのはそこに悪霊が潜む 恐れがあるからであろうという。
https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E4%BA%9E%EF%BC%88%E5%A2%93%E5%AE%A4%E3%81%8B%E7%A5%AD%E5%A3%87%E3%82%92%E4%B8%8A+%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%9F%E5%BD%A2#mode%3Ddetail%26index%3D23%26st%3D828

端のピースとは、角が2面が平らだったのに対して、1面が 平らのピースです。 ジグソーパズル. こんな1面だけ凸凹がないピースです。色分けし ながら、ピースを箱などに分けていきますが、①と②のピースはパネルの上に置いて しまって良いです。 ③枠を完成させる. 仕分けが終わったら、パネルの上に出ている枠と なる周りのピースを作ります。枠となるピースは数は少ないですし、簡単に作る事が できると思います ...http://kotu.ジグソーパズル趣味.net/

両端
東は筒状の袋に荷物を入れ、両端を結んだ形。(「字源網」の東より)http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/deac6fb440b434f9a083625d74ebcc48
つらぬく
棟 トウ・むね・むな  木部
解字 「木(き)+東(つらぬく)」の会意形声。屋根の最も高い所をつらぬいて通る木。
意味 (1)むね(棟)。むなぎ(棟木)。屋根の最も高い水平部分。また、その部分の木。「棟上(むねあ)げ」「棟瓦むねがわら・むながわら」「棟幹トウカン」(棟に使う太い木。すぐれた才能)(2)かしら。「棟梁トウリョウ」(棟むねと梁はり。集団のささえとなる統率者)

荷物を入れたふくろ
陳 チン・のべる・つらねる・ひねる  阝部
解字 金文は、「阝(神が降りるはしご)+土(つち)+東(ふくろ)」の会意。「阝+土」は梯子から神が降り立つ地、そこに東(ふくろ)がついた陳は、神が降り立つ地の前に袋の中の供物をつらね、神に願い事をのべること。つらねる意と、のべる意になる。篆文と現代字は土が省略された陳となる。また、供物を長いあいだ供えて置くと、古くなり陳腐の意となる。
意味 (1)ならべる。つらねる(陳ねる)。「陳列チンレツ」「出陳シュッチン」(2)のべる(陳べる)。申し立てる。「陳述チンジュツ」「陳情チンジョウ」(3)ふるい。ひねる(陳ねる)。「陳腐チンプ」(古くて腐る。ふるくさい)「陳皮チンピ」(ミカンの皮を乾かした生薬。(ミカンの)皮が古い意)

(陳べる)。申し立てる。
https://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-snvaio&p=%E7%94%B3%E3%80%80%E3%81%A4%E3%82%89%E3%81%AC%E3%81%8F%E3%80%80%E8%A7%A3%E5%AD%97&ei=UTF-8
稲光から伸びる意味がある。十二支に用いるのは仮借である。 〔説文〕に「?(キョク)に 從ひ、自ら持するなり。吏は餔時(ホジ)を以て事を聽く。旦(あした)の政を申(の)ぶる なり」とある。 音訓: 音読みはシン(漢音、呉音)、訓読みは、もうす、かみ、のびる、さる。

【?】(串)口3+11=総画数14 U+20077 [サン、セン/] 【?】[口中2串4?] ①肉を焼くため ...... ①未詳、「【?文解字注(段玉裁)】?此古文上」、”?”(”上”)と同字としたものであろう が、字形は一画目がやや長く、むしろ”?”(”下”)に近い ..... ①二つの隣り合った田. 【?】( 申)田5+5=総画数10 U+24C53 [シン/さる、もう・す] 【申????】[田申2?] ①さる、 十二支の九番目{十二支}、時刻では午後四時を中心に前後一時間、方角では西南西、 動物ではサル(猿)を当てる②(一般に上位者に対して)述べる、説明する③広げ伸(の) ばす.
同じ字形が繰り返されてできる漢字
【?】(東)木4+12=総画数16 U+3BE5 [ソウ、ゾウ/] [日田木東2?]
①太陽或いは天体が一周する
?】(申)田5+4=総画数9 U+24C36 [シン/さる、もう・す] 【申????】[日曰I|丨田申2?]
①さる、十二支の九番目{十二支}、時刻では午後四時を中心に前後一時間、方角では西南西、動物ではサル(猿)を当てる
②(一般に上位者に対して)述べる、説明する
③広げ伸(の)ばす
【?】(田)田5+5=総画数10 U+7555 [キョウ、コウ/] [田2?]
①二つの隣り合った田
【?】(申)田5+5=総画数10 U+24C53 [シン/さる、もう・す] 【申????】[田申2?]
①さる、十二支の九番目{十二支}、時刻では午後四時を中心に前後一時間、方角では西南西、動物ではサル(猿)を当てる
②(一般に上位者に対して)述べる、説明する
③広げ伸(の)ばす

【麤】(鹿)鹿11+22=総画数33 U+9EA4 [ソ、ス/] 【?麁麄?】[广コヒ七?匕2比鹿3麤]
①ばらばらなさま、大雑把(おおざっぱ)なさま
②粗い、粗雑な
③行く、出掛ける
 

新天皇即位 大嘗祭の織布

 投稿者:かぐ山のはなこ  投稿日:2018年 1月28日(日)01時07分16秒
返信・引用
  ・・皇太子さまが即位される日が2019年5月1日に決まった。同年11月に行われる見通しの「大嘗祭(だいじょうさい)」には、さまざまな調度品が全国から集められる。とりわけ重要な調度品とされる2種の織物は、古来、徳島県と愛知県東部から調達されてきた。

徳島県で作られるのは麻布の「麁服(あらたえ)」。古代豪族の忌部(いんべ)氏が調達を担当した

 山間部に位置する木屋平は「西日が差さない」「風雨が強く当たらない」など良質の大麻が育つ条件がそろっている。

作業は大麻の畑を作るために杉を伐採して約20アールの更地を作ることから開始。大麻は法律で譲渡や所持が禁じられているため、県の許可を得て4月に種をまいた。

https://mainichi.jp/articles/20171209/k00/00m/040/082000c

・・

「麁服(あらたえ)」は、天皇が即位する時に神事で着る「大麻の服」のように思われがちですが、実際は巻物のように長い一枚の大麻の織物であります。

http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51942188.html

・・

春すぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山
 

・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2018年 1月 6日(土)02時14分39秒
返信・引用 編集済
  潛龍勿用、陽在下也。
見龍在田、德施普也。

・・

秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ


なんといっても天智がPuzzle!


「・・古人の幽玄体と取り置けるは、心を最要にせし哉。世の常の好士の心得たるは、姿・言葉の優ばみたる也。心の艶なるには、入り難き道なり。人も姿を刷ろへるは諸人の事也。心を修めぬるは一人なるべしと也。」

心敬「ささめごと」に説く幽玄体、古人の例として天智天皇の歌をあげる。

秋の田のかり穂の庵のとまをあらみわが衣手は露にぬれつつ

・・この歌実際天智が詠んだものか甚だ疑問だが、「わが衣手」のわが=天智のとすると、天皇の心の機微のみえる秀歌ととれる。天智の心が読める。心敬は歌学の講義をしてるだけで、天智が誰であるかなどはどうでもよい。わが→倭がと聞こえるが、それにしても天智の自詠か否か、疑問。

露 →鹿の血

・・


これは、天智の大嘗祭の記憶に関わる何か
 

カモ(鴨・賀茂・加茂)

 投稿者:憂い  投稿日:2017年12月27日(水)19時59分3秒
返信・引用
  カモ(鴨・賀茂・加茂)
浅香山(あさかやま)は日本相撲協会の年寄名跡のひとつである。現在は魁皇(元大関・ 友綱部屋)が襲名している。
初代 浅香山市郎右エ門https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%85%E9%A6%99%E5%B1%B1_(%E7%9B%B8%E6%92%B2)

「浅香山」の地名。南北朝時代に南朝 方の武将・浅香右近将監宗勝がこの地に築城したことから周辺の丘陵地を浅香山と 呼ぶようになったと伝えられています。http://www.nankai.co.jp/traffic/station/asakayama.html

古代から連綿と受け継ぐ伝統的な金属 加工の街が産み出した「堺刃物」を紹介する施設で、体験もできる。

翁の指摘で掘るというのは開口神社の金龍井も似たような伝説なんですが、よくあるんですかねぇ。
浅香って「浅からぬ香り」から来ているのか。
鹿の耳からモズが出てきたから百舌鳥耳原になったとは書いてるものの、じつは百舌鳥耳原が先にあったからエピソードが作られたんだろうっていうのもあるから逆かもしれんなぁとは思う。
やっぱり大和川もからんでくる
浅香山稲荷神社 http://0419.sub.jp/2014/02/24/asakayamainari/

大己貴命は「鉄穴」の神でしたが、大己貴命という名は製鉄の技術を持った族長が代々 継承した名前だと考えられ、播磨国における大己貴命とその一族は、市川、夢前川( ゆめさきがわ)、揖保川(いぼがわ)、千種川(ちぐさがわ)などの砂鉄を使って鉄を作り、 武器や ... 5月の終わり頃に投稿しました兵庫県立考古博物館の「たたら製鉄再現」に 使用された砂鉄は千種川で採取してきたものだと聞いています。 ... その後、大和川の 治水で排水が進み、湿地帯は無くなって大きく平らな盆地が出現しました。
播磨国と大和国の製鉄 http://enkieden.exblog.jp/19132670/
大国主命は各地の土地の娘と結婚してその地方を勢力下に治めていったといわれます。正妻は素戔嗚の子の須世理姫で、妃は因幡国の八上姫、越国の沼河姫、宗像か出雲の神屋楯姫(かむやたてひめ)、宗像の多紀理姫などです。大国主命の子供は181人と言われますので、妃も全国に多数いたことでしょうが、181人の内の何人が大国主の本当の子なのでしょう。半分ほどではないでしょうか。多くの子は誓約(うけい)や占いにより認知した場合が多いと考えられます。大らかな社会だったようです。高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)には1,500人の子がいましたが、いかに超能力のマレビトにしても1,500人は不可能だと思います。
播磨風国土記に大己貴命とともに少日子根(少彦名命)が登場し、2人が市川を北上し、播磨を開拓して行く様子が描かれています。製鉄の神である大己貴命に対して、少彦名命は、薬、養蚕、酒造りなどの神です。
 古代の製鉄に関する地名には鉄の意味を持つ「穴」や、鉄を溶かすタタラを意味する「室」という字がよく使われています。
 私見ですが、アナ(穴)と同じくイナ(稲)も鉄だと考えられます。稲佐山、稲佐の浜、稲荷、稲妻など。人名でも「穴」「稲」が使われることがあります。5世紀後半に蘇我石川宿禰(蘇我氏の祖)が河内で製鉄族を配下に治めて勢力を拡大、4代後に蘇我稲目(570年没)、6代後に穴穂部皇子(587年没、稲目の孫)などがいます。素戔嗚の妃に奇稲田姫がいます。
 大和には 郡山(むらやま)あれど とりよろふ
     天の香具山 登り立ち
     国見をすれば 国原(くにはら)は 煙立ち立つ
     海原(うなはら)は 鴎(かまめ)立ち立つ
     美(うま)し国ぞ 蜻蛉(あきつ)島 大和の国は
 奈良盆地は7世紀でもまだ湖が存在していました。明日香の枕詞も「飛ぶ鳥の」で、湿地帯の明日香には水鳥が飛び交っていました。

高鴨神社は全国のカモ(鴨・賀茂・加茂)神社の総 本社といわれ、かつて鴨氏という古代豪族がこの地方を支配していたことを思い出させ てくれます。道沿いには「葛城の道」という道標が立てられているので道に迷うことは ありませんが、新しい道が造られたことで、古い街道の面影は残されていません。 道標 に導かれながら歩いて行くと、奈良盆地が見える場所に出ます。
葛城の道 ~http://www.nantokanko.jp/kokaidou/200.html

役小角は賀茂氏で あり、賀茂氏は、高鴨神社に仕える神官。https://ameblo.jp/taishi6764/entry-11978203473.html
賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)
  山城の賀茂氏(賀茂県主)の始祖
  賀茂御祖神社(下鴨神社)の祭神
 八咫烏に化身して神武天皇を先導した

出雲国造が熊野大社で行う「火継ぎ」神事がある。
この神事は古代神魂神社(かもすじんじゃ)で行われていたのですが、神魂神社の祭神、原初は「御祖神」としての「神魂命(かみむすびのみこと)」であったという。かみむすびのみことは、造化三神の一柱「神産巣日神」で、大国主を救った(蘇生した)神です。
また、『古事記』では「神産巣日神」の子の事を「少彦名神(すくなひこな)」とし、大国主とともに国づくりを共同でした神。
また、「神魂命(かみむすびのみこと)」の孫は「賀茂建角身命(かもたけつぬのみこと)」で賀茂氏の祖先になる。

【八咫烏】
「賀茂建角身命」は日向の曾の峰に天降り、大和の葛城山に至り、神武天皇を先導した八咫烏導きの神だ。
八咫烏の子孫は葛野県主(かどのあがたぬし)である。
『新撰姓氏録』では、その葛野県主の子孫は鴨県主(かものあがたぬし)であり、八咫烏は高皇産霊尊の曾孫である賀茂建角身命の化身であると記載してある。
賀茂建角身命を祀るのは下鴨神社です。
古代賀茂氏は、第一代神武天皇ご東征に当りご先導の武勲をたてられ「八咫烏」として尊称される「賀茂武角命」(賀茂別雷神社ご祭神のご祖父神)の後裔とした。
唐の影響を強く受けて造営された平城京大極殿の 前庭には、八咫烏が7本の宝幢の中心として翻ってい たと言います。八咫烏のルーツはどこなのか?
八咫烏の謎
【上・下賀茂社】
鴨氏は、山城国葛野郡賀茂郷に在住した土豪・鴨県主の後裔である。賀茂県主・葛野県主・葛野鴨県主などとも文献に記される。
古代大和王権の発足と同時に県主として葛野地方(古代山城盆地北部)の行政を担い、さらに主殿(トノモリ)、主水(モヒトリ)などの宮廷の職務に携わるなど、当初から朝廷と緊密な関係を築いた。
鴨県主は大化以前から京都の賀茂神社の祠官であったという。
また、県の氏神上・下賀茂社は奈良時代には山城国の一地方大社のレベルを超えて全国的な広がりで民衆からの崇敬を得、平安遷都ののちは皇室の産土神(ウブスナガミ)として帝都の鎮護の役割を担い伊勢神宮と並んで皇室からの崇敬を受け「賀茂皇太神宮(カモスメオオカミノミヤ)」さらに「賀茂御祖皇太神宮」として斎王の制度が設けられ賀茂祭(通称葵祭)が行なわれた。
斎王の制度制度が適用されたのは、伊勢神宮と賀茂神社の二社のみ。
また、明治になり、政府からの強い要請で「賀茂御祖皇太神宮」から「賀茂御祖神社」に変更を余儀なくされた。
上社のものは賀茂氏を名乗り、岡本・松下・林・座田・梅辻・鳥居・小路・森の諸家を分出した。
下社のものは鴨氏を称し、泉亭・梨木・鴨脚・滋岡・下田・南大路の諸家を出している。方杖記を著わした鴨長明もこの氏人だ。
【賀茂氏の出自】
賀茂氏の出自としては、次の二つの説がある
 吉備真備
 役行者
また、次の2派が存在する
 葛城賀茂氏(国津神)
 山城賀茂氏(天津神)
これについては、葛城賀茂氏が山城の移住した説と私は考える。
山城賀茂氏の鴨県主系図には八咫烏・賀茂建角身
葛城賀茂氏の系図には、スサノオ・大国主・事代主と出雲系の名が登場する。
【陰陽師】
中世には、陰陽頭を排出した陰陽道宗家として知られる。
陰陽道の主祭神は牛頭天王であり、八咫烏の熊野本宮大社(和歌山)ではスサノオは牛頭天王とする。
熊野本宮大社(和歌山)は、出雲一の宮の熊野大社から分霊された。熊野大社もスサノオを祀る。
?【東出雲の意宇の出雲臣族】
熊野大社は、東出雲の意宇であり、東出雲の意宇の出雲臣族は大和国家に服属して、出雲の東西統合の戦を展開した結果東出雲が出雲を統合した。
出雲の謎~西と東の出雲~
安来に賀茂神社が存在する。
『出雲國造神賀詞』には、国土を開拓経営なされました大穴持大神倭の大物主なる櫛厳玉命と御名を唱えて大御和の社に鎮め坐させ、御自分の御子阿遅須伎高孫根命を「葛城」(葛木の鴨の社)に、 事代主命(賀茂氏の信仰する神)を宇奈堤に、賀夜奈流美命を飛鳥へと、 それぞれの神奈備において天皇の守護神としたとある。
【大穴持命】
出雲国造広嶋を中心とする出雲の現地有力者建ちによって編纂された『出雲国風土記』には、スサノオの八岐大蛇退治、大己貴神による国づくりや国譲りの物語の詳細についての情報がない。『出雲風土記』では、「大穴持命(東出雲)」優越性を見いだせる。これは、出雲国の地域社会の神話ではなく、「大穴持命(東出雲)」を祭る出雲国造の神話として編算されたのだ。
西の出雲と東の出雲の関係から、『出雲風土記』の主役は「スサノオ(西出雲)」ではなく、出雲国造が奉祭する「大穴持命(東出雲)」でなければならなかった。
ブログ?出雲の謎~出雲国造と『出雲国風土記』~
【大直禰子(おおたたねこ)】
大物主神(おおものぬしのかみ)の子。三輪(みわ)氏の祖。大神神社の初代神官。
松前健氏をはじめ多くの歴史家が大田田根子を渡来人であろうと述べている。また「三輪山の信仰には渡来の文化との関わりがあった」また、大田田根子の裔とされ、歴代三輪神社の神職を務めた豪族大神(三輪)氏は渡来の豪族であったとも述べている。辰韓(新羅系渡来人集団)勢力は、出雲→若狭一帯→琵琶湖の沿岸を南下し大和→奈良の都祁→三輪地方へ進出したと述べる
三輪氏族に属する地祇系氏族の賀茂氏は、大田田根子の孫大鴨積を始祖とする。
ブログ?大神(三輪)氏、賀茂氏、秦氏は、新羅(伽耶)渡来人か
【銅鐸使用氏族】
弥生中期の銅剣358本を出土した出雲の荒神谷遺跡または神庭荒神谷(かんばこうじんだに)遺跡などから銅鐸使用氏族の特定を試みた大場磐雄氏、250カ所にのぼる銅鐸出土地を訪ね照査した井上香都羅氏も銅鐸は出雲から各地へ進出した出雲族が使ったものだという。また、銅鐸出土地の多くがカモやミワだったという。
【葵紋】
賀茂社の神紋は、賀茂祭の別名「葵祭」でも知られるように「葵」である。そこから、賀茂神社の氏子や当社を信仰する家々の家紋として用いられるようになった。
江戸幕府将軍家である徳川家の祖は松平氏を名乗り、賀茂神社の氏子であったという。
また、近世大名本多氏も賀茂神社の神官戸関係があったと伝え、いずれも葵紋を用いている。

八咫烏は修験者ということなので、開祖の役小角が重要です。ウィキペディアによると、母は地祇系の賀茂氏で、父が出雲から婿入りをしたということです。実はこの父親は“ヤタガラスの翁”の子孫なのです。レビ族の末裔である彼らは、この時期には秦氏との繋がりで、カバラの思想を奉じていたと考えられます。役小角は父親からそれを受け継いだのでしょう。
 地祇系の賀茂氏の一族は、地図の御所市の辺り一帯を本拠地としたということです。役小角が修業した金峰山の北山麓、地図では吉野神宮がありますが、私は“ヤタガラスの翁の子孫の集団”は、大和上市一帯を本拠地にしていたと考えています。
 地祇系賀茂氏の血筋の入れ替えは、役小角の父・問賀介麿から始まったと思います。日本霊異記の奇妙な伝承は、実はこのことに関係します。役行者の「吉野の金峰山から葛城山まで橋を渡せ」という命令は、実は“血筋の橋を渡す”こと、すなわち地祇系の賀茂氏とレビ族が血筋として繋がることを意味しています。しかも彼らの狙いは、最終的に地祇系賀茂氏の宮司家を乗っ取ることを考えているので、“血筋の入れ替え”というべきです。
 伝承によると、彼らの邪な計画を知ったホツマの神々が、“困惑して嘆き悲しみ”、葛城一言主命が一計を案じて、人々の口を通して、「役行者が陰謀を企てて天皇を倒そうとしている」と告発したと伝えています。葛城一言主命は連中の陰謀をすでにこの時に見通しており、地祇系の賀茂氏の血筋を入れ替えた後は、天神系の賀茂氏の血筋を入れ替え、最後にはホツマの神を封じ込め、自分たちが奉じる唯一神ヤハウェに日本の霊統を入れ替えるつもりでいることを知っていたのです。葛城一言主命の告発で、彼らの計画の半分である、地祇系の賀茂氏の血筋の入れ替えは、断念せざるを得なくなったわけです。
 最終的に彼らは、天皇も自分たちの一族の者に入れ替えようとしたことは明らかです。最近では「天皇家は古代ユダヤのレビ族出身」と言っている者も居る始末です。彼らの思惑は明白だと言えるでしょう。「天皇を倒そうとしている」という言葉は、このような意味です。
 次回は、今回の記事で太字にした部分、役小角が感得したと言われる蔵王権現とは何なのかを説明したいと思います。https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=83331

653 年 すでに 常陸で測量が 653 年・茨城国造壬生連の麻呂と那珂国造壬生直の夫子 らは高向大夫と中臣幡織田大夫に願って茨城から8里、那珂から7戸を分割し行方郡を 新設した。 古事記の暗号_裏読みすると見えてくる真実一、中大兄皇子が孝徳 .... 701 年 役小角没。 ... 役小角の出自である賀茂氏は多くの陰陽師、密法者、霊能者を輩出 した家柄です。 ... 702年初めて大宝律令が天下に頌布された。条里制が施行される 大宝律令が制定され律令国家が成り立った時代に役小角は異端となった。
653 年 すでに 常陸で測量がhttp://8628.teacup.com/toraijin/bbs/2788
古代の測量に関連するページ
http://www.geocities.jp/yasuko8787/0-0kodainosokuryou.htm

測量の歴史
測量の歴史. Q & A. リンク集. HOME>測量の歴史 ... 詔の第三項に、田は長さ30歩、広さ12歩を段とする。 10段を町とする、 ... 平城京造営の詔が発せられ平城京の造営が開始された. 行基菩薩が行基図 ...

609年
小野妹子隋から帰国した。測量技術伝来の時期をこの頃とする説が多数である

634年(舒明天皇6年)伝 - 伝)は、飛鳥時代から奈良時代の呪術者である。 ... 役小角にまつわる話は、やや下って成立した『日本現報善悪霊異記』に採録された。 ...


645年
大化改新の班田収受の法
646年
改新の詔(公地公民の宣言)発せられる。班田収授法を行い、租庸調を課す。駅伝の制を定む。詔の第三項に、田は長さ30歩、広さ12歩を段とする。10段を町とする、との測定基準が示された。

653 年
茨城から8里、那珂から7戸を分割し行方郡を新設した。

697年、役小角(修験道開祖)が朝廷から謀反の疑いをかけられ、伊豆大島に配流された際、 ...
http://www.hosocom.jp/rekisi/kumano/goryu.html

701年、門弟たちは備前児島半島柘榴浜(ざくろがはま、
現:児島下の町・琴浦)に上陸。
3月 3日、福岡村(現在地)に熊野十二社権現の御神体を安置、紀州熊野本宮を遷座しました。
=創建(現、5月18・19日:春季大祭)
http://www.hosocom.jp/rekisi/kumano/goryu.html

701年 役小角没。 ... 役小角の出自である賀茂氏は多くの陰陽師、密法者、霊能者を輩出した家柄です。 ...

702年
初めて大宝律令が天下に頌布された。条里制が施行される

    大宝律令が制定され律令国家が成り立った時代に役小角は異端となった。 ...
   http://www.geocities.jp/npowaro/raku-129.htm
   役小角が、河内の出身で葛木山で修行した道鏡のように栄達する道もあったのではないかとも思いを馳せる。道鏡と同じ時代に、高賀茂氏から僧綱政治に参与した円興という人物も出ているというのだ。だが、大宝律令が制定され律令国家が成り立った時代に役小角は異端となった。その姿は行基に近いとも西郷信綱は目配せを行う。行基も又律令国家から禁圧された。だが、行基は道を歩いて布教し橋を架け慈善事業をした。これはやがて国家の利用することとなる。それに対して役小角は山林に亡命するのみであった。

708年
平城京造営の詔が発せられ平城京の造営が開始された
742年
行基菩薩が行基図(街道図)を編集した。現存する最古の日本全図といられている

「行基図」は、奈良時代の僧、行基(668~749)が作ったという伝承つきの地図。
http://www.city.koga.ibaraki.jp/rekihaku/2001haru/p1.htm

1799年(没後1100年)に光格天皇が、京都の聖護院に勅使を遣わし、「神変大菩薩(じんぺんだいぼさつ)」の諡(おくりな)を贈りました。
http://www.kiyoshikojin.or.jp/keidai/jinpendaibosatsu/
諡号(しごう:死後、生前の行いを讃えて贈る名) ...

伝説によると、役小角は摂津国の箕面山の大滝で、インドの僧ナーガールジュナ(龍樹菩薩)の「大いなる法」を授けられたという。
http://www.asia2020.jp/japan/yamamoto_shudo.htm

修験道は空海以前に日本で広まっていた雑密です。 醍醐派は真言宗と修験道をさらにミックスしたものですね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q138065073
密教そのものが釈迦の教えを拡大解釈した大乗にヒンズー教がミックスしたものですから。
空海に忠実な真言宗っていうのもどれほど残ってるんでしょうね。
まあ、他の宗教やその他のものをうまく取り入れていくことこそが仏教の懐の広さだと思いますけど。
 

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2017年12月24日(日)02時56分47秒
返信・引用 編集済
  ・・

井、改邑不改井。无喪无得。往來井井。汔至亦未繘井。羸其瓶。凶。
【読み】
井は、邑を改むるも井を改めず。喪うこと无く得ること无し。往くも來るも井を井とす。汔[ほとん]ど至らんとして、亦未だ井に繘[つりいと]せず。其の瓶[つるべ]を羸[やぶ]る。凶なり。

・・

「橘は果物の長だ。その葉は霜や雪を凌いで生い茂り、寒さにも暑さにも耐えて萎れない。橘を汝の姓にするのにふさわしい。」

橘諸兄

・・その山城井手の里の別業には山吹を多く栽ゑ、これを楽しんだので時人井手の左大臣と呼んだ。或る時奥州に使した、国司極めて緩怠なので諸兄喜ばず、すると采女あり左手に觴を捧げ右手に水を持ち、諸兄の膝に拊し歌を詠じて曰く

浅香山かげさへ見ゆる山の井の浅き心をあれ思はなくに

と諸兄、漸く意が解けたといふ、

・・
 

大角  役小角 ホルスの目

 投稿者:憂い  投稿日:2017年12月23日(土)13時54分1秒
返信・引用
  加茂間賀介麻(まかげまろ)と云い、又の名を大角(おおづぬ)。http://urano.org/kankou/topics/gyouja/

角 ・・・
現在のおとめ座のこと。・・・

角宿
星官( 星座)としての角は、スピカとおとめ座ζ星の2星からなる。 天区内の星官[編集]. 角宿に は11個の星官がある。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E5%AE%BF
青龍の  角
天子の  田
周の   鼎
武器庫・・・庫楼・・・米+女ではなく、婁
>数は、もともとの漢字は、米+女ではなく、婁が元です。

「婁(じゅずつなぎ)+攴(動詞の記号)」で、一連の順序につないでかぞえること。 http://nozomi.a.la9.jp/kaijitbl156.htm

実視連星
シリウスとはhttps://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9-80937
大犬座のアルファ星。全天第一の輝星。光度マイナス1.5等。距離8.6光年。2月から3月の宵に南の空に現れる。白色矮星の伴星をもつ。鋭く輝くところから、西洋では犬の目にたとえられ、中国でも天狼星と称せられる。青星あおぼし。
犬の目  大星

ジャッカルは、労無く獲れるものを探してそこらじゅうコソコソ 動き回る。

古代エジプトの神々の一人、死を司るアヌビス(*)はこのジャッカルの頭を持つ神として 描かれている。人間の魂と羽毛を「ラーの天秤」(ラーは太陽神であり、神々の王)と 呼ばれる秤にかけるのがアヌビスの仕事である。
「シリウス」で知られる「オオイヌ座」はこのアヌビス神を基にしているとも言われている。
セグロジャッカルhttp://ha3.seikyou.ne.jp/home/seal/kenya/jackal.html
アヌビス神はナイルの氾濫を知らせる番人でもあったらしい。 星座は基本的にメソポタミア神話を起源にしているものが多いが、 一番明るい星「シリウス」で知られる「オオイヌ座」はこのアヌビス神を基にしているとも言われている。 それほど人類にとっては重要な存在だったようだ。
(*)Anubis:オシリスと、セト神の妻ネフティスの間に生まれた子。オシリスは冥界神、オリシスの弟セトは破壊神である。ネフティスの姉イシスはオシリスの妻の一人で、オシリスとイシスの間に生まれたのがホルス神である。古代エジプト国王はホルス神の化身であると考えられていた。
オシリスは冥界神・・・死者の霊魂を再生?

古代エジプトでは非常に古くから、太陽と月は、ハヤブサの姿あるいは頭部を持つ天空神ホルスの両目(「ホルスの目」)だと考えられてきた。 やがて二つの目は区別され、左目(「ウアジェト(ウジャト)の目」)は月の象徴、右目(「ラーの目」)は太陽の象徴とされた。
ホルスの目
左目(「ウアジェト(ウジャト)の目」)は月の象徴、右目(「ラーの目」)は太陽の象徴とされた。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%9B%AE
左目 右目
茨城県虎 塚古墳装飾画。 この画像さかさまにしたらなにが見える?https://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/41184004.html?__ysp=5rCR5peP5a2m5Lyd5om%2F44Gy44KN44GE44GC44GS6L6e5YW4IOiZjuWhmuWPpOWisw%3D%3D
古代人の死生観でも、現代人の死生観でも、しゃれこうべは「死」に直結する。
それを逆さまにすることで古代人は死者の霊魂を再生させようと願ったのだろうか?

参宿(しんしゅく)、和名は唐鋤星(からすきぼし)、二十八宿の一つで西方白虎七宿の第 7宿。距星はオリオン座ζ星(三つ星の東端の星)。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%82%E5%AE%BF
参宿(しんしゅく・ 唐鋤)
エ 定規 乚 ぶんまわし (一+乀+丶)・・・弌・弍・弎・式・戒・侙 弋(一+乚+丶)・・・戈・弐・貮 ・武 弌・弍・弎・式・・ ・弐 ... 江(氵エ)=江目(ごうのめ)→山形県西村山郡河北町溝辺 に多い苗字ーー↓↑ ーー 匞(匚エ)=匠(匚斤) .... 矩=直角定規」 .... 参宿(しんしゅく・ 唐鋤)です! http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4524
ひざまずく禹(ム)に三角帽子(神のおつげ・いいつけ)を頭の上に載せた形。 ...
>  http://www.asahi-net.or.jp/~rg1h-smed/cyuugoku
>
> 禸」=「冂」+「ム」:=立っている(女の)からだ+ない=>女でない体=>男の体=>おすの体
>  「ム」:=女性器がない=>女性器がないもの=>おとこ=>おす
>  「允」=「ム」+「儿」:=おとこ+垂れ流すこども=>男子=>養育を許された男子=>養育を許す=>ゆるす=>誠実なもの=>まこと
>  吮:悪い血を吸い取って傷口を消毒すること
>  「兄」=「口」+「儿」:=おんな+垂れ流す子供=>垂れ流す女=>長女=>長子=>相続者=>長男=>あに
>  呪:呪祷の器の口〔サイ〕+兄・・・己(忌)兄(いのる意)
>  呪は人がひざをついて、言葉として自分の所願成就を神明に祈る模樣を形象化した字だ。 「「祝」 解字:形声。 意符の示(かみ)と、音符の兄(いのる意)とから成る。 ...
>  http://blog.livedoor.jp/n_tko/archives/51126651.html
>
> 兄」を親字とする「祝」「呪」「況」あるいは「夕」を親字とする「多」などの文字の意味には、程度の差はあるが、何らか親字との関係が残されているはずである。
>  http://www005.upp.so-net.ne.jp/kenji99/b113/b113.htm
>  星文字A
>  星の配置をなぞって出来たと思われる漢字を書いておこう。これは既に第66話に書いたものも含んでいる。なおこれらの文字を親字とした文字、例えば「兄」を親字とする「祝」「呪」「況」あるいは「夕」を親字とする「多」などの文字の意味には、程度の差はあるが、何らか親字との関係が残されているはずである。
>
> 大熊座+龍座から           天 文 子 夫 父 兄 兇 元 言 未 末 先 尤 甲 申 卯 印 兆 北 比 斗 七 星 光 半 号 牙
> カシオペアから             夕 弓 乙 己 五 互 丑 牛 午 干 壬 王 年 井 亥 玄 丁 寸 可 丙 占 吉 方 由 田
> オリオン座から             参 三 彡

胃宿(こきえぼし), おひつじ座. 昴宿(すばるぼし), おうし座. 畢宿(あめふりぼし), おうし 座. 觜宿(とろきぼし), オリオン座. 参宿(からすきぼし), オリオン座. 南方朱雀七星宿, 井 宿(ちちりぼし), ふたご座. 鬼宿(たまほめぼし), かに座. 柳宿(ぬりこぼし), うみへび座. 星宿(ほとほりぼし), うみ ... 鬼門は艮(北東)にあり、陰陽道では鬼が出入りする方位 として忌み嫌われている。 裏鬼門も同様に忌み嫌われており、上記表の鬼門・裏鬼門に 祀られている宮・寺・社は鬼の出入りを封じるために 建設された。 http://www12.plala.or.jp/asyriel/ff/sora/index.html
   北東:乾(いぬい)   戌と亥の間にある「天門」
     南西:坤(ひつじさる) 未と申の間にある「人間(じんもん)」
     南東:巽(たつみ)   辰と巳の間にある「風門」
     北東:艮(うしとら)  丑と寅の間にある「鬼門」

  鬼門は艮(北東)にあり、陰陽道では鬼が出入りする方位として忌み嫌われている。
  裏鬼門も同様に忌み嫌われており、上記表の鬼門・裏鬼門に祀られている宮・寺・社は鬼の出入りを封じるために
 建設された。

  また、鬼門とは反対の方位を申とし、鬼門避けとして猿の像を配置する場合もある。
  有名なトコでは、京都御所、北東の屋根裏には猿の置物が鬼門封じとして祀られている。

「襄ジョウ」  <ゆたかな耕作地>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/69434fa29ca4ffd66fe2254f672de410
甲骨文は皿の略体を上にのせた人の形。意味は地名で、そこは田猟地(狩猟地)だという[甲骨文字辞典]。皿は、おそらく窪んだ地形を意味し、これに人がついて窪地にすむ人の意であろう。窪地に集まる動物を狩猟した地だと思われる。金文第1字になると、この田猟地は姿を変える。皿人の左に土がつき、右に攴ボクがつく。攴は手に道具をもち打つ意だから、ここの土地が道具で耕され始めたのである。金文第2字は、上下に分離した衣のなかに、左から土、皿人(皿上の左右がふくらむ)、又(手)、そして皿の上に小さな〇(意味不明)がつく。衣は袋で、この耕作地にまく種をいれる袋を示したものであろう。この地は土壌の肥えた豊穣の地なのである。しかし、金文の意味は仮借カシャ(当て字)で、①人名、②輔助(たすける)となっている。
篆文は呪いで祓う
 篆文は全く様相がことなる。金文との共通項は衣だけ。衣の中は上から、口二つ・逆S字の中に工印(呪具)、その右に爻(まじわる)がある。S印は寿の甲骨文では田のあぜ道を意味した。これらを総合すると、田のあぜ道で呪具の工をもち、口々に呪文をとなえ、まじわらせ(爻)、何かを祓う意であろう。旧字は衣の中が、「口口+?」となった襄となり、新字体で用いられるとき襄の口口が八に変化した?になる。 しかし意味は、発音の上ジョウに通じて、あがる・のぼる。金文から引き継ぐ、たすける。それに、地名・人名である。金文の「豊かな耕地」、篆文の「はらう」、それに衣が意味する「袋」はイメージで出てくる。
意味 (1)あがる。のぼる。「襄陵ジョウリョウ」(丘陵にのぼる)「襄岸ジョウガン」(高い岸) (2)たすける。「襄賛ジョウサン」(賛助) (3)地名。人名。「襄陽ジョウヨウ」(湖北省の地名。要害の地)「襄公ジョウコウ」(春秋時代の王) (4)はらう(=攘)。除く。
種をいれるふくろ
瓤 ジョウ  瓜部
解字 「瓜(うり)+襄(種をいれる袋)」 の会意形声。瓜の種を包んでいるふくろの部分。転じて、ミカンの房のふくろもいう。
意味 (1)うりわた。瓜の実の中の種子を包んでいる部分。(2)みかんの内の房の袋。「瓤嚢ジョウノウ」(柑橘類の果実の中の房の袋)「砂瓤サジョウ」(瓤嚢(じょうのう)の中に詰まっている、果汁を含んだ小さな果肉の粒のこと)
嚢[囊] ノウ・ドウ・ふくろ  口部
襄(種をいれる袋)

袋の入口状のもの
艮(北東)
良 リョウ・よい 艮部こん 解字 良の解釈については諸説があり定まっていない。甲骨文 字は上と下に袋の入口状のものが描かれていることから、上の入り口から穀物をいれ、 よいものを選り分ける器具との説がある。私はとりあえずこの説で解字してみたい。いれ た穀物が途中の箱に入ると揺り動かし、箱下に張った網からクズが落ち、残ったよい ものを ... 音の変化 リョウ:良 ロウ:
「良リョウ」 と 「艮コン」http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/fd6cd0994114c8f33642b56187e51b01
ゆらす。ゆれる
浪 ロウ・ラン・なみ  氵部
解字 「氵(水)+良(ゆれる)」 の会意形声。水がゆれるように動く大きな波。

 艮 コン <後ろをむいて睨みつける>
艮 コン・ゴン・うしとら  艮部
解字 甲骨文は目を大きく描いた人の形で、見ケンと向きが反対の字。見ケンが前を向いて見るのに対し、艮コンは後ろを向いて見る形で、悪意を持って相手を睨みつける意となる。対象者に呪いを掛ける魔術で、呪いを掛けられた方は、その場で動けなくなるとされる。篆文は目の下に右向きの人をつける。現代字は形が大きく変化した「艮」になった。
 悪意を持って相手を睨みつけるのは、邪眼ジャガン・邪視ジャシ・魔眼マガンなどと呼ばれ、世界に広範囲に分布する民間伝承の一つ。魔女とされる女性が持つ特徴とされ、邪眼にあうと病気になって衰弱し、ついには死に至ることさえあるといわれる。艮の意味は、邪眼にあって進めず「とまる・とどまる」意だが、仮借カシャ(当て字)され、「易の八卦のひとつ」および「うしとら(方角)」の意味で使われる。
意味 (1)とまる。とどまる。 (2)易の八卦の一つ。 (3)うしとら(艮)。北東の方角。鬼門。 (4)もとる。さからう。(=很)
イメージ  「後ろを向いてにらむ」 (艮・限)
       「後ろを向く」 (跟・銀)
       にらまれて動けず、その場に「とどまる」 (根・恨・痕)
       「同音代替」 (眼)

古代エジプト人がシリウスとアルクトゥルスの関係を理解していたことを明らかに示すものである
シリウス Sirius  天狼星 Dog Starhttps://ameblo.jp/ange3333/theme-10102132214.html
地球から見える恒星で最も強く輝く星。
大犬座(Canis Major)の主星、α星。
世界各地で神話伝承がみられ、特に西アジア、 地中海世界(ギリシャ、エジプト)、 インド、中国まで「犬星」といった同じ様な扱いをされているのは面白い。 ギリシャ神話ではオリオンの犬。
シリウスSiriusはラテン語で意味は
「光輝くもの」「焼き焦がすもの」
ギリシャ語 セイリオスSeiriosが由来。
古代エジプトではソティス。
夏至のころ、ソティスが太陽とともに東天から昇ってくる 日を年初(夏至正月)とした(太陽暦の始まり)。
毎年この頃にナイル川の水量が増し始めることを知ったという。「ナイルの星」 「イシスの星」として崇められた。
古代西アジア(中東)地域では「太陽の犬星」
(歳差運動(26000年で春分点移動が1周)によりわずかずつずれるので、 紀元前3000年頃と現在の夏至とはずれている)
古代ギリシアやローマ時代さらに中世ヨーロッパでは、夏の酷暑や熱病などを もたらす不吉な星とされたこともあった。
アラビア名は「輝く星」(アル・シラAl- Shi'raあるいは アル・シァラ・アル・ヤマニアAl-She'ara Al-Yamania)、 中国名は「天狼星(てんろうせい)」。ヘブライ人はエジプト名シホールと呼んだ。
バビロンの楔形文字でカク・シ・ディと呼ばれた。
カッカブ・リク・ク(バビロニア 犬星)
カル・ブ・サ・マス(アッシリア 太陽の犬)
ムル・リク・ウド(古いアッカド語 太陽の犬星)
インド
サンスクリット語 スーリァ(太陽神)輝くもの
古代ヴェーダ チシア チシュトリァ(指揮をとる星)
雨の神、雨の星、猟師の星とも。
リグ・ベーダの中ではシバナム(犬)は「空気の神々を目覚めさせ 雨をもたらすかれらの仕事に呼び寄せる…」
アボリジニ 鷲(ワシ)
1700年頃のフランスでは chenille(毛虫)と呼ばれたり、 英語ではlittle dog(子犬 ラテン語のcanicula 犬から)と 呼ばれたようだ。

アルクトゥルス【Arcturus】. 牛飼い座のアルファ星。明るさ0.0等で全天第四の輝星。 地球からの距離30光年。春の宵、頭上付近に輝く。春の彦星。麦星。中国名は大角。
アルクトゥルスhttps://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%82%B9-428469

ジブジアナをアルクトゥルスと考えており、もしこれが正しいとすれば、すでに、うしかい座の原型ができあがった、ということになります。
「星座」の歴史http://www.palette.furukawa.miyagi.jp/space/astronomy/constellation/const_history.htm

不死を追い求めていたギルガメシュ王は、一種の地上の楽園・ディルムンで、ウトナ ピシュティム(英語版)(シュメール神話のジウスドラ(英語版) zi.u4.sud4.ra2 をアッカド 語に直訳した名前)に出会う。 ウトナピシュティムは、大洪水によってすべての生命を 破壊するという神の計画について、エア神が彼に警告し、船を作って彼の家族や友人、 財産や家畜を守るよう指示したことを語る。 大洪水の後、神は .... アルクトゥルス星人が 、何らかの事故でイタリア半島/エトルリア人の領地に不時着する。
紀元前3000年~2500年代http://www.el-xiii.com/history/timeline/bc3000/bc3000-2500.html

大角, 天王の宮廷を指すと考えられた。 現在のおうし座α星 にあたる。アルクトゥルスである。 日本だと、夏にさそり座の横に見える。 軫, 車の形をし ている。
『史記』の星空
帝星
当時の北極星。現在は、こぐま座β星と呼ばれる。
ちなみに、現在の北極星はこぐま座α星である。
不動に見える恒星もちょっとずつ動いてる。

天王
別名、大火という。天子が政治を行う堂にあたると考えられた。
現在のさそり座α星。アンタレスのことである。
二千数百年前から赤色をしていたらしい。この方向に銀河系の中心がある。


現在のおとめ座のこと。
おとめ座で一番明るいスピカは、日本では5月によく見え、
南天に一つポツンと光る為、真珠星と呼ばれている。
実はスピカは連星で、高温の星二つがぴったりとくっつきあって、
わずか4日という周期でぐるぐる回っている。


車の形をしている。風を支配していると考えられた。
現在でも、いびつな四角形をしており、からす座と呼ばれる。
その四角の中に、長沙星がある。
これは、(恐らく)現在NGC4361といい、10.8等級で肉眼で見ることはできない。


旗の先につける飾り毛を指し、また白衣を着た人々の集まりとして、不吉のしるしと考えられた。
日本ではそのまんまスバルと呼ぶ。おうし座プレアデス星団のこと。
冬によく見え、オリオン座の右上に位置する。


現在のオリオン座のこと。三ツ星は「衡石」(はかりの重り)と呼ばれる。
α星(ベテルギウス)、β星(リゲル)、γ星、χ星は、左右の肩と股を表している。


『史記』には「大星」であると記され、ひときわ明るかったことを思わせる。
『史記』には「狼の光の角が色を変えると盗賊が多い。」と記され、
どうやら、その時代からシリウスのまわりの明るさが微妙に変わることが知られていたようである。
現在はおおいぬ座α星シリウスという。全天で一番明るい(-1.5等)恒星である。
実はシリウスは連星であり、主星の周りを8.5等星の暗い伴星が約50年の周期で回っている。
1862年になってアメリカのクラークがこれを発見した。
ちなみにこのシリウスBと呼ばれる伴星は、史上初の白色矮星の発見であった。

銀河宇宙 生命体の主な種族は、リラ、ベガ、シリウス、プレアデス、アルクトゥルス、ゼータなどの7 種族に分類されています。
宇宙生命体についてhttp://blog.livedoor.jp/jt5883/archives/24003445.html

おおいぬ座(大犬座、Canis Major)は、トレミーの48星座の1つ。日本では冬の南の空 にやや低く見られる星座である。 α星は、全天21の1等星の中で最も明るく、シリウスと 呼ばれる。シリウスと、こいぬ座のα星プロキオン、オリオン座のα星ベテルギウスの3 つの1等星で、冬の大三角を形成する。
大犬座https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%AC%E5%BA%A7
α星:シリウス (Sirius) は、おおいぬ座で最も明るい恒星で、全天21の1等星の1つで、地球から見える太陽の次に明るい恒星である[6]。この星は、太陽から非常に近い恒星の1つである[6]。シリウスはギリシャ語で「光り輝く者」や、「焼き焦がす者」を意味するセイリオスに由来している。なおシリウスは中国語では「天狼(星)」と呼ばれる。

エゼキエルが見た神からの啓示、それはまさに地球外生命体とのコンタクトのように 神秘的なものであった……。彼の見たビジョンは次のようなものである。 ・一陣の風が北 から吹き抜けたかと思うと光り輝く雲と炎の中に光り輝く。 ・4つの人間のような姿をした 生き物があらわれた。 ・4つの生き物はいずれも、4つの顔と、4つの翼を持ち、その足は まっすぐに伸びていた。 ・4つの顔の配置は、正面が人間のような顔、右に獅子の顔、左 に牛の顔、後ろにワシの顔となっており、稲妻のように飛び回っていた。
2500年前の“ユダヤ最高の預言書”が北朝鮮のミサイル発射を予言していた!https://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201709_post_14287.html?_p=2

最終戦争!?。エンドオブデイズか? しかもその戦いに神が勝って キリストが復活して エホバの王国をこの世に設立する。
エホバの証人のハルマゲドン説を信じていた人いませんか?http://musyoku.com/bbs/view/1252848231/
ハルマゲドンかどうか判らないが近い将来同じような現象は起こると思う既に地球温暖化による災害が各地で発生しているが序章に過ぎない、はたして人類は生き残れるのか?宗教とは関係ないよ宗教は不安をあおりお金を集める集団にすぎない事をそろそろ理解すべきだ。

国民の 不安をあおり、今やアメリカの軍需産業の株は上がり日本もアメリカの武器を買わされ ようとしている事などはあまり報道されない。 https://mobile.twitter.com/i/web/status/918368384961540106
選挙が始まると都合の悪い事、改憲のことや、消費税のことは声を小さくする。 それが自民党の汚いやり方だと思います。
 

・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2017年12月23日(土)12時43分6秒
返信・引用
  ・・シャムライ(サムライ)とは、古代ヘブライ語で『護る者』

それはつまり『義を護る者』


『義』という字は、『羊』+『我』と書く

・・

信はこれ義の本(もと)なり (十七条憲法)

・・
 

恒星全体は「天の羊の群」狩獵の道具・・・戎

 投稿者:憂い  投稿日:2017年12月23日(土)11時42分40秒
返信・引用
   恒星全体は「天の羊の群」
單は武器あるいは狩獵の道具 獣 ジュー・・・戎=ユダヤ
>道具 羊・・・理想 我・・・獣+式=ナビゲイター
>Re: 義http://8628.teacup.com/toraijin/bbs

我・・・獣+式=戌?

獣」が「犬」に従うとは、即ち「猟」は必ず「犬」に従う。「犬」は「狩猟」の用うる所なり。 甲骨文字の「犬」即ち古代の人々の言う走狗とは、今で言う猟犬である。以上から、「獸」 の本義が狩猟であることがわかる。 「獸」は後に野生の四足動物を指すようになった。『 爾雅』の〈釋鳥〉には「二足にして羽ならば之を禽と謂ひ、四足にして毛ならば之を獸と謂 ふ」とある。……
獸:『原原本本??字』と『字統』 http://www.lang.osaka-u.ac.jp/~sugimura/essays/reviews/review-fukui-kanji-shoushou.html

解字(白川) 狩獵用の盾の象。羽飾りのついた楯を臺座の上に置き、祝禱を收めた器を前に置いて、狩獵の成功を祈る。金文の字形は明らかに圓い盾の形を主としてゐる。金文に、「執嘼」のやうに、酋、虜酋の意に用ゐる。軍行のときにも盾祭をしたので、その軍獲を嘼といつたのであらう。獸は嘼に獵犬を添へたもので、狩獵の狩の初文。獸の字形によつていへば、嘼は獸の初文。 解字(漢字多功能字庫) 單に從ふ。單は武器あるいは狩獵の道具を象り、嘼の本義は狩獵に關係があり、恐らく獸の初文。本義は狩獵。 金文は單と丙と口に從ひ、あるいは單と口に從ふ。一説に單の?文。また一説に獸の省文で、嘼と獸は一字。 金文は用ゐて獸となし、狩獵を表す。また、夷邦の首領を表し、典籍に酋につくる。
嘼部http://www.hiemalis.org/~acy/kokugo/szbn-1423.html
解字(漢字多功能字庫) 甲骨文、金文は、單と犬に從ふ。單は狩獵の道具。獵犬を連れ道具を以て狩獵に行くことを表す。本義は狩獵。獸字は本來狩獵を表し、後に禽獣を表すのに用ゐるため、別に狩字をつくつて狩獵を表す。 甲骨文や早期の金文は同じ形で、單と犬に從ふ。甲骨文に單に從はず干に從ふ字もある。金文では後に口を加へる。 甲骨文、金文では本義に用ゐ、田獵を表す。金文ではまた人名に用ゐる。

解字(藤堂) 二股の棒の象。人を突く武器にも、身を守る武具にも用ゐる。また、突き進むのは、をかすことであり、身を守るのは、たてである。干は、幹、竿、杆、桿の原字。乾に當てるのは假借。
?
ギャク。ゲキ。
解字(白川) 大の倒形。向かうより人の來る形。辵を加へて逆となり、逆は「むかふ」とよむ。 解字(藤堂) 枝を逆さに立てた逆茂木の象。または大の倒形。逆の原字。 解字(落合) 大の倒形。逆の異體字。逆の甲骨文に、屰につくるもの、彳と屰に從ふもの、辵(彳と止)と屰に從ひ逆につくるものなどがある。

弋字の眞ん中に圓を加えることで戈の柄の部分(?)を指す
田の目的地と共通する地域(いわゆる田獵地)
胖. の 具體的な?容. 、つまり. 胖. を行った先で王がどのような行動を. 取っているかという 具體的な記述は少ない 。特に. 胖. を田獵と關連づけ. て考える?の根據は. 、. 胖. の 目的地として登場する地名が多く田の目的. 地と共通する地域. ?いわゆる田獵地?で あることに ...
田獵http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/sio/file/kanjigaku2/no02_07.pdf#search=%27%E7%94%B0%E7%8D%B5%27
、旁の字は弋字の眞ん中に圓を加えることで戈の柄の部分(?)を指す必という字であると考え、鶴字を胖と釋す

【丁卯王卜す、果に在り、貞う、其れ胖するに?西よりす、往來災なきか】
狩りの獲物・・・卯王・・・禹?

十干のうち、乙・丁・戊・辛・壬・癸のみに集中しており、王の外出日に際して嚴密な決まり事があったことが確認出來る。
巡狩

司馬懿が曹操・曹丕に仕えて輔佐したという詞を以て 、舜の末裔たる土德の. 曹氏を繼ぐのは禹の末裔たる金德の司馬氏ということを 歌い上げたのである。 續く第二曲. ?宣受命?. は、蜀漢の建興六. ?二二八?. 年から 建興十 ..... 四時の田獵および祭. 祀を行い. 、.
田獵および祭
、金德と司馬懿の武勳https://www.waseda.jp/flas/rilas/assets/uploads/2017/10/536-546_Yasuhiro-TAKAHASHI.pdf#search=%27%E7%94%B0%E7%8D%B5+%E7%A6%B9%27

巡狩は確実に秦代まで同じ様式で行われたことが確認できるので、当時からある程度の地理は記録されていたはずである。
古代中国の地図
小枝を組み合わせたポリネシアの海図は原始的な地図の祖型とされる。
プトレマイオスの地図は、地球の形状を考慮したかなり高度なものである。
その中間に大地を平面として扱ったものがある。
現代の平面直角座標がこれだが、中国では裴秀が「経線・緯線」を方眼として表現したことが『晋書』「裴秀伝」にある。
裴秀は「中国のプトレマイオス」と言われるほどの地理学者として後世に名を残したが、裴秀伝に引用された文章を読む限り、彼自身の技術開発ではなく、古代から連綿と続く測量技術の集大成として 地図を作製し得たという印象を持ってしまう。
ナイルデルタの氾濫は測量術を生み出し、幾何学を発展させたとされる。
ナイルデルタの100倍は広い黄河デルタの氾濫は淮河デルタ、揚子江デルタともからみつき、測量術を発達させるどころか人間の生存を脅かすものであった。
伝説の聖人禹(う)による治水工事が大書されるのはこういった事情による。
禹は河の流れを制御して九州を定め、山を切り開いて九山を名付けとされる。
この功績により王に推戴され、世襲王朝の始祖となったとされる。

始皇帝は行幸(「巡狩」)のための交通路を確保し、各国の長城を修復して連結したが、それも地理志が存在していなくては不可能な話である。

巡狩 とは - コトバンク一方,為政者の側からは,国内統治をすすめるための国情視察,また権力を 誇示し国土 統一をはかることを目的とし,定期的に国内を巡行することが行われ,これを 巡狩(守) といった。《書経》の〈禹貢〉は伝承上の天子禹が,治水のために全国を巡行 した記録と ...
[3557]巡狩 全国を巡行→土地測量by:憂い 時計 9/14 09:35 返信. http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/mobile/index/detail/comm_id/3557/?fontsize=1&reverse=1&TEACUPRBBS=0af47494cf097aca6b78ef35b1de59a1

東方へ巡狩・・・日本へhttp://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4506
測量術を発達させる ... 始皇帝は行幸(「巡狩」)のための交通路を確保し、 各国の長城を修復して連結したが、それも地理志が存在していなくては不 ...
蝦夷天文測量方https://blogs.yahoo.co.jp/seyqxara/31216251.html?__ysp=5beh54upICDmuKzph48%3D
伝説の聖人禹(う)による治水工事が大書されるのはこういった事情による。
禹は河の流れを制御して九州を定め、山を切り開いて九山を名付けとされる。
この功績により王に推戴され、世襲王朝の始祖となったとされる。

殷の王者は「巡狩」と言って、軍事演習を兼ねた諸国検察をよく行った。
そのときの巡航先を亀甲で占ったことが甲骨文から解る。

巡狩 全国を巡行→土地測量http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/3557
古代中国の地図 - 蝦夷天文測量方 - Yahoo!ブログ
このような湿地や砂漠では測量のために基準点の設定さえも不可能だったのだ。 殷の 王者は「巡狩」と言って、軍事演習を兼ねた諸国検察をよく行った。 そのときの巡航先を 亀甲で占ったことが甲骨文から解る。 この巡狩は確実に秦代まで ...http://blogs.yahoo.co.jp/seyqxara/31216251.html
小枝を組み合わせたポリネシアの海図は原始的な地図の祖型とされる。
プトレマイオスの地図は、地球の形状を考慮したかなり高度なものである。
その中間に大地を平面として扱ったものがある。

現代の平面直角座標がこれだが、中国では裴秀が「経線・緯線」を方眼として表現したことが『晋書』「裴秀伝」にある。

裴秀は「中国のプトレマイオス」と言われるほどの地理学者として後世に名を残したが、裴秀伝に引用された文章を読む限り、彼自身の技術開発ではなく、古代から連綿と続く測量技術の集大成として地図を作製し得たという印象を持ってしまう。

ナイルデルタの氾濫は測量術を生み出し、幾何学を発展させたとされる。
ナイルデルタの100倍は広い黄河デルタの氾濫は淮河デルタ、揚子江デルタともからみつき、測量術を発達させるどころか人間の生存を脅かすものであった。

伝説の聖人禹(う)による治水工事が大書されるのはこういった事情による。
禹は河の流れを制御して九州を定め、山を切り開いて九山を名付けとされる。
この功績により王に推戴され、世襲王朝の始祖となったとされる。

始皇帝は行幸(「巡狩」)のための交通路を確保し、各国の長城を修復して連結したが、それも地理志が存在していなくては不可能な話である。

中国思想史で重要な存在である禹の碑が、なんと、日本にもたくさんつくられてきたこと がわかってきました。http://www.mizu.gr.jp/kikanshi/no40.html
地元酒匂川(さかわ)の治水神として、中国の古代王朝である夏王朝の初代皇帝である禹王が祀られています。
酒匂川

匂奴族
秦の始皇帝のころ匂奴族の首長であった頭曼の子として生れた。https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/72887/1/KJ00000077924.pdf#search=%27%E5%8C%82%E5%A5%B4%E6%97%8F%27

禹は帝位に就いて十年、東方へ巡狩している最中に会稽の地で崩御します。
http://ameblo.jp/ktka1972/entry-12255658688.html
禹の父は鯀(こん)。『史記』では、鯀は顓頊の子となっています。
顓頊

頁に従う字は、頭部に関する 意味の字が多い。 ... 〔説文解字〕、〔康煕字典〕で部首とされている。http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%A0%81%E9%83%A8
頭部

>頭曼

頭曼と狩猟  (巡狩 ?)にhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%AD%E6%9B%BC%E5%8D%98%E4%BA%8E
北方では東胡,月氏が強力であった時代、単于頭曼は秦に勝てず北方に移動した。十年余りが過ぎ、秦の将軍蒙恬が死に、諸侯は秦朝に叛き、中国は動乱の巷と化し、秦が遠方の地に出した流刑兵はみな還り去った。圧迫が取り除かれた匈奴はふたたび黄河を渡ってその南の地域に入りこみ、古い長城で中国と国境を接した。
頭曼の太子は名を冒頓といったが、のちに頭曼の寵愛する閼氏(えんし:単于の妻)が末子を生んだので、頭曼は冒頓を廃してその末子を太子に立てたいと考え、冒頓を月氏へ人質として送った。冒頓が人質となった後、頭曼は突然月氏を攻撃した。月氏は激怒し冒頓を殺そうとしたが、冒頓は馬を盗んでなんとか逃げかえった。頭曼は彼の勇気に感心し、一万の騎兵を統率させた。
冒頓はその一万の騎兵からさらに自分の命令に忠実な者だけを選出し、頭曼と狩猟に出かけた際、冒頓の指示で一斉に頭曼を射殺させた。これにより冒頓が単于となり、近隣諸国を併合し、匈奴の大帝国を築くこととなる。

耑(長老・シャーマン)
耑 タン 而部 解字 金文・篆文とも、山の部分は長髪、而はあごひげを表し、長髪・ あごひげの長老をあらわす。古代において長老はまた、神託を告げるシャーマンでもあっ た。<参考> 音符「而ジ」 意味 はし(=端) イメージ 「長老・シャーマン」 ...
「耑タン」 <長髪・あごひげの長老・シャーマン> と 「端タン」http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/fe8c3fb809c328df95800fe992d28339
解字 金文・篆文とも、山の部分は長髪、而はあごひげを表し、長髪・あごひげの長老をあらわす。古代において長老はまた、神託を告げるシャーマンでもあった。<参考> 音符「而ジ」
意味 はし(=端)
イメージ  「長老・シャーマン」 (端・瑞・湍・揣)
       「ゼンの音」 (喘)
       「同音代替」 (湍)
音の変化  タン:端・湍  シ:揣  ズイ:瑞・惴  ゼン:喘

>開祖は禹(う)。姓は姒(じ)で、名は文命。
姒(じ)
ジュー ?
鬚 ジュー ユダヤ?

ジューに対しての差別は「成功者に対する妬み」プラス「宗教的な背景(キリストの件)」 が含まれてる。 ジューは ... 見た目の面で言えば、男はくるくるモミアゲ、黒い丸い帽子( ヤマカ)に、黒いスーツ、ひげボーボー、髪の毛は金髪ではない。
ジューイッシュは一般的に勤勉で勤労、まるで昔の日本人みたい。https://plaza.rakuten.co.jp/tokyo2la/diary/200806230000/

髭とおさげと黒帽子https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1444270564?__ysp=6ayaIOOCuOODpeODvCDjg6bjg4Djg6Q%3D

漢語「総角」の朝鮮での読み方である。 日本では「あげ まき」という言葉に「総角」のじをあてたりするが、 これはみな中国の「総角」の意からきた もので、髪をおさげにして、 その端を丸く反らせた髪型の一種をいう。
中国の「総角」の意からきたもので、髪をおさげにして、 その端を丸く反らせた髪型の一種をいう。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q109182345?__ysp=44GK44GV44GSICDjgYLjgZLjgb7jgY0%3D

独身男性の方を「チョンガー」と呼ぶのは、どうしてでしょうか?https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q109182345?__ysp=44GK44GV44GSICDjgYLjgZLjgb7jgY0%3D
朝鮮語で、独身男性のことの漢語「総角」の朝鮮での読み方である。
日本では「あげまき」という言葉に「総角」のじをあてたりするが、 これはみな中国の「総角」の意からきたもので、髪をおさげにして、 その端を丸く反らせた髪型の一種をいう。

日本とヘブライの共通点http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-592.html
カナンの地でフェニキア系と混血し(そちらの血が濃くなる)より遥か昔のアラビア半島南西部あたりの 原ヘブライ人が日本人の先祖と縁戚の種族だったと思われます。
九州彦島の文字が亀甲文字、シュウメ-ル文字の原始的な文字だとしたらシュメ-ル、ヘブライ人は日本人の末裔ではないのか??

角髪(みずら)は、日本の上古における貴族男性の髪型。中国の影響で成人が冠を かぶるようになった後は少年にのみ結われ、幕末頃まで一部で結われた。美豆良( みずら)、総角(あげまき)とも。 古墳時代の男性埴輪などに見られる。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E9%AB%AA
髪全体を中央で二つに分け、耳の横でそれぞれ括って垂らす。そのまま輪にするか、輪の中心に余った髪を巻きつけて8の字型に作る物とがある。総角はその変形で耳の上辺りで角型の髻を二つ作ったもので、これは少女にも結われた。
髪の輪が二つの形のもののほうが古いらしく埴輪などに見られるものはこの形が多いが、奈良時代に入ると輪が一つの形のものが主流となったことが聖徳太子像などに見える。輪が一つのものにも2種あって、毛先を納めるものとそのまま垂らすものに分かれる。

「みずら」という言葉は、「耳に連なる」の意で、髪の形状を表した言葉とする説が有名であるが、全ての研究者が支持している訳ではなく、「美面」の意であり、ミは美称であるとする考え(筑波大学教授・増田精一説)もある[2]。増田の考察よれば、みずらとは「いい面(つら)」の意ではないかとする。その論拠として増田は、お下げ遊牧民であるモンゴル人が、おさげをクク、あるいはケクといったが、これは「いい面」の意味で、後代、中近世に広まった丁髷が大陸南方文化に多いのに対し、角髪のようなお下げ文化は大陸の北方文化にみられることと関連するものとみている[3]。
角髪 埴輪の画像https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E8%A7%92%E9%AB%AA++%E5%9F%B4%E8%BC%AA

埴輪 ユダヤの画像https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E5%9F%B4%E8%BC%AA+%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4

四大文明の1つであり、広大な領土を持つ中国では、紀元前11世紀、最初の王朝である殷の時代にはすでに天文学が発達していて、地図も作られていただろうと推測されています。紀元前の記録には地図が使われていたことを示す多くの記事がありますが、地図そのものは残されていません。中国で紙が発明されたのは2世紀なので、それ以前は絹に墨で描かれていたものと推測されています。
(2).漢代の地理学
国が大きくなると国王が住む町の人口が増え都市へと発展します。すると遠くからも人と物が集まるようになり、人々は遠い世界についての知識を持つようになりました。知識は伝えられ記録されて次第に増えていきました。紀元前2000年ころになると、バビロニアや中国で全ての知識を一望に表わそうとして世界図が作られるようになりました。世界といっても地球全体のことではなく、彼らの知り得る全ての土地という意味です。
バビロニアに現存する世界最古の粘土板の世界図は、紀元前700年ころのものと推定されています。円と直線を組み合せた単純なものですが、首都バビロンを中心とする円形の陸地が海に取り囲まれています。小アジア(トルコのアジア側)の山岳地からペルシア湾までが含まれていて、ユーフラテス川も描かれています。海洋の外側に描かれている陸地は、死後の世界をあらわしていて、天空のドームを支えていると想像されていたようです。

帝禹東巡狩。至於会稽而崩。…http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/3994 田「鳥が田 を耕す」 と理解すことは、『 ... 論衡』は さらに「会稽衆鳥所居」といい、「鳥自食苹」とも 伝えている。http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/268 でんず【田図】とは。意味や 解説、類語。律令制で、国ごとに作製されて国衙 (こくが) と 中央の民部省に保管された 田地の図。http://dictionary.goo.ne.jp/jn/153860/meaning/m0u/ 田猟 易経 ・・・古代 禹 測量田のかり 古代の測量. 古代には砂漠や草原の広大な地域を移動する ...
エノクが鳥で象徴されるヘルメスやトートと融合
鳥トーテムをもつ秦王室とその族裔たち この神崎神社は、もとは香取神社の末社であり 、香取市先崎の鷲神社は香取神宮の 西方近隣に鎮座する。
「帝禹東巡狩。至於会稽而崩。…http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/3994

「鳥が田を耕す」 と理解すことは、『 ... 論衡』は さらに「会稽衆鳥所居」といい、「鳥自食苹」とも伝えている。http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/268

でんず【田図】とは。意味や解説、類語。律令制で、国ごとに作製されて国衙 (こくが) と 中央の民部省に保管された田地の図。http://dictionary.goo.ne.jp/jn/153860/meaning/m0u/

田猟 易経 ・・・古代 禹 測量http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4431
田のかり
古代の測量. 古代には砂漠や草原の広大な地域を移動する遊牧民や隊商は道筋に石 などを積み上げ道標としたり高い山などを目標としま ..... 天智天皇(626~672、中 大兄皇子)が蒲生野(滋賀県)で狩りを楽しまれたとき、額田王と大海人皇子の相聞歌 です。
古代から江戸時代までの測量 http://uenishi.on.coocan.jp/j032kodai.html
日本では縄文、弥生時代には聖地にあたる祭祀場(弥盛地「いやしろち」ともいいます)の位置決定は夏至や冬至、春分や秋分の日の出や日の入の方位によったり北極星を基準にしたり、高い山や岬などを結んだ線上におかれたりしました。古代の祭祀場が方位にもとづき設置されている多数の事例が遺構に見られます。このなかには日本でのみ出土する銅鐸の埋蔵遺跡では銅鐸の「ひれ」の向く方位と直角の方位が冬至の日の入方向であったという事例もあります。中国との交流がすすむと山川や水流などの様子によって都城、住居、墳墓の位置を決める「風水思想」も導入されてきたようですから、これらの事例が現代でいう三角法や交会測量法などを応用した測量によって決められた遺跡であるとは断言できません。なかには方位を意識せず設置された場合でも結果として偶然、方位との関係が緊密になってしまった事例もあるように思われます。[堀田総八郎:神々のメッセージ 中央アート出版社 1995 p21-85]、[森下年晃:星の巫(かんなぎ)リベルタ出版 2009 p140-147] 、[布施泰和:竹内文書と平安京の謎 成甲書房 2015 p16-23]
3~4世紀になると墳墓や陵墓が築造され、いまも堺市に仁徳陵、羽曳野市には応神陵など巨大な古墳が残存しています。これらは築造の過程でかなり精密な測量が行われたことがうかがわれます。4~5世紀には仏教の伝来とともに大陸の文化、技術も人材とともに渡来しました。農地、交通要路、用水路など測量や土木の技術が不可欠な構築物が遺跡となっています。この頃、中国では唐代の僧、天文学者でもある一行(いちぎょう、いっこう 683~727)が北は鉄勒(てつろく)から南は交州に至る大規模な子午線測量を行い緯度差1度に相当する子午線弧長が351里80歩(約123.7キロメートル)という結果を算出しています。

田狩
田狩」意味〔説文解字・巻十(段注本)〕に「火田なり」とあり、野を焼いて行う狩りのことと ある。 ... 矢矢」は戦いや狩り(測量の隠語)に使用されるが『鞆』に収まっていることは「 ライン」と「 ライン」が「円」の中心で「×」交わる(四方からの距離が同じ= ...
「華族」「華夏は中国なり」http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4051
田猟
松丸道雄田猟地論の数学(幾何学)的証明http://edo.ioc.u-tokyo.ac.jp/edo2/edo.cgi/_067l4pEMwv-lQRLj8eKCKQ.html

夏の帝太康は田猟(かり)に熱中して政治をおろそかにしたために、 有窮の后(首長)であった羿に逐 ... されたユークリッド幾何学の研究から、非ユークリッド 幾何学が生まれたが、この過程でヒルベルトによって議論の出発点で ...
田猟 易経 ・・・古代 禹 測量http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/1776
魔方陣 とは
... 「河図洛書」(洛書) ... (女性数の最初2と男性素数17(ピタゴラス学派では不幸とする)の積) ... (歸藏易:殷王朝の易)、連山易(夏の易)の三図は魔方陣的な図であり、卦に河図洛書と関わる数字を当てた場合、帰蔵図は魔方陣となる。
http://www.weblio.jp/content/%E9%AD%94%E6%96%B9%E9%99%A3
http://www.weblio.jp/content/%E9%AD%94%E6%96%B9%E9%99%A3#3.C3.973.E3.81.AE.E9.AD.94.E6.96.B9.E9.99.A3
4の倍数×4の倍数の魔方陣
連続三角紋
http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/47085504.html

位置をきめる。「奠都テント」(都をさだめる)http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4397

中原の名族は准酒を下って会稽に至り、その地に土着した。http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10069/26356/1/toasia00_11_08.pdf#search=%27%E7%94%B0%E7%8B%A9++%E4%BC%9A%E7%A8%BD%27

『会稽』とは、嘗ての会稽郡のことで、現在の浙江省から江蘇省になる。同じく、『東冶』は現在の福建省閩侯県あたりとされる。福建省閩侯県で、ほぼ北緯26度、浙江省紹興県で北緯30度、江蘇省蘇州で北緯31度ほどになる。

これに合致するのは、日本では沖縄県那覇市で北緯26度、鹿児島市で北緯31度となる。福岡市であれば北緯34度、奈良県奈良市で北緯34度なる。北緯34度なら、ちょうど西安市や洛陽市と同じ緯度になる。
会稽東冶之東 http://blogs.yahoo.co.jp/yan1123jp/35419865.html?__ysp=5Lya56i9ICAgMzHluqY%3D
景初二年(238年)は景初三年(239年)の誤記だと思われるけれども、それ以前に邪馬台国が呉国と盛んに通交していたことを裏付けるのが、
  ・③計其道里當在会稽東冶之東。
の記録であることは間違いない。
そのことを裏付ける記録が「魏志倭人伝」の端々に出現している。だから、景初三年(239年)当時、確かに魏国との通交は初めてだったかも知れないが、邪馬台国はそれ以前に呉国との通交で、存分な中国文化を既に取り入れていたことが判る。

北緯30度~北緯31度

書物に、伝説の禹う 王おうが「水性に順」って治水したことを. いう。この水の属性に 順って流れる河川が「順流」である。 蔡温はこれを風水によって再解釈しているといって よい。 ... 琉球全域に及んだ田畑測量では、並行して河川改修も実. 施された。http://www.japanriver.or.jp/kaiho/bk067.pdf#search=%27%E7%8B%A9+%E7%A6%B9+%E6%B8%AC%E9%87%8F%27

【物部】もののべ :軍事(狩 測量を兼ねる。) 刑罰(禹は鼎カナエを刑罰・測量に利用」をつかさ(司)どった 。http://www.asahi-net.or.jp/~rg1h-smed/keijiban11.htm

星座名の由来は、昔の船乗りが測量に 使った直角定規と棒をかたどったものだとされています。
じょうぎ座http://spaceinfo.jaxa.jp/ja/norma.html
さそり座の心蔵アンタレスのずっと南に位置する星座で、2個の4等星といくつかの5等星が、小さな三角形を作っています。18世紀のフランスの天文学者ラカーユが作った星座ですが、南半球の多くの星座と同じく、暗くて形がはっきりせず、見栄えのするものではありません。ただし、南半球でじょうぎ座のあたりを眺めると、南天の天の川が非常に明るく流れていて美しい見物になっています。星座名の由来は、昔の船乗りが測量に使った直角定規と棒をかたどったものだとされています。
1.見つけ方のポイント
さそり座の心蔵1等星アンタレスのずっと南にある星座で、天の川の中にあります。暗い星が多い星座なので、非常に分かりにくいといえるでしょう。見つけるときは、真夏の夜に、さそり座のアンタレスから南に目を下ろしていき、地平線低く、椅子を逆さにしたような形の、四角と棒を組み合わせた星座を見つけてみましょう。

犬の尾
こぐま座(キノスラ)http://www.palette.furukawa.miyagi.jp/space/astronomy/constellation/const_history.htm
黎明期~メソポタミア
(1)シュメール人・アッカド人
 シュメール人は、BC.3500ごろに繁栄したセム系(メソポタミアを統一したアッカド人やバビロニアを建てたアムル人、新バビロニアを建てたカルデア人、シリアを中心に活躍したフェニキア人、イスラム教を生んだアラブ人など )の農耕民族です。神殿や塔など日干し煉瓦の建築物を建設したことなどがわかっています。BC2400頃、同じくセム系の農耕民族アッカド人に征服されますが、シュメール人もアッカド人も、共に高度な文明を築いた農耕民族で、星空をよく見ていた形跡があります。2つの民族の伝承によれば、

  恒星全体は「天の羊の群」
  太陽は「老いた羊」
  惑星は「老いた羊の星」、星にはみな羊飼いがいる
  “ジブジアナ”という明るい星は「天の羊の群の羊飼い」

 研究者は、ジブジアナをアルクトゥルスと考えており、もしこれが正しいとすれば、すでに、うしかい座の原型ができあがった、ということになります。
 しかしながら、シュメール人もアッカド人も、現在も使われている星座そのものをつくったという直接の証拠がないのが痛いところです。シュメール人によって星座の名前や絵を書かれた粘土板は、今のところまったくといっていいほど見つかっていないからです。しかし、メソポタミアで以降つかわれている星座の名前は、たいていがシュメール語で書かれているそうです。そういうところから、星座をはじめてつくった人としてシュメール人の名前があげられてくるわけです。
 ですから、星座の原形をシュメール人がつくり、それに続くメソポタミアの人たち<アッカド・アモリ・アッシリア・カルデア(バビロニア)といった人たち>が、星座として発展・整理していったのではないかと考えるのが自然なわけです。
「星座」の歴史http://www.palette.furukawa.miyagi.jp/space/astronomy/constellation/const_history.htm

お庭に出てみると「天」と「地」に場所は分かれていました。 階段下にあるのが「地」と 呼ばれる場所。そこには八角形の石の上に六角形の石が積まれ祀られていました。 それも神様からの指示により、そのように祀り、配置したとのことです。私はそれを目に した時、「まさに日本とユダヤだ!」と勝手に心の中で興奮していました。八角形は日本 の御神器の一つである八咫の鏡。六角形はダビデの星です。その近くには十二支が円 になって祀られていました。私は戌(いぬ)なので、そこでお参りをさせて頂きました ...http://www.gentosha.jp/articles/-/8098

神社めぐりをしていたらエルサレムに立っていた http://www.gentosha.co.jp/book/b10898.html
古事記」をたどる旅が、いつしか世界古代史ミステリーツアーに! 神々の道のりを辿った 、旅エッセイ。 伊勢、諏訪、剣山、沖縄――と、 “日本の神々の物語"を辿っていると、 ふしぎふしぎ。 「エルサレム」という言葉にたびたび出会う。 さらに、 行く先々で出合う、偶然すぎる偶然。 つながっていく意外な縁。 少しずつ開いていく、謎の扉。 ついに、世界の“聖なる秘密"に触れてしまったかも……!? これはもう、イスラエルに旅立たなくては! 大陸の東《神々の国、日本》から、 大陸の西《「聖書」が生まれた国》へ。 日本の国生み物語と「聖書」が、なぜかリンク! ? ふしぎな ふしぎな 聖地めぐり。
 

レンタル掲示板
/193